おばあさん見習いの日々(ダジャレ付き)

1961年生まれ。丑年。口癖は「もう!」

雪掻きてんでんこ、でもない

 遠く離れたトンガの火山の噴火が、津波という現象をこの日本にもたらすなんて!

 理屈では理解できても、気持ちは驚きに翻弄されているという感じです。トンガは勿論、周辺国でも日本でも、被害の軽微であることを祈るばかりです。

 

 「津波てんでんこ」という標語が有名ですが、私はそれをもじった「雪掻きてんでんこ」というのを心に思っていました。

 「てんでんこ」は標準語では「めいめいで」とか「各自で」という意味ですが、裏返すと、「他人に構ってはいられない」ということでもありますね。

 雪国で暮らしておりますと、雪掻きは大仕事です。ただ単に肉体労働だというだけではなく、朝の忙しい時間帯にしなければならないという大変さがあります。更に、今年のような大雪の年は、雪掻きしようにも雪の置き場が無くなってしまうと言う困難があるのです。

f:id:takakotakakosun:20220116152006j:plain

大雪の弘前市。さすがにここまで立派な氷柱は珍しいです。

 

 弘前市でも少子高齢化は確実にすすみ、老人ばかりの世帯や独居老人世帯が多く見受けられます。皆さん、雪掻きにお困りでしょう。大変だろうなとは思います。でも、雪掻きに疲弊しているのはどの世帯だって同じ。雪掻きのし過ぎで万が一腰でも悪くしようものなら、自分の家の雪の始末にも難儀するのは目に見えています。まして、手伝おうにも雪の捨て場(置き場)が無くては手の出しようも無く、やっぱり各家の雪は各家で解決して貰うしかない。「雪掻きてんでんこ」なのだと、そんな風な諦めの心境でいたのです。

 私の家の前の道路は狭く、市の除雪車は入ってこないところで、普段は住民がそれぞれの家の前を『ママさんダンプ』やスコップを使って雪掻きしています。困るのは、人力で雪掻きをしていると段々と道路の雪が厚くなっていって、暖かくなったときに轍が深くなることです。車のハンドルをとられるし、バックでの車庫入れが出来なくなったりするのです。

 ところが、数年前からです。すぐ近所の方が立派な除雪機を購入し、あまりにも大量の雪が降ったときには、私の細腕を見かねるのか、私の家の前まで除雪をして下さるのです。今年もすでに何回かお世話になりました。お陰様で車庫入れに困らず暮らせているのです。

 さらに、一週間ほど前の事です。小型のブルドーザーがやって来て、その狭い道路から本道路までを、グイグイと除雪してくれているのです。ちょうどその時、私は歩いて買い物に行って帰って来たところだったのですが、私に気づいた運転手さんはブルドーザーを止めると、親切に声をかけてくれたのです。

 「ゆっくりでいいから。ゆっくり歩いて。ブルドーザーの跡は滑るから気をつけて」

 私は感謝でいっぱいになりながら、ちょっと聞いてみました。

 「あの、各家の前に残った雪は、もう片付けてもいいでしょうか?冷え込んで堅くならないうちにやりたいと思って」

 その運転手さんは本当に親切な方で、親切さが溢れる声で答えてくれました。

 「私はボランティアで、除雪はするけど排雪までは出来ないんだよね。ごめんね。今もう少し丁寧に除雪して、なるべく家の前に残さないようにするけど、少しは残ると思うから、それは済みませんけどお願いしますね」

 ボランティアの除雪!

 初めて聞きました。一体どういう方なのでしょうか。知り合い何人かに聞いてみたりもしたのですが、「聞いたこともない」という答えが多く、一人だけ、もしかしたらという前置き付きで「建設業組合とかかも」ということでした。

 いずれにしろ、地獄に仏とも言うべき有り難さでした。「雪掻きてんでんこ」どころか、近所の方といいボランティア除雪の方といい、人の有り難さをつくづく思わせられる話なのです。

 今日は久しぶりに、雪の降らない一日のようです。先日のブルドーザーの威力で、マンホールの蓋が露出しています。周りが雪に覆われていても、マンホールの上だけは内側の熱のせいなのか、雪が溶けているのです。

 今日のブログは、同じように、人の内面の暖かさに触れ私の「雪掻きてんでんこ」という、ちょっと斜に構えた物の見方も溶けましたよと言うお話でした。お読みになって少しホッとした気持ちになって頂ければ幸いなのです。では。

アランセーター、とうとう完成

 弘前は今日も雪です。毎日雪です。今季の雪は根気があるなあ。

 

 さて、下は昨年の七月の拙ブログ記事ですが、冬に向けて、ゆっくりとアラン模様のセーターを編み始めたことに触れています。

 

chokoreitodaisuki.hatenablog.com

 あれから六ヶ月、とうとうそのアランセーターが完成しました。ご覧下さい。そして、遠慮無く褒めそやして下さい。

 

f:id:takakotakakosun:20220115164352j:plain

 

 細かな雪がひとひらひとひら降り積もって大雪となるように、編み目の一つ一つを積み重ねて一枚のセーターが完成したのです。何度も間違ってほどいたり、なんとなく飽きて何日もサボったり、そんな事を繰り返しながらも半年かけて形になりました。

 編み目はそこそこ綺麗に出来たと思うのですが、ちょっと残念なのはサイズです。もう少しゆとりが欲しかった・・・。体をセーターに合わせるという荒技はもう無理(年齢的に)なので、無理矢理自分を納得させる事にしたいと思います。

 「若い人のアランセーターはたっぷりが可愛いいけれど、高齢者にはこのぐらいのフィット感がいいかもね」、そう考えることにします。

 

 話は変わりますが、昨日のブログでは、美味しいものを食べると「口が肥えて」困ることもあるといった事を書きました。

 肥えると言えば、骨董屋の小僧さんの修行について聞いたことがあります。

 なんでも、小僧のうちから本物ばかりを見せるのだとか。そうすると自然に「目が肥えて」、偽物を見たときにはすぐにピンとくるのだそうです。

 と言うことはですよ、上の二つの例からですよ、着るものだって同じ事が言えるのでは無いでしょうか。いい物ばかりを着ていると「体が肥える」となりませんかね?これは問題です。

 世の中には素敵な洋服があふれています。そして、私のクローゼットにも結構な量の洋服が入って居ます。今年もやっぱり「洋服は買わない」を新年の誓いとして、あるものを着回していくことにしようと思います。新しいいい洋服を着て「体が肥えて」は大変だからです。

 でも、例外は手編みのニット。

 なぜなら編み物は私の趣味でもあります。そして手編みニットはお気に入りではありますが「いい物」とはちょっと違うので、「体が肥える」心配はなかろうと思う、いえ、堅く信じるからなのです。

 最後上手くまとまりましたね。思わず笑い顔になりましたよ、ニッとね。では。

美味しいものには切りが無いという話

 新年最初のブログです。

 更新を楽しみに待って下さっている読者の皆様に早く新しい記事を、とは思っていたのですが、引きこもり生活もあって、本当に話の種が無いのです。困っています。ゆる~い内容ですが、今年も宜しくお付き合い下さい。

 

 「桃山」という和菓子はご存じでしょうか。ねっとりとした、焼き菓子と生菓子の中間のようなお菓子です。私は、あれ、あんまり好きじゃ無いんですよね。理由は一言で言うと「美味しく無いから」。でも、この言い草はあんまりにも主観的すぎるし傲慢でもあると思うので、「私は美味しいと感じない」ぐらいにしておきます。

 弘前市には「大阪屋」さんという有名な老舗の和菓子屋さんがあるのですが、暮れにその大阪屋さんの「桃山」を七個、知人から頂戴したのです。

 「あー、桃山かあ、どうしよう。とりあえず一個は食べて、後は冷凍かな」

 そんな事を考えつつ先ずは一個、頂きました。

 一口食べて、「え?」、もう一口食べて、「何コレ、美味しい!」

 そう、大阪屋さんの桃山はそれまで私の心にあった桃山のイメージを完全に覆す、とんでもない美味しさだったのです。それからは毎日一個ずつ食べ続け、七個の桃山はあっという間に私の血肉となったのでした。

 「桃山」さん、ご免なさい。私が間違っていました。あなたの実力を知らなかったのです。当たり前の話ですが、世の中には美味しい桃山もあれば、失礼ながら美味しく無い桃山もあるわけで、それなのに「桃山という和菓子は」と、十把一絡げで論じていた私の浅はかなこと。恥ずかしいです。声を大にして訂正したいと思います。美味しい桃山は美味しい!と。

 ちなみに、桃山と聞けば「あずき桃山」とダジャレが浮かぶかと思いますが、桃山は小豆あんではなく、白あんなのです。

 

 さて、お正月と言えばお餅ですが、皆さんはどうのようにして召し上がりましたでしょうか。私は例年通り、スーパーで買った個包装のカット餅をお雑煮で頂きました。今年のカット餅は例年より少し奮発して、「魚沼産こがね餅」と書かれたものを購入しました。お雑煮を食べた家族の感想は「大して変わらない」というもので、私も特に違いは感じませんでした。お餅なんて、そうそう違いのある物じゃないでしょう、そう結論づけました。

 ところが数日前、別な知人からお餅を頂戴したのです。何でも、「他県でお餅屋さんをしている友人から送られて来たのだが、食べきれないので」という事でした。

 早速、きな粉餅にして頂いたところ、「何これ~!昔話のお餅や~!」という美味しさだったのです。ほら、昔話の登場人物って、お餅が最高のご馳走とばかりに、実に美味しそうに長~く伸びたお餅を頬張るじゃ無いですか。ああいう感じなんですよ。

 「味」じゃないんですよね。香りでもなく、食感というのでもなく、とにかく全体として「美味しい」としか言いようが無い。

 本当に、桃山と言いお餅と言い、美味しいもの、美味しさというものには切りが無いと思わされたのでした。

 

 どうしよう。

 美味しいものに出会えた事は嬉しいのです。嬉しいのですが、いわゆる口が肥えた人になってしまう不幸って、あると思うんですよ。例えば、今まで好きじゃ無かったタイプの桃山はやっぱり好きにはなれず、「大阪屋の桃山ならなあ」と無い物ねだりをしたり。あるいは、今まで何の不満も無く食べていたスーパーのカット餅に、物足りなさを感じるようになったり。

 知らなければ不足を感じることも無かったのに、知ったが故の不幸。果たして、その不幸は知った時の幸福と釣り合うのか。新年早々、ちょっと課題を抱えてしまいました。

 でも、ただ一つ分かっていることがあります。

 それは、もし又知人から「お餅いりますか?」と尋ねられたならば、私は満面の笑顔で「モチ」と答えるだろうということ。間違いありませんね。では。

無い腕は道具でカバーする

今週のお題「買ってよかった2021」

 

 今週のお題買って良かった2021」をみて、「今年何を買ったっけ?」と自問し、「テフロン加工のフライパンはいい買い物だった」と思ったものの、「あれ、買ったのは今年だったっけ?」と自信がなく、記憶力の衰えに愕然としている私です。これでも昔は記憶力抜群だったのに・・・。「かつて良かった」のは記憶力です。

 今年の秋から突然お料理好きになり、そうなると、だましだまし使っていたフライパンの焦げ付きがどうにも我慢出来なくなりました。買ったら絶対に使うのだから買って良し!と自分に許可し、ごく一般的なテフロン加工のフライパンを買いました。

 使い心地はとてもいいです。から焼きをしないように気をつけているので、当初のスルスル具合が保たれています。焦げ付かないので、お料理の出来上がりが綺麗です。焦げ付かないので、お肉を炒めるのが楽しい。道具がいいと作業に対する心理的ハードルが下がります。腕に自信が無ければ道具に助けて貰う、合理的じゃないですか。

 思い切って、懸案の銅の卵焼き器、買っちゃおうかなあ。でも高いんだよねえ。考えましょう。もう少しゆっくり、どうしようか考えましょう。銅だけにね。

 

 さて、「どうしようか考える」と言えば、尾身茂先生が「帰省について考えて」とおっしゃっていましたが、尾身先生と「オミクロン株」というのは、ダジャレ好き心を刺激して止まない組み合わせなんですよね。でも、なかなかこれというのが浮かばずにいます。

 そこで、代わりというのも何ですが、「オミクロン」というギリシャ文字のアルファベットについて、ちょっと蘊蓄を紹介したいと思います。

 ギリシャ文字には二種類の「O(オー)」があるのだそうです。簡単に言うと、小さい「オー」と大きい「オー」。そして、小さい方が、「オ・ミクロン」であり、大きい方が「オ・メガ」なのだそうです。ちょっと面白くないですか。ささやかなクリスマスプレゼントとして、プレゼンしてみました。お納め下さい。

 などと、相変わらずな私のブログですが、今年は今日で書き納めです。ゆっくり年末年始休業し、ネタを集めて、新年はゆっくり再開したいと思います。

 本年のご愛顧、有り難うございました。

 新年も変わらずのごひいき、宜しくお願い申し上げます。

 では、皆様、どうぞ良いお年を。

趣味の見つけ方

 何回も書いていますが、私は少し早く仕事をリタイヤいたしまして、時間だけは有り余るほどある、という境遇なのです。

 「趣味をみつけよう。何か夢中になれるものは無いだろうか」

 仕事を辞めると同時に、「仕事の代わり」探しを始めました。

 ヨガにいったり、山に登ってみたり、俳句を頑張ろうと思ったり。コロナ前は旅行にも行きました。でも、どれもそこそこは楽しめるものの、打ち込むとか、夢中になるというところまではいけないのです。どうしたら見つかるのだろう、私にピッタリな趣味は・・・。

 数日前のことです。いつも通りダラダラとYoutubeをみていると、次の様な動画に出会ったのです。

 


www.youtube.com

 

 お時間のある方は上の動画を見て頂ければいいのですが、お急ぎの方のために、ざっと要約したいと思います。

①趣味の好みには二種類のタイプがある

 人は好みの趣味のタイプがAタイプとBタイプ、ハッキリ二つに分かれる。

 Aタイプ・・・自分で「何かをする」ことを好む(スポーツをする、絵を描く等)

 Bタイプ・・・「人がした事」を鑑賞する・収集することを好む(本を読む、歴史を学ぶ等)

「趣味がみつからない」という場合、本来の自分のタイプとは逆のジャンルのものに取り組んでいる場合が多い。特に、Bタイプは「何か能動的なこと」でなければ趣味じゃ無いかのように思いがちで、間違った探し方をしがち。

②先に人あり

 先に「趣味」があるのではなく、人は人と出会って何かに「はまる」。人と知り合ったりグループに入ったり、人間関係を作るのが「趣味」を見つける早道である。

 

 そうであったか~!

 目からウロコとはこの事だ、心からそう思いましたね。私は完全にBタイプ!それなのに、ああそれなのにそれなのに。

 「何かアクティブな事をしなくちゃ。受動的な楽しみばかりじゃ趣味とは言えない気がする・・・」

 確かにそんな思い込みがありました。

 なんだー、完全なBタイプの私は、「本を読む、人の俳句をあーだこ-だ言う、絵をみる、Youtubeをみる、世界遺産を調べる、等々」、ドップリ趣味の世界にひたっていたのね。

 そして考えてみれば、私が最近お料理に目覚めたのもYoutubeがきっかけ。上の動画で植木先生は、お料理はAタイプが好む事の例としてあげているのですが、きっとAタイプはオリジナルレシピやアレンジすることを好むのだろうと思います。対して、Bタイプの私はですね、先ずYoutubeを見て楽しみ、そしてできるだけその通りやってみようと志向するのです。編み物もそうです。本の通りに編みたいのです。

 上の動画に出会った数日前から、私の「日常」に対するスタンスが大きく変わったような気がします。

 今まではダラダラYoutubeをみたりテレビを見たりした後は、時間を無駄にした気がして、なんとなく罪悪感や軽い自己嫌悪を覚えることがありました。それを、「ああ思いっきり趣味の時間を楽しんだ」と、前向きに捉えられるようになったのです。

 なんだー、私にはたくさんの趣味があったんじゃないか。まるで、チルチルミチルの「青い鳥」のようなオチです。探していた物はすぐ目の前にあったのです。「趣味がみつからない」というあせりは散る散る、Bタイプに相応しい趣味でいいのだと心満ちる、そんな晴れ晴れとした心境なのです。

 実は、今日の記事の内容は数日前に友人とウオーキングしながら話した事なのですが、その時、友人に「じゃあブログはどうなの?」と尋ねられたのでした。「ブログは、自分が書くという、Aタイプ型の趣味じゃない?」という質問です。

 なるほど、確かに「書く」という点では「自分でする」方に属している行為かもしれません。でも、重要なのは内容のような気がします。

 私が自分のブログで書いていることは、見たこと・聞いたこと・調べたこと等、やっぱりBタイプ的内容だと思うのです。ただ、ここだけはクリエイティブだろうと思うのは、なんと言っても毎回盛り込む「ダジャレ」ですね。これに関しては人のダジャレを聞くより、自分で言う方が好きなので、私の中の希少なAタイプ的趣味ということになるかも知れません。くだらない趣味でシュミマセン・・・。

 え~、お口直しにですね、これぞAタイプの極みと言うべき動画を紹介したいと思います。

 お時間のある方は勿論、無い方も是非ご覧になって下さい。では


www.youtube.com

そりゃ、バラ科のバラだもの

 バラ科という「科」があるのですから、バラはバラ科の頭領とも言うべき花でしょう。

 植物の分類として私達に最もなじみがあるのは、大きい順に、門・綱・目・科・属・種というくくりかと思います。

バラ薔薇)は、バラバラ属の総称である。あるいは、そのうち特に園芸種(園芸バラ・栽培バラ)を総称する(花が鑑賞用や食用とされる )。Wikipediaより

とありますが、例えばリンゴはバラ科リンゴ属、梨はバラ科ナシ属、また、バラ科キイチゴ属といったように、私達の周りで「実」をつけている多くの植物がバラ科の植物なのです。

 となれば、バラ科の頭領たるバラが実をつけない道理はないはずで、そして勿論、見事に実をつけるのです!

 と、「!」マーク付きで書きましたが、なんとなれば、数日前にそのバラの実を生まれて初めて見たからなのです。六十年生きてきて、バラが立派な実をつけるなんて、初めて知りました!!!

 

f:id:takakotakakosun:20211210114308j:plain

 たまたま通りかかった建物に植えられているバラですが、12月というのに何輪も花を咲かせていました。そして、よく見ると(いえ、よく見るまでも無く)、たくさんのオレンジ色の実をつけているのでした。驚きでした。えー、バラって実をつけるものだったの?

 家に帰ってネットで調べたところ、一つは、実をつけるかどうかは品種にもよるという事が分かりました。そして二つ目は、実をつけたままにしておくと株が弱るので、花を観賞するバラの場合、花がらを摘んで実がならないようにした方が良いと言うことでした。

 実家の庭にも何本かバラが植えられていましたが、ほとんど手入れらしい手入れもされていないバラでした。当然、花がらを摘むというような手のかけ方はしていなかったので、あれらは実のならない品種だったのだろうと思います。この、最も身近で見ていたバラが実をつけなかったということ、この事が私が「バラは実をつけない」と勝手に思い込んでいた一因かと思います。

 さらに、ネットによりますと、最近よく耳にするようになった「ローズヒップティー」というお茶がありますが、あの「ローズヒップ」こそ「バラの実」という意味で有り、バラの実のお茶=ローズヒップティーだったのでした。そして、ローズヒップティーに使われる、ローズヒップとしては、バラ科バラ属のハマナスのものが良く用いられると言うことでした。

 「確かに」

 私には大きく頷くものがありました。写真のバラの実を見たとき、「ハマナスの実に似ているな」と思っていたからです。そうか、ハマナスバラ科バラ属だったかあ。

 懐かしい記憶があります。今はもう無くなったかもしれない昭和の風物です。

 生まれ故郷の風習では、お盆を迎えるための大きな飾りを仏間に作っていました。五十年ほど前までは、そのためのグッズを行商人が売りに来ていました。行商人が見せる品物(紙やモナカの皮みたいな物で出来ていました)を、あれこれ楽しげに選び取る祖母の姿を覚えています。そして、必ず買うのがハマナスの実を繋げた、ネックレス様のものでした。それは正面に飾る、最も大事なものであったようです。不思議なオレンジ色の物体、でも何か特別なもの、そんな風に幼い私は眺めていました・・・。

 

 六十年生きて初めて知ったバラの実にまつわるいろいろ。実家の庭やら祖母の楽しげな様子やら、そして、ハマナスの実の鮮やかなオレンジ色。バラバラの記憶が一つの形をなした、そんな思いでいるところなのです。では。

『八十日間世界一周』をみて

今週のお題「最近あったちょっといいこと」

 

 しばらく前に録画しておいた『八十日間世界一周』をやっとみたのですが、いろいろと面白かったのです。これは「ちょっといいこと」に間違い無いですね。 

 

 まず、ハラハラドキドキの「冒険活劇」なのだろうと予想していたのですが、豈図らんや、のんびりコメディだったとは。でも、それは21世紀の私の目にはそう映るだけで、公開された当時(1956年)の人々にとっては、やっぱり胸躍るアドベンチャー映画だったことでしょう。

 予想外だった点はもう一つありまして、世界各地が細かく紹介されて行くのかと思いきや、スペイン・インド・日本・アメリカに大きく時間を割く構成で、「世界一周」の旅行記のようなものを期待してみた私には、ちょっと肩すかしの感じです。それでも、十分楽しめましたよ。以下、感想を思いつくままに書いていきたいと思います。

 ・スペインのフラメンコを踊る男性のスタイルがメチャクチャいい。よすぎ。体型が美しすぎて、「妖しい」というレベル。美しすぎるものはどこか不安を感じさせます。彼のファンになったら不安でしょうね。

 ・シャーリー=マクレーンがインドの華麗(カレー)なお姫様役。どこからどう見ても完全に白人。これにはインド人もビックリ、でしょう。今だったらあり得ない配役でしょうが、こういう「ゆるさ」も懐かしいです。

 ・日本が好意的に描かれていて、ちょっと気分がいいのです。富士山、きれい。国籍不明の東洋風の大道具・小道具など、首を傾げたくなるところもありますが、他国に「ゆるさ」を認めるのなら、自国の描かれ方にも同じスタンスであるべきでしょう。

 横浜に鎌倉の大仏様が登場しますが、そんなことホットケブツブツ言うな、なのです。

 ・アメリカ映画でありながら、アメリカに対して揶揄する視点を感じました。どこか冷めた「イギリス的な視線」を送っているような映像なのです。騒々しい街の様子や選挙に熱狂する様など特に。

 この映画をみると、アメリカ人の「選挙好き」は筋金入りなんだと、改めて思い知らされますよ。町中が選挙一色、選挙占拠されている感じです。

 それに対して、インディアンの伝統的な祝祭シーンには敬意が感じられました。とは言え、勇猛果敢に弓矢で列車を襲ってくる彼らは、銃の力で蹴散らされていくのですが・・・。鉄砲に刀を振りかざして突撃する武士の姿と重なって、切ないものがありました。

 ・有名な人物がちょっとだけ作品に登場する「カメオ出演」というものがありますが、この映画はその嚆矢であるということです。映画をみる前にちょっと勉強して予備知識があったので、見逃さないように注意していた場面があります。カメオを出演した大物俳優は大勢いたのですが、さすがに昔すぎて、名前を知っていたのはフランク=シナトラとマレーネ=ディートリッヒの二人だけでした。たまたま、この二人は同じシーンに出ると言うことも分かっていたので、真剣に画面を見つめていました。問題は、私は二人の名前こそ知ってはいるけれども、顔は分からないという点です。でも幸い、勉強の効き目があり、二人をしっかり見極めることが出来ました。

 マレーネ=ディートリッヒは脚線美で有名でしたが、まさにそのおみ脚を惜しげも無く披露しての登場でした。細くて、長~い脚でした。滅多に無い、まれ~、ね、と言うべき脚です。

 フランク=シナトラに至っては、勿体をつけにつけての登場です。その後頭部だけが二度も三度も映るのです。「誰だ?誰だ?」そう思わせておいて、振り向くとフランク=シナトラ。映画館で「キャー」という嬌声が上がったかも知れません。私は残念ながら彼の顔を知らないので、「これが若き日のフランク=シナトラか」と思っただけで、どうということもなかったです。ゴーイングマイ・ウエイです。

 

 以上、思いつくままに感想を書きましたが、思う存分ダジャレも披露でき、ちょっとどころか、この映画は「とてもいいこと」になりました。

 『八十日間世界一周』は、途中に一分間の休憩が入るという、三時間近い大作です。でも、コロナ禍で迎える年末年始、だらだらゆったり見るにはお勧めの映画です。海原の向こうにそびえる富士山に、ジーンとなってみてはいかがでしょうか。では。