おばあさん見習いの日々(ダジャレ付き)

1961年生まれ。丑年。口癖は「もう!」

リンゴ、食べてますか?

 「一日一個のリンゴは医者を遠ざける」という諺(ことわざ)がイギリスにはあるそうで、さすが、リンゴ・スターという有名人を生んだ国ですね。リンゴに対する敬愛の念、一方ならぬものがあるのでしょう。

 

 リンゴは皮ごと食べた方が栄養摂取の面で優れているというのは、皆さんご存じでしょう。私も知っています。でも、食味という点で、私は皮付きリンゴは好きではないのです。必ず皮をむいて食べています。しかも、最近は一口大に切って。 

 数週間前、ある会合に出席したところ、私より大分年配の男性がリンゴを切って出して下さったんですよ。

 「これが最近、はやりのリンゴの切り方、スター・カットだよ」というお言葉と共に。周りの方は結構ご存じのようでしたが、私はその時初めて見ました。

 ↓ こういう切り方です。回りから食べていって、種の部分は残します。

f:id:takakotakakosun:20200120194347j:plain

 スター・カットの優れている点は、

①リンゴを横向きにして好きな厚さにカットするだけなので、簡単、速い。

②皮ごと食べる際、普通にかじりつくよりも、実と皮の割合が実の方がより多くなり食べやすい。

③皮をむいて種の部分をくり抜くのに比べて、廃棄部分が少なくエコ。

 

 などが上げられるようです。また、一手間かけて、抜き型でこのように。

↓ 食べやすさがアップします。

f:id:takakotakakosun:20200120194421j:plain
f:id:takakotakakosun:20200120194451j:plain

右の写真は、くり抜いて捨てる部分なのですが、可愛いですね。

 

 左の写真の「食べやすい」リンゴを食べたのですが、皮付きはちょっと口に合わないというか、やっぱり私は皮をむいて一口大に切って食べることにします。最近ハマっているオリジナル(?)の食べ方で。

 私の食生活はかなり乱れておりまして、でも、それを特に問題とも思わずに暮らしています。ただ、カルシウムだけは意識しないと絶対に不足するし、将来、骨粗鬆症で骨折するのもいやなので、とりあえず、チーズは積極的にとることにしているのです。4個入りで100円程度の、ベビーチーズをまとめ買いして冷蔵庫に常備しています。

 毎朝、必ずリンゴとベビーチーズを食べることにしているのですが、ある時、この二つを同時に食べたところ、美味しい!

 交互に、じゃないですよ、同時にです。それ以来、やみつき。フォークにチーズを刺してさらにリンゴも刺したり、あるいは、リンゴを口に入れたら間髪を入れずチーズも。そして、咀嚼します。

 おやつを食べるとき、甘いものとしょっぱいものがあると、甘い、しょっぱい、甘い、しょっぱいの無限ループになることがありますよね。あるはずです。(ある前提で話をすすめます)それが口の中でおこると思って下さい。それどころか、特に美味しいリンゴにあたった時などは、高級なスイーツのような味のハーモニーが生まれるんですよ。是非、試してみて下さい。リンゴはもちろん、青森県産リンゴで。

 

 ちなみに、特におすすめのチーズはこちらの二点です。

 [冷蔵] QBB スモーク味ベビーチーズ 4個入×25袋f:id:takakotakakosun:20200120201554j:plain

 二つ目はセブンプレミアムイトーヨーカドー)のブルーチーズ入りなのですが、画像がぼけてますね。

 せっかく一日一個のリンゴで医者を遠ざけようとしているのですから、ぼけるのは画像だけであって欲しいものです。では。

セルフレジと言えば、ユニクロでびっくり!

 昨日のブログでは、セルフレジでマゴつく私の現状について触れましたが、セルフレジと言えば、読者の皆さんはユニクロのそれを体験されましたでしょうか?

 ユニクロのセルフレジの凄さを物語るものとして、私は昨年、次のような会話を経験したのです。

 私 「ユニクロのレジ、知ってる?カゴに入った状態の商品を一瞬で読み取るんだよ」

 友 「知ってる、知ってる。母から聞いた。カゴから一つ一つ取り出さなくてもいいんでしょ」

 

 この会話でだいたいのレジの状況はお分かりいただけるかと思うのですが、私が真にすごいと思うのは、「母から聞いた」という部分なのです。ウチに帰って家族に語らずにはいられなかったお母様の衝撃、わかります。そして、驚くべき事に、ほとんど同じ会話を別の友人とも交わしたのです。日本中のあちらこちらで、驚きをもって語られた事象であることは間違いないと思います。

 どういう仕組みなのだろうと思ってはいたのですが、今回この記事を書くにあたり、ネットで調べてみました。

 ごく簡単に述べますと、ユニクロでは、商品に取り付けらたタグの内部に『RFID』と呼ばれるIDチップと小型アンテナが一体化されたものが仕込まれているのだそうです。これは、あらゆる情報が書き込まれているという点ではバーコードのようなものなのですが、違いは、無線の電波で読み取ることが可能だという点です。そのため、商品一つ一つをカゴから取り出さずとも、一気に読み取りが可能なのだそうです。

 

 世の中の進歩の速度があまりにも凄まじく、ついて行けないどころか、「ついて行こう」という気すら起こらない昨今です。でも、新しい文明の利器に衝撃を受けたり、感心したり、そういった「驚いたり楽しんだり」の感覚は忘れることなく暮らしていきたいと思うのです。いろいろな場面で経験したことのない苦労はするでしょうが、ユニークな苦労=ユニクロと割り切って。では。 

雪が降らないねえ

 令和二年になって、元旦に雪かきをしたきり、一向に雪が降りません。生活する上では本当に楽なのですが、雪かきで稼いでいる方々もいるわけで、喜んでばかりはいられないですね。スキー場だって、大変です。

 全国的にも暖冬で、風物詩・観光名所となっている「氷柱」が凍らず、お客さんが来ないというニュースも見ました。

f:id:takakotakakosun:20200117181100j:plain

 写真は、中津軽郡西目屋村の乳穂ヶ滝(におがたき)で、12月26日に撮影したものです。

 乳穂ヶ滝では毎年二月の中旬に、その年の農作物の豊凶を占う乳穂ヶ滝祭りがおこなわれるのですが、高さ33メートルの滝が上から下まで完全に凍るのが吉兆とされているようで、今年はどうなるのか気になります。

 

 この写真を撮りながら連想したのが、自分の白髪頭です。いつの間にかかなり白くなっていて、久しぶりに会う方に驚かれます。自分でも、鏡で見ているときはそうでもないのですが、写真に写った姿には「こんなに白いのか」とびっくりします。でも、染める気はないのです。なぜなら、白髪ってメリットもあるから。

 一週間ほど前、市役所内の銀行で振り込みをしようと用紙を記入した際、金額を書き間違えました。それも、全部書き終わって確認して気づいたのです。窓口のお姉さんに「訂正印でいいですか」と訪ねましたら、

 「金額は訂正がきかず、書き直しになるんです。書き直すより、機械でやってみませんか?その方が振込手数料もお安いですよ」

 「ああそうですね。そうします。場所はどちらですか」となりました。

 その方は親切に私をATM機のところまで案内して下さって、やり方も教えようとして下さいました。「やり方はわかりますので」と言いましたら、「大丈夫ですか?」とダメ押しのお気遣いまでいただきました。

 考えてみれば、振込みはATMで、という発想がない時点で十分『お年寄り』なわけで、白髪頭のお陰ばかりではないのでしょうが、親切にしていただけるのは有り難いことです。

 今日も親切にされました、TSUTAYAで。レンタル有効期限の更新に行き、有人レジに並んでいたところ、「機械でもできますよ。どうぞ」と声をかけて下さり、最初から最後まで付きっきりで面倒をみて下さったのです。お陰様で、滞りなく更新でき、特典のブルーレイレンタルもできました。有人レジで済ませた方がお店にとって効率的なぐらいでしたが。

 でも、世の中がなんでもネットで済ませられるようになっている中、私のような実店舗で「借りる」というお客さんがいるからTSUTAYAも成り立つわけで。意外に「お年寄り」って、いいお客さんなのかもしれません。親にとって手がかかる子ほど可愛いいというのと同じで(笑)。

 若い人がこの文章を読むと、「やり方を覚える気はないのか」といういらだちを覚えるかもしれません。でも、そうじゃないんですよ。私だって、一度教えてもらったら次は自力でやりたいとは思ってるんです。ところが、悲しいかな、次まで覚えていられる自信がないんですよ。次に機械の前に立ったとき、髪の毛ばかりではなく、頭の中も真っ白になっている恐れがあるのです。年をとるって、そういうことなんですよねえ。

 街には白い雪が降らない冬もありますが、頭の中には確実に白い部分が増えていくという、お寒い話でした。

 などと書いていたら、テレビのニュースで、「明日は東京に雪の恐れ」と言っています。センター試験が無事に行われるといいのですが。受験生の無事と健闘を祈ります。では。

西目屋村「こぎん刺し展」の『目屋人形』

 昨年末のことですが、弘前市のお隣の西目屋村・道の駅の、「こぎん刺し展」に行ってきました。

 こぎん刺しについては、↓ こちらをどうぞ。

chokoreitodaisuki.hatenablog.com

 

 昔のこぎん刺し、現代のもの、それぞれ素晴らしい作品がありました。

f:id:takakotakakosun:20200114185302j:plain

f:id:takakotakakosun:20200114185411j:plain

展示の中に、かつて、せっせとこぎん刺しに精を出した、女性たちの紹介写真がありました。

f:id:takakotakakosun:20200114185702j:plain

 西目屋村世界遺産白神山地」のある村で、昔から炭焼きが盛んでした。炭焼きは山の中で行われるのですから、出来上がった炭は里まで下ろして来なければなりません。馬も入れない山中なので、当然、人力での運搬となります。そして、その仕事は女性たちの役目でした。

 西目屋の炭は女性たちが背負って運んでいたというのは知っていましたが、私は勝手に大きな勘違いをしていたのです。それは、炭というものは軽いもので、だから女性でも運べたのだろうという思い込みです。

 ところが。写真の説明に驚いたのですが、一人あたり、4俵、約64㎏の炭俵を背負っていたのです。

 その姿が ↓ こちらの人形です。

f:id:takakotakakosun:20200114190408j:plain

 ピンクの頬被りをした可憐な『目屋人形』。その背中に64㎏の炭俵を背負っていたとは。あれですよ、「優雅に水の上に浮かぶ白鳥も、水面下では必死に足を動かしている」ってやつですね。目屋の女性も白鳥のように、愚痴・泣き言を言わず黙々と自分の定めに従っていたわけです。

 女性たちがまとった絣(かすり)の下には、強靱な肉体が隠れていたのですね。現代に生きる暢気な私の、「炭は軽いから」なんて予想はかすりもしなかったわけで、つくづくと現代に生まれた幸運を思うばかりです。

 「目屋人形」は一時期姿を消したものの、昭和59年に復活したのだそうです。可愛らしいばかりではなく、女性たちの苦労の歴史を秘めた人形。スミに追いやられることなく、こうして展示・販売されているのは喜ばしいことです。残念ながら買っても飾る場所がないので、私は買わないのですが。スミマセン・・・。では。

爪と根性

 昨日のブログで「肉体労働で爪が割れる」というような事を書いているとき、思い出したテレビドラマがあります。

 

 『あかんたれ』という志垣太郎主演のドラマ、ご記憶にありますでしょうか。本放送は1976年からですが、私が観たのは平成6年の再放送のものです。長男を出産して育児休暇中だったので、毎日楽しみに、姑とテレビの前に並んで観ていました。

 その中で、非常に印象的だったシーンです。

 

 荷物を縛っている荒縄を、ハサミで切ろうとした主人公・秀松に投げつけられた先輩奉公人の厳しい言葉。

 「あほんだら。手でほどかんかい!縄は切ったらつかえんやろ。爪は剥げてもまた生える」

 

 爪は剥げてもまた生える、とは・・・。

 凄まじいですね。丁稚の生爪より荒縄一本の方が大事なのですから。まあ、本気で言っているというより、一種のいじめだったのかもしれません。

 ちなみに、ドラマのタイトル「あかんたれ」とは、関西弁で「根性なし」という意味だそうで、こんな苦労や理不尽に耐えるのが、昔の日本の「根性」だったわけですな。

 

 ドラマが放映された70年代は、「根性」の時代とも言うべき日本だったようで、テレビアニメ『巨人の星』の主題歌には、「ゆくが~男の~ど根~性~」という一節があり、72年に放映開始のアニメのタイトルはズバリ『ど根性ガエル』。他にも「スポ根もの」と呼ばれる漫画・アニメが大人気でした。

 最近は、この「根性」という言葉があまり聞かれなくなったような気がします。かわりに登場したのが、「楽しみたい」ですかね?

 スポーツにしろ仕事にしろ、歯を食いしばって耐えるより、楽しんで取り組む方がパフォーマンスが向上するのなら、その方がいいです。ただ、何事も「本気」で取り組んでこそ「楽しさ」もあるわけで、結局、「一生懸命」つとめることが肝要だという点は、昔も今も変わらないのだと思います。

 ほら、せっかくの焼き肉も、手抜きの「あかんタレ」では、台無しってことですよね。では。

 

↓ 弘前公園の「根上がりのイチョウ」。

 が露出しているのに見事な大木ぶりです。また、イチョウの特性として火に強いのだそうで、そのため、街路樹として用いられるのだとか。まさに根性の木ですね。

f:id:takakotakakosun:20200112195904j:plain

 

苦髪楽爪(くがみらくづめ)

 久しぶりのブログ更新です。不調だったパソコンは無事回復したのですが、年末には単身赴任の夫と東京暮らしの二人の息子が帰省。加えて年始にはお客さんを迎えたりと、普段怠けている分の忙しさが一気にやってきた感じで、ブログにまで手が回らない毎日でした。

 

 苦髪楽爪(くがみらくづめ)……苦労のある時は髪の毛がよく伸び、楽をする時は爪がよくのびるの意。(広辞苑より)

 髪振り乱して奮闘しているような大忙しの時は、ろくに鏡を見る暇もなく、はっと気づくと、びっくりするほど髪の毛が伸びていたりします。

 逆に、肉体労働や家事など、手を使うことが多いと、ちょっとした拍子に爪が割れて知らない間に短くなっていることもあります。

 四文字熟語というのは大概よくできているものですが、『苦髪楽爪』という言葉も、なるほどなーと思わせられますね。

 

 髪の毛の他にもう一つ、忙しいと伸びるものがあります。眉毛です。一週間ほど前、家族・親戚で出かけることになり、久しぶりにちゃんと化粧しようと鏡を見ますと、なんだ!この眉毛は。

 年をとって眉毛が伸びるのは、男性に限ったことではありません。おばさんの眉も放っておくと、大変なことになるのです。出かける時間が迫っていたので、大急ぎで眉をカット。あやうく「村山富子」というあだ名になるところでした。

 そして、今日。

 忙しさも去り、車でのんびり用事を足しに出かけました。明るい駐車場で、何気なく鏡をみて驚愕。眉の形が変!先日急いでカットしたために、へんてこりんな形になっていました。恥ずかしい・・・。こんな眉で過ごしていたなんて。ウチに帰ったら直さなきゃ。

 

 令和2年。

 眉毛にも白髪が出てきた私は、今年は「白眉のtakakoさん」を目指そうと思っていたのに、「へんてこ眉のtakakoさん」で始まってしまいました。

 なんとか挽回したいものです。

 

 最後に自慢になりますが、本来、私の眉毛はカットさえちゃんとすれば、描き足す必要のないくっきり眉なのですよ。ホントです。眉唾ものじゃありません。では。

 

f:id:takakotakakosun:20200111122720j:plain

この写真のダルマさん達については、下の過去記事をどうぞ。

https://chokoreitodaisuki.hatenablog.com/entry/2018/06/12/202854

 

パソコン不調中(私、腐ってます)

 ブログはいつもノートパソコンで作成しているのですが、そのノーパソが月曜日から絶不調。フリーズしまくりなんです。コンピュータって、さくさく動いてくれているときは本当に便利な文明の利器なのですが、ひとたび不調となると、ホントに厄介ですよね。問題が解決するまで、ブログの更新が間遠になるかと思います。

 以前、「ブログの更新が2、3日ないと、病気でもしているのでは無いか」と心配して下さる方がいらっしゃったので、お知らせしておきますね。不調なのは私ではなく、パソコンです。ただ、パソコンの調子が悪いと、こちらの気分までクサクサとしますね。少々腐りぎみの私なのです。

 

 腐るといえば、ちょど月曜日に友達が遊びにきて、ミカンの話になりました。以下、概略です。

 

 昔より、この頃の方がミカンが腐りやすい気がするね。防腐剤とかを使わなくなったからなのかな?

 良く「箱の中の腐ったミカン」って言うけど、本当にミカンは回りを巻き込んでダメになっていくよね。その点、リンゴって偉いよね。腐るときは自分だけ。どんなにひどい状態に腐っても、自分の中でおさめて、回りに害を及ぼさないんだよね。偉いよね~、リンゴ。

 それから、ミカンって、ちょっとでも傷むと一個丸々嫌な味になって食べられないじゃない。リンゴはそうじゃないよね。傷んだところだけ取り除けば食べられるんだよね。凄いよね~、リンゴ。

 

 そして、次の様な友人の言葉にハッとさせられました。友人は津軽生まれ津軽育ち、リンゴ農家の出身です。

 

 友人「そうそう。リンゴはカマドがダメになるまでは、部分的に傷むだけなんだよね」 

 カマドとは、津軽弁でリンゴの芯(真ん中の種のある部分)のことです。なぜカマドと言うのかは分かりませんが、津軽の人はごくフツーに「リンゴのカマド」と言いますね。さすが友人はリンゴ農家の出身だけあって鋭い発言だなあと思いました。

 津軽弁ではやりくり上手な人のことを「竈(かまど)持ちがいい」というのですが、無駄が少ないという意味で、リンゴはまさにカマド持ちのいい果物なのです。

 しかしながら、「コタツでミカン」というお馴染みのフレーズが示すように、手軽に食べられると言う点で、リンゴはミカンの後塵を拝しています。ミカンの皮は手でむけますが、リンゴの皮はナイフが必要なので、圧倒的に不利なのです。青森県人としては、そこをなんとか、なんとかリンゴにも、もう一皮も二皮もむけてもらって、消費拡大につなげて欲しいものだと思うのです。

 もともとリンゴは好きなのですが、今年はリンゴ農家のお手伝いに行って、リンゴへの肩入れ度合いといいますか、リンゴの売れ行きまで気になり始めた私なのでした。皆さん、リンゴをもっと食べましょう。

 最後に申し添えますが、私の不調なパソコンはアップル製ではありません、念のため。では。

 

※今年の弘前はまだほとんど雪がないのですが、先日訪れた居酒屋さんで、こんな可愛いいスノーマンに会いました。

f:id:takakotakakosun:20191225225142j:plain