おばあさん見習いの日々(ダジャレ付き)

1961年生まれ。丑年。口癖は「もう!」

どうでもいいような、身長の話

 ここ二三日、テレビやネットでお名前やお姿を目にして驚かされた三人の方々。業績の凄さ以外にも共通点がありまして、それはビックリするほど、高身長だと言うことです。

 

 ミュージシャン・米津玄師氏(1991~) 188㎝ 

 博物学者・南方熊楠氏(1867~1941) 188㎝

 建築家・隈研吾氏(1954~) 189㎝

 

 だから何だと言われれば何でもないのですが、単純にビックリしません?そして、ビックリした事って、「ねえねえ」って誰かに言いたくなるでしょう?

 

 私は子供の頃から一貫して「平均身長」で生きてきました。なので、自分の事を「背が低い」と思った事はなく、「もう少し身長があったら」とは思いますが、切実なものではありません。

 ところが、大人になってから親しくなった友人、職場の同僚だったり、いわゆるママ友だったりが、揃いもそろって大きいの。不思議なほど揃って皆さん160㎝越え。何人かでランチに行ったりすると、158㎝の私は時々「あれっ、私ってチビ?」と感じる事があるのです。そうしますと、面白いもので、なんとなく「チビッコキャラ」としての振る舞いをしてしまうような。ボンヤリとですが、そんな気がする時があるのです。還暦目前の私ですらそうなのですから、子供の時から「平均から外れた身長」の方は、身長が、その性格形成に大きく関わっている要素なのかも知れませんね。

 

 昔、何かで読んで印象に残っている話を紹介します。統計的なデータや科学的根拠のあるものではありませんので、念のため。

 それは、昭和の終わり頃に読んだのだと思うのですが、「今の若者には、自分の親より背が低い者はいない」という一文でした。すんなりと納得のいく文章でした。実感がありました。私を含め、同級生や回りの若者を思い出すと、皆、女子であれば母親より大きく、男子であれば父親より大きかったのです。

 栄養状態が格段に良くなって、子供はその親の世代より発育が良くなる、それが当たり前であり、世の中の流れなのだろうと単純に思っていました。

 

 ところが、平成になってからだと思います。何かの機会に、

 「私、家族の中で一番小さいの」という女子高生の言葉を聞いたのです。思わず、

 「お母さんより小さいの?」と尋ねてしまいました。結果はイエス。お母さんは160㎝以上あり、その女の子は155㎝無いぐらいなのだそうです。高校生ですから、恐らくそれ以上大きくなることはないと思われ、本人も諦めているようでした。

 それから気を付けて若い人を見てみると、いますね、普通に。親よりも背の低い娘や息子達が。

 

 日本経済がずっと低成長が続いて、若者がどんどん貧しくなっているというニュースはよく聞きます。

 私達昭和世代は「親よりも豊かに」に加えて「親より大きく」が当たり前のように生きてきましたが、今の若い世代はそうでは無いようです。私達よりも大変な時代を生きていかなければならないのは確実なようです。

 では、これから高齢者になる私達に出来ることはないのか。高齢者の権利も大事ですが、身の丈に応じて社会に寄与できることはないか、考えていきたいと思うのです。

 あれっ、どうでもいいような雑感を書くつもりが、思いがけず真面目な着地点になりました。タイトルをもっとしんちょうに考えてつければ良かったなあ、では。

大豆の思い出

 知人の田んぼにお手伝いに行って、「大豆」に思いをはせました。お付き合い下さい。

 

 隣の田んぼは「元田んぼ」になっていて、大豆が作付けられていました。カラカラに茶色く乾いていて、もうすぐ取り入れなのだろうと思います。

 枝豆用に植えられている面積の小さな「大豆の畝」のある畑は、車を運転していて時々目にします。夏になって、「あー枝豆が生ってる~」と思っているうちに、いつの間にか姿を消しています。茶色くなった、つまり枝豆を越えて大豆にまでなった大豆を見るのは、随分久しぶりのような気がしました。

 今から50年ほども昔。実家では、親戚と共同で味噌を造っていました。二軒分の自家消費用の味噌ですが、とにかく昔は消費量が多かったのでしょう、大量に造っていました。私達子供も、子供ながらに出来ることがあり、手伝いに駆り出されたものでした。

 味噌造りの一番初めは大豆を茹でることからですが、その前段階として、畑から採った大豆を莢(さや)から出して乾燥させる、という作業があります。何十年も忘れていたその作業、隣の「元田んぼ」を眺めていたら、鮮明によみがえって来ました。

 何か敷物(恐らくござ)を庭一杯にしいて、適当な作業台の上で大豆を叩くのです。左手に大豆の束を持ち、右手には専用の「枝」を持って。その「枝」が懐かしい。恐らく祖父が山から切ってきたのだと思いますが、綺麗なYの字になっていて、下の棒が握りやすい太さで。上のVの部分で莢を叩いて、効率的に中から大豆を取り出すわけです。大豆が辺り一面に、元気に跳ね回るように飛び散っていた光景まで目に浮かんで、つくづくと、記憶って不思議なものです。

 手作りの味噌と聞くと、皆さん「美味しいでしょう」と思われるようですが、とてもしょっぱくて、私はあまり美味しいとは思いませんでした。でも、両親は「買った味噌は口に合わない」と、仕込みを業者にお願いして、最後まで自家製味噌にこだわっていました。なるほど、「手前味噌」とはよく言ったものです。

 

 こんな風な思い出に浸ったりしながら、稲わらで「即席の縄」をこしらえ、その縄で稲束を束ねていくという作業をしていたわけです。そして、この「稲わらで稲を束ねる」事からもう一つ、「豆」について思い出していたことがありました。でも、正確には思い出せなかったので、家に帰って、調べました。せっかく調べたのですから、だいたいのところを書いておきたいと思います。

 

 七歩詩(ななほのうた)という中国の有名な詩があります。魏の曹操の後を継いだ息子・曹丕(そうひ)は、弟の曹植(そうしょく)に対して妬みがあり、

「お前がそれ程文才があるというならば、七歩歩くうちに詩を作ってみろ。出来なければ殺す」と、難題をふっかけます。

 そして、曹植は七歩歩くうちに見事詩をつくったのですが、その詩のおおよその内容がこちら。

 

 豆を煮るには、豆がらを燃やして煮る。豆は釜の中で泣く。同じ根から生まれた同士なのに。なぜ・・・

 

 全体的に眉唾な気もしますが、とても面白い「お話」ですよね。この話が広まった当時は、「豆を煮る詩、知ってる?」と、話題沸騰だったことでしょうね。では。

 

 こちらの過去記事も面白いですよ。(まさに手前味噌ですね)

chokoreitodaisuki.hatenablog.com

今日は、脱穀

 一ヶ月前に、稲刈りのお手伝いに参上した知人の田んぼ。今日は脱穀をしました。

 

f:id:takakotakakosun:20201018194247j:plain

 いいお天気です。

 今、弘前市はコロナ・クラスターで大変な状況なのです。でも、田んぼや畑の仕事をしていると、そういったストレスフルな状況をしばし忘れることが出来ます。知人は「手伝ってくれて本当に有り難い」と言ってくれるのですが、こちらこそ感謝です。

 

 脱穀機は脱穀後のワラを粉砕するという機能もついているのですが、知人の所ではワラをリンゴ畑の肥料にするので粉砕はしません。「ワラ束」をりんご畑に運び、積んでおくのだそうです。

 私の今日の分担は、その「ワラ束」関連でした。

 まず、脱穀の終わったワラ束のうちから長めのものを選び、即席の「縄」をこしらえます。やり方は至って簡単、適当な本数のワラを両手に持ち、先を固結びにするだけ。ところが、言うは易しで、最初はなかなか上手く出来ず、時間もかかるのです。でも、習うより慣れろ、ですね。だんだん上達して、面白くなってくるのです。私、才能有るかも。作業中、誰かに、

 「君のなわ?」と聞かれたら、余裕たっぷり、にっこり微笑みたいぐらい。

 

 さて、「即席縄」が溜まって来たところで、ワラ束を集め、大きな束にします。これにもやり方があって、縄の上にまず4束おきます。逆向きで4束。これを繰り返して合計16束。それを縄で締め上げるのですが、膝乗りで体重をかけ、出来るだけ固くきつく、そして縄をキリキリとねじって留めて、はい完成。これも慣れないうちは無駄に力を使って、一回で「ハアハア」と息が上がるのですが、やっぱり慣れですね。コツが分かってくると、ちょっと楽しくさえなってくるのです。脱穀作業で、自分も一皮むけたような気分です。新米の分際ながら。

 

 休憩時間のことです。用水路(幅40㎝程度)をなんとなくのぞき込みましたら、オタマジャクシがいたのです。ちょうど二、三日前、拙ブログに「ショートショート4」をのせるため、オタマジャクシについて調べたばかりでした。(本当に偶然ってあるものですね)

 その時初めて、「オタマジャクシのままで越冬する蛙、ツチガエルやウシガエル」の存在を知ったのです。もし、このことを知らなければ、用水路のオタマジャクシを

 「あなた達は何かの間違いでたまたま(オタマだけに)遅く生まれて、このまま寒さで死んでしまうのね」と思ったと思います。

 でも、今日の私は違います。

 「ああ、これがWikipediaで読んだ幼生で越冬するカエル、恐らくツチガエルであろう」と考えたのです。

 ツチガエルは生息数が激減しているカエルなのだとか。その理由は、田んぼが冬になると水を抜く(乾田)方式に変わったからなのだそうです。そうよね、オタマジャクシは水生だものね。

 私が用水路で見たオタマジャクシ達も、あんな浅いところでは青森県の厳しい冬は越せないと思います。どこか深い、冬でも凍らない安住の地を見つけてくれるといいのですが。

 

 そして、もう一つ。ツチガエルのオタマジャクシを見ながら考えた事があります。 

 稲ワラでワラを束ねる縄をつくり、それで束ねたものはリンゴ畑で、全てが肥料になって。昔からのやり方は無駄が無くて、循環していて、自然に優しく、凄いな~と思うのですが、自分で経験してみて、いかに人手や手間を必要とするかもよく分かりました。

 土から生まれたものが土に還るのは自然なことですが、「コスト」の前には、なかなか難しいものなのでしょう・・・。では。

ショートショート4 『蛙の言い分』

 ショートショートが出来ました。

 

 蛙の言い分    takakotakakosun 作

 

 「キャー、のび太さんのエッチ!」

 あー、またしずかちゃんが叫んでる。この「エッチ!」という言葉を聞くと、僕たち蛙は、非常に複雑な気分になるんだよねえ。

 というのは、その語源。

 エッチという言葉の語源にはいろいろ説があるらしいけれど、一番有名なのは「変態(HENNTAI)」の頭文字の「エッチ」だ、という説。「変態」は正確には「変態性欲」のこと。

 そもそも変態というのは、「もとの姿・形をかえること」。僕たち蛙や昆虫などにとっては、人生そのものだ。

 僕たちは卵からオタマジャクシ、そして蛙へと、ドラマチックに成長していく。その過程を「変態」と呼ぶのに、

 「この変態野郎!」

 などという罵倒語があるなんて。嘆かわしい!

 蛙の幼生であるオタマジャクシは、その姿の愛らしさから結構人気者だ。その上、やがて手が出て足が出て、最後に尾を体にしまい込めば、はい、おしまいという素晴らしさ。

 なのに、人間どもときたら。

 そんな僕らの変態に敬意を払うどころか、よりによって、「きゃー、エッチ!」だの「変態野郎」だの。いくらオタマジャクシ(お玉杓子)と言えども、人間どもはすくいようが無い。我慢ならん。ガマだけど。

 えっ、たかが言葉一つに、へそ曲がりにもほどがある?

 残念でした。曲がりようがありません、蛙にヘソは有りませんから!では。

駄目と言われたらやってみたい、そうよね。

 大昔に読んだ、マンガだったか誰かのエッセーだったか、何で読んだのかは覚えていないのですが、次のような内容のものがありました。

 

 何かの注意書きに、「○○しないで下さい」ってあるじゃない?あれって逆効果だと思うの。だって、どうなるのかやってみたくなるもの。だから、本当に禁止したかったら、「○○しないで下さい。やったら××になります」と、結果まで書いて欲しい。

 

 これを読んだときは「なるほど」とは思ったものの、私自身は「しないで下さい」とあれば、ちゃんとその言いつけを守る素直な性格なので、特に賛同はしませんでした。

 ところが、昨日、Wikipediaを読んでいて、「どうなるの?どうなるの?やってみたい」と思う禁止事項に出会ったのです。

 

ja.wikipedia.org

 

 マンクスというイギリスのマン島原産の「尻尾の無い猫」についての記述なのですが、次のような一文がありました。

 

このうちランピーのマンクスは本来尻尾が生えている場所が大変敏感なので、不用意に触ってはいけない。 

  

 えーっ、どうなるの?どうなるの?触ったらランピーどうなっちゃうの?不用意でなければ触っていいの?用意周到に触るってどんな風に?興味ありますよね~。

  ちなみに、ランピーとはマンクスの中でも完全に尾の無いタイプを言うそうです。

 まあ想像としては、猫にとっては痛みのような不快感があるのでしょうから、怒って噛みついてきたりするんでしょうかね。

  あっあれだ! 

『ランピーのG(ごめん)☆SPOT』     では、ごめん。

 

 懐かしいサザンのあの曲 ↓


初音ミク マンピーのG★SPOT(サザンオールスターズ)

 

藪蚊は痒い

 三毛猫のオスほどの珍しさではないけれど、生活の中で、ちょっと珍しいことに出会うって結構ありますね。

 例えば、この前の台風(14号)の進路とか。紀伊半島沖でUターンするかのように南に戻って行きましたね。何年か前にもUターンした台風はあったらしいのですが、喉元過ぎれば熱さ忘れるで、全然記憶にないです。皆さん同じなようで、会う人と口々に「珍しい台風だよね」と言い合いました。

 

 最近は早生種のリンゴ(紅玉とか弘前ふじとか千秋とか)の収穫のお手伝いに時々顔を出しています。千秋(せんしゅう)は私のイチオシ林檎です。店頭で見かけましたら是非召し上がって見て下さい。

 先日、「山の畑」にお手伝いに行ったところ、蚊が凄くてビックリしました。10月で、こんなに気温が下がっても(最近は最低気温は10℃を切ります)蚊っているのね~。リンゴもぎの作業をしているときは寄ってこないのですが、休憩していると、何匹も何匹もまとわりついてきます。でも、作業用に露出の少ない服装をしているので大丈夫だろうとタカをくくっていたら、おやつを食べるために手袋をはずした手をチクリとやられました。

 今年は不思議なほど蚊の少なかった夏で、一度も刺されることなく過ごしました。それなのに、10月も半ばになって蚊に刺されるとは。珍しい経験の一つです。

 

 音もなく来て残り蚊の強く刺す  沢木欣一

 秋の蚊(別れ蚊・残る蚊・蚊の名残・後れ蚊)は俳句で秋の季語になっています。気温が下がって活動が鈍くなった蚊に、哀れさを覚えたりするのが俳人のようです。

 掲句はこの記事を書くために歳時記を読んで出会った一句です。ああその通りだ!と思いました。

 夏の蚊は「プゥ~ン」というあの嫌な羽音と共にやって来て、そのくせ音も無く刺します。ヤブ蚊はその特徴なのでしょうか、音も無くまとわりついて刺し、そして強い痛み・痒みがあるのです。掲句は秋の蚊のそういった特徴を見事に捉えていると思います。

 そして、秋という季節の、どこかもの哀しい情趣も「残り蚊」に託されていて、上手いものだなあ、俳句という17音の世界は凄いなあ、と思うのです。

 

 10月に蚊に刺されるという些細なレア体験でしたが、お陰で「秋の蚊」という季語について調べることが出来ました。

 「歳時記」というものは読み物としても大変面白く、季語としての「秋の蚊」についてだけではなく、地方によっては10月まで蚊帳をつったとか、藪蚊の種類だとか、そんな事にまで言及してあって、「痒いところに手が届く」ような本なのです。読書の秋にお勧めの一冊なのです、と、から棒に付け足しておきます、藪蚊の話ついでに。では。

三毛猫のオスはとても希少

 最近DNAについて書いたりしていますが、今日も知ったかぶりで書きたいと思います。きっかけはこちらのパンです。

 

f:id:takakotakakosun:20201012142131j:plain

 可愛いでしょう。こちらのパンについては下の過去記事でどうぞ。

 

chokoreitodaisuki.hatenablog.com

 

 久しぶりにこの「ネコネコ食パン」を食べたいと思い買いに行きましたら、パッケージがリニューアルされ、しかも、三毛猫ヴァージョンも登場していました。美味しかったです。

 そして、「そう言えば、三毛猫ってメスだけなんだけど、これって一般的な知識なのかな?」と思い至り、差し出がましくも説明してみることにしました。お付き合い下さい。

 

 最初にちょっと「言葉」の確認をしておきたいと思います。

 ヒトの染色体は46本。それが共通の話題を持つ同士ペアをつくっているというのは、以前書きました。23ペア有ることになります。その内の一つのペアは「性別」を決定する性染色体で、残りの22ペアは常染色体と呼ばれます。

 性染色体にはXとYがあり、ペアが両方X、つまりXXのときは女性、XYのときは男性となります。大事なところなのでもうちょっとしつこく説明しますね。

 お母さんは女なので、持っている性染色体ペアはどちらもXです。お父さんはXとYを持っています。生殖細胞をつくる時、生物は「減数分裂」という技を使うというのは以前書きましたが、覚えておられますか(私は私の読者の皆様を信じておりますよ(笑))。

 お母さんが卵の中につめることの出来る1本の性染色体は、Xしかあり得ません。それに対して、お父さんはXまたはYを精子につめます。そして、受精卵がXXならば女の子が、XYならば男の子が生まれるわけです。

 また、ここで知っておいて頂きたいことは、性染色体がかかわるのは性別の決定だけではないということです。他にもたくさんの「遺伝上の共通の話題」があるのです。

 有名なものでは血友病という病気です。この病気に関わる遺伝情報はX染色体の中に存在します。ですが、その遺伝情報を持ったXは二つそろわなければ、血友病が発現することはありません。このような「二つそろわなければ・・・」という遺伝情報を劣性遺伝と言います(劣性とはあくまでも発現の仕方に関わってのことであり、性質の優劣とは無関係なのです、ここ大事)。血友病の遺伝情報を持ったXが二つそろうことは滅多に無いため、女の子は血友病を発現しにくいのです。でも男の子はXが一つ、そして一つの場合はその情報はそのまま発現されるという仕組みがあり、そのため血友病はXY染色体を持つ男子に現れるのです。

 このような性染色体の中に存在し、性別によって発現する遺伝を伴性遺伝と言います。

 

 いよいよ三毛猫の話です。ネコの体毛の色は大きく白・黒・茶ですが、白に関する遺伝情報は常染色体に存在します。ペアの染色体の持つ遺伝情報の組み合わせで、白が出たり出なかったりすることになります。ところが、茶と黒を発現する遺伝情報はそれぞれ性染色体のうちの、X染色体に存在しているのだそうです。

 メス猫の場合、XXは、黒黒・茶黒・茶茶の三通りが考えられます(黒や茶色を発現させないという組み合わせは、ここでは省略します)。このうちの茶黒に常染色体の白の発現が加わると、三毛猫が生まれるというわけです。

 オス猫の場合はどうでしょうか。Xを一つしか持たないオスは、黒または茶です。白の発現が加わったとしても黒白または茶白にしかならないわけです。これが三毛猫にはほとんどオスがいないという理由なのですが、お分り頂けましたでしょうか。

 ところが、極々まれにですが、オスの三毛猫が生まれることがあるのだそうです。

 例えば、減数分裂が正常に起きず、XXYという性染色体を持った猫が生まれたりします。性の発現はオスです。Yを持っているので。そして、二つのXが茶黒で白の発現も加わると、あら珍しい、オスの三毛猫の誕生です。でも、(数日前の拙ブログでバナナやミョウガを例に「三倍体」の説明をしましたが)このような奇数の性染色体を持った個体の場合、子供を作ることは出来ないのだそうです。

 ところがところが、本当に生物の発生や遺伝というものは不思議に満ちているものです。

 極々、極々まれに、減数分裂の過程の中で、X染色体の毛の色の情報がY染色体の中に入り込むこともあるのだそうです。その情報とX染色体の情報、そして白が加わわると、生殖能力のあるオスの三毛猫が生まれることがあるそうなのです。もちろん、その確率は大変大変低いものです。

 

 以上のことからお分り頂けますようにオスの三毛猫は非常に希少なのです。さらに「幸運を呼ぶ」という言い伝えも加わり、とんでもない値段で取引されることもあるとか。1000万とか2000万といったニュースもあったそうです。

 つまり、重されるということですね、オスだけに。では。