おばあさん見習いの日々(ダジャレ付き)

1961年生まれ。丑年。口癖は「もう!」

ノンセクション

「ママさんダンプ」の「ママさん」について

昨日の記事で、全く普通に「ママさんダンプ」と書きまして、今日になって、ハッと思ったんです。雪国じゃない人にとっては「何んのこっちゃ?」かもって。 そう、「ママさんダンプ」は商標登録名で、一般名詞としては「スノーダンプ」と書くべきだったんです…

「グレープフルーツ離れ」離れ

「若者の〇〇離れ」といった表現をネット上で度々目にします。ほとんどの「〇〇離れ」の原因は、お金が無い!ということ、つまり「お金の若者離れ」にあるらしいです。 私が最近目にした「〇〇離れ」に、「グレープフルーツ離れ」というのがあります。これは…

子どもを叩かないで!

虐待によって死亡した子どもの痛ましいニュースがありました。関連するネットニュースのコメントなどで「しつけと虐待は違う」とか、「しつけなのか暴力なのか、見極める必要がある」などといったコメントが、かなりの数、見受けられます。 私はこの、「しつ…

旅の楽しみ、人それぞれ

ここ3回ばかり、私の東京旅行記を書きました。 私の旅の楽しみは、建造物・旧跡を訪ねたり、美術館・博物館を見学したり、自然の造形や景色の美しさを楽しんだり、そんな事です。お酒が飲めないので、飲食の楽しみはそれ程でもないかな。買い物は全くと言っ…

「国際ロマンス詐欺」と「結婚詐欺」

headlines.yahoo.co.jp ↑ こちらのニュースはお読みになられましたでしょうか? 読んだ瞬間、 ↓ この方をおもいだしませんでしたか? ja.wikipedia.org 「クヒオ大佐」は純粋な日本人でありながら、アメリカ空軍パイロットを自称し、カメハメハ大王やエリザ…

「お」の話

昨日、「座敷」のことを書いていて気づいたのですが、「座敷」って、丁寧語の「お」を付けるか付けないかで意味が違いますね。 例1 父親 「お母さんは?」(お母さんはどこにいるの?) 子供 「座敷」(お客さん用の部屋で何かしてるよ) 例2 父親 「お母…

まつげ その2

16日の記事で、「まつげ」、中でも「下まつげ」が長い場合、ちょっとクセのある人相になると言うことを書きました。その直後、「ああ、この方のまつげ・・・」というお顔を発見しましたので、ご報告。 ja.wikipedia.org 岩屋防衛大臣です。ナンシー関氏が…

私の日常会話 ~大昔編~

去る日曜日、友人と弘前市のデパート「さくら野」で待ち合わせをしました。指定の待ち合わせ場所では、ちょうど「ドラえもんフェア」が開催中でした。 私はその友人(A子さんとしておきます)と、「ドラえもん」についての冗談で、大笑いしたことがありまし…

「100万円欲しい人、この指とまれ」って(呆)

遅ればせながら、ZOZOTOWN前澤社長の1億円ばらまきについて、思うところを書きたいと思います。 本当にイヤな話だと思いました。理由は大きく二つです。 その1 「誰も損するわけではない」とか「ツィッターをフォローするだけで当たったら、超お得じゃん」…

「押し買い」にご用心

先日、所用で休みを取りまして家におりましたところ、電話が鳴りました。 「こちら〇〇と申します。不要なお履き物がありましたら、一足からで結構ですのでお買い取りさせて頂きたいと思いまして。踵が痛んでいるとか、底が剥がれているとか、どんな状態でも…

私は「同性婚」の関係者か部外者か

はてなおすすめ記事で、こちらのブログを読ませて頂きました。 chikirin.hatenablog.com 迷惑な人の5番目として、「自分は関係ないのに反対する人」というのがありました。 具体例としては、同性婚、夫婦別姓、飛び級、尊厳死があげられ、これらに反対する…

モノマネの面白さについて考えた

どうも~、モノマネのクオリティーの低さに定評のある私でーす。 皆さんはモノマネはお好きですか。私は見るのもするのも大好きです。お正月の「モノマネ」のテレビ番組を見ながら、モノマネの面白さとは何か、前々から疑問に思っていたことを改めて考えてみ…

「オーナーシップ」って、いつ頃出現した言葉です?

昨日の記事では息子その2から教えてもらったことを書いたので、今日は息子その1の出番です。(公平にしないとね) しばらく前ですが、息子その1の口から「オーナーシップ」という言葉が出まして。初めて聞く言葉で、ビックリしました。「リーダーシップ」と…

お雑煮自慢

先日のNHKの番組で、「お雑煮」の語源を、チコちゃんから叱られながら教わりました。雑(ぞう)とは内臓の臓(ぞう)で、熱いものを食べて内臓を暖かく保つこと=保臓から来ているのだそうです。ほおーん。 不精者の私ですが、元旦のお雑煮は必ず作ります…

今年の初ブログです

明けましておめでとうございます。本年もご愛読、宜しくお願いいたします。 随分前に若い人が、 「あけおめ。ことよろ。」というお正月の挨拶をあみ出しましたが、今年は、 「まじ賀正」というのが生まれたようで、ちょっと使ってみたいと思いました。でも、…

クリスマスあれこれ 4 (クリスマス・ソング)

昨日、イトーヨーカドーに行きましたら、クリスマス・ソング、 「リトルドラマーボーイ」が流れていました。この歌の詞の大意は、 僕は貧しく、神の御子の誕生をお祝いする品は何も持っていません。代わりに、ドラムをたたきましょう。このドラムが僕の心か…

クリスマスあれこれ 3(クリスマスの挨拶)

インターネットで知ったのですが・・・。 最近のアメリカでは、公の場で「メリークリスマス」という挨拶は使われないのだそうです。なぜかというと、多様な宗教に配慮する必要があるから。「ポリティカル・コレクトネス」というやつです。では、この時期には…

クリスマスあれこれ 2(プレゼピオ)

日曜日、久しぶりに街に行きましたら、クリスマスモードになっていました。子供が大きくなってしまうと、クリスマスも、何することもないのです。 つい何年か前までは、「サンタさんからのクリスマスプレゼント」にするために、子供が欲しがっているゲーム機…

クリスマスあれこれ 1 (賢者の贈り物)

オー・ヘンリー作「賢者の贈り物」は、かつてテレビCMでストーリーが語られたこともあり、日本でもすっかりお馴染みになったクリスマスの物語です。 貧しく若い夫婦の、クリスマスプレゼントをめぐるお話です。妻は夫の宝物の「懐中時計」に付ける鎖をプレ…

冬は太りますね

先日、街で久しぶりに会ったA子さんのことです。 A子さんは会う度に「太った、太った」と言うのですが、確かに少し太ったように見えました。体重をカミングアウトされたのですが、背の高い方で、それほどあるようには見えなかったので、ちょっとビックリし…

私の日常会話~お食事会編~

先日、A夫(61歳)、B子(60歳)、私(57歳)の三人で、ミニ忘年会をしました。A夫氏は私のブログを盛んに褒めて下さいました。そして、「なんだかんだ喋れば、ブログのネタにされそうだ」とおっしゃいましたが、それって、「書いてくれ」の婉曲表…

大高源吾と宝井其角

弘前はかなりの積雪ですよ。昨日は、赤穂浪士が討ち入った日でしたが、こんな風に雪景色だったのかなあ、なんて考えてしまいました。 四十七士の一人、大高源吾は俳人としても名高かったそうです。討ち入りを明日に控え、大高は吉良邸の様子を探るため、煤竹…

伊右衛門と言えば

12月14日。赤穂浪士討ち入り。 「伊右衛門」と言えば、何を思い浮かべます?ペットボトルのお茶?それとも、 「恨めしや~、伊右衛門殿~」と、お岩さんに祟られる「東海道四谷怪談」の伊右衛門でしょうか。 赤穂浪士の討ち入りに題をとった「仮名手本忠…

私はグレイヘアというより、白髪です

斎藤実盛(さねもり)は平安時代の武将である。 年老いた実盛は、これが最後と腹をくくった戦において、白髪を真っ黒に染めて出陣した。これは敵方に、「このような年寄りまで駆り出すほど、人がおらぬか」と侮られぬようにとの思いからであった。 この逸話…

血液型はO型です(勝利宣言)

私の血液型はO型です。今日は血液型の話をするのですが、先ずは、長い前置きにお付き合い下さい。 8時丁度のあずさ5号で、私は私は、息子と、旅立ちます~♪ 二年前の夏、息子その1と2泊3日の旅行をしました。初日も2日目も雨の予報でした。幸い、初日…

モモンガの可愛らしさにやられました

3日夜、NHKBS『ワイルドライフ』という番組で、エゾモモンガをみました。 たまたまテレビをつけたらその番組だったのですが、エゾモモンガのあまりの可愛らしさに、すっかり見入ってしまいました。 Wikipediaより モモンガはリス科の動物ですが、夜行…

日本体育大学「研究発表実演会」に行きました

12月1日(土)、弘前市にある青森県武道館において、 『第56回 日本体育大学 体育研究発表実演会』が行われ、行って参りました。 若人のキビキビ・はつらつ・生き生きとした発表の数々、本当に見応えがありました。ただ、私自身にスポーツに対する「見…

私の日常会話~うまい!編~

今回は全くもって、日記代わりの内容なんですが、私一人の胸にしまっておくのは、あまりにも惜しいと思うので、今までに出会った「気の利いた返し・ベストスリー」を紹介したいと思います。 題3位 これは私自身が発した「返し」で、自画自賛めくのですが、…

「刀剣展」の剣

弘前市の「高岡の森弘前藩歴史館」にて「高岡の森の刀剣展」を見ました、の第三弾になります。 刀剣は全然わからないので、まあ、勉強のつもりで行きまして、結果、勉強になりました。 刃を下にして腰に佩(は)くものを「太刀(たち)」といい、刃を上にし…

二十四孝と福沢諭吉

弘前市の『高照神社』は、「奉納額絵馬」で有名です。その内の何点かが、隣接する「高岡の森弘前藩歴史館」に展示されていました。 ↓ 歴史館の外観と馬が描かれた「絵馬」 「絵馬」は本物の馬の代わりに奉納する物ですが、絵柄は結構自由だったようで、中国…