おばあさん見習いの日々(ダジャレ付き)

1961年生まれ。丑年。口癖は「もう!」

お盆とタバコ

 しばらく前の拙ブログで『刑事コロンボ』をみていることを書きました。そして、ドラマの登場人物達がいつでもどこでもタバコ(葉巻)をすっていて、昭和まではタバコが完全に市民権を得ていた、そのことに改めて驚いたと書きました。

 

 ちょっと前テレビで、映画『猿の惑星』をみました。一番最初のやつです。映画の始まりは、いよいよ地球への帰還、これから自動操縦に切り替えるというところでした。船長以外の乗員は既に睡眠状態にはいり、最後の操作を終えた船長もいよいよ睡眠カプセルに入ろうとする場面です。(ここも不思議といえば不思議、帰還という最も緊張を要する瞬間に寝ているなんて!だからあんなことに)

 その最後のセッティングを行う船長ですが、ずっとタバコをくわえたままなのです。宇宙船の中でタバコって・・・。驚きのシーンでした。

 『猿の惑星』と言えば、その奇想天外なストーリーもさることながら、なんと言っても有名なのはあのラストシーンですよね。映画史に残ると言ってもいい、印象的なシーンです。そんな素晴らしいストーリーやシーンを思いつく映画制作者達、つまり素晴らしい想像力の持ち主達でさえも想像も出来なかったのが、今日のタバコを巡る状況なわけです。

 彼らにはタバコが悪者の未来なんて想像の外、猿が支配する世界以上にあり得ないことだったのでしょう。逆に、私が『猿の惑星』の喫煙シーンに驚いたのは、自分が2020年に生きていて、昭和とは大きく扱いが違ってしまった今の状況を知っているからに他ならないわけです。

 

 先日、やはり拙ブログにて今週のお題の「夏うた」というテーマで、井上陽水の『なぜか上海』を紹介しました。Youtubeを貼ったのですが、その動画の陽水氏がタバコをくわえているわけです。

 もの凄く昭和を感じました。タバコの持ち方、タバコの短さ(とても億万長者とは思えない)、タバコをすうことに対する当たり前感。昭和の中年男ってこうだったよなあ、なんだろう、私の感じたものは。郷愁って奴?

 

 昭和5年生まれの父は、10年以上も前に亡くなりました。晩年はタバコは止めましたが、その昔はヘビースモーカーで、一日二箱ぐらいすっていたと思います。

 私の記憶では、ずっとずっと前は何か別な銘柄をすっていて、それが生産終了になって「ハイライト」にかえました。「ハイライト」時代は長かったのですが、いつの間にか「セブンスター」にかえていて、気付いたときはちょっとビックリしました。「セブンスター」はもっと若い人向けというか、なんとなく都会風な感じもして、父には似合わないように思いました。一生すい続けるのだろうと思っていたら、病気をしたこともあって、意外にあっさり止めました。

 思い出してみれば、「ハイライト」をスパスパふかしていた頃が、自営業をしていた父の人生のハイライトだったような気がします。

 「今日も元気だタバコがうまい」という、今だったら考えられないようなタバコのキャッチコピーがありましたが、一面真理ではあったのかもしれません。

 

 最近、お笑い芸人の千鳥・大悟氏が「タバコはかっこいいからすうのだ」と発言し、賛否のうちの否の方が圧倒的に多い状況になっているようです。「タバコをすう姿」がかっこいいかどうかは「人による」部分も大きいと思うので、私はふれません。

 時々よそのお墓や、それからお仏壇にタバコがお供えしてあるのをみる事があるのですが、これはちょっと風情があると思うのです。亡き人の面影がふっと現れそうな気にさせられるというか。

 タバコを供えて貰っている故人は、きっと死ぬまでタバコが止められなかった方なのでしょうから、

 「同じ煙なら、線香の煙よりタバコの方が有り難い」なんてあの世で喜んでいるかもしれませんものね。どうせなら、仏前でならすものも、「チーン」より「ポクポク」の方が喜ばれるかもしれませんよ。モク魚ですからね。では。

 

ひょっとして今更なの?アンジェリーナ・ジョーダンに驚愕するのは

今週のお題「夏うた」

 

 基本「今週のお題」では、そのお題について一つの記事しか書かないのですが、今回は、どうしてもどうしても皆さんに紹介したい歌唱があって、再び「夏うた」をテーマに書くことにします。

 

 最近、Youtubeで『アメリカズゴットタレント(AGT)』等の合格者・優勝者の動画を良くみています。以前からちょこちょこ視てはいましたが、割と同じ出場者のものを繰り返し視ることが多かったのです。(つまり番組ではなく特定の出場者のファンとしてなわけですね)

 ふっと気まぐれが起き、せっかくだからAGTやB(ブリティッシュ)GTの動画をいろいろ視てみようと思いました。そうしましたら、面白いったらありゃしない。先に書きましたように、優勝者や準優勝者などの選りすぐりの動画を視ているのですから、当然と言えば当然なのですが。とにかく、歌やダンスに限らず、欧米のエンターテインメントの裾野の広さと言いますか奥行きの深さといいますか、圧倒されます。

 そしてその中でも、「なんじゃこりゃ-」と腰を抜かしそうになったのが、ノルウェー出身、2006年生まれの女の子(現在は歌手)、アンジェリーナ・ジョーダン。当時、世界中で話題になったと言うことなので、何を今更とお思いの読者もいらっしゃることでしょう。

 で、今、さらっと「当時」なんて書きましたが、その当時とはいつのことかと言いますと、2014年に遡ります。アンジェリーナ7歳。

 何をしたのか。

 ノルウェーズ・ゴット・タレントで優勝したのです。その決勝で歌ったのが『サマータイム』(夏うたでしょ?)。では、お聞き下さい。

 

www.youtube.com

 

 この動画をみながら私の脳内を流れ続けた思考を、ただダラダラと書くことをお許し下さい。

 

 ああ、あれだ。平成の美空ひばりだ!(ノルウェーのひばりと言うべき?)

 戦後の日本人が美空ひばりに衝撃を受けたって、きっとこんな感じだ。何この子?化け物?7歳?これが7歳の声?

 わ、この歌ってるときの表情!これ色気があるとかじゃ無くて、そんなレベルじゃ無くて、なんて言うの!アンニュイ?虚無感?達観?諦観?

 7歳のアンニュイって何?あなた一体、その瞳で何を見て来たというの?あなた本当に現世の存在なの?

 ラストの・・・、ベイビードンッチュークライって、やばっ、涙腺崩壊、涙出る・・・

 ええ、見苦しい文章だって分かってます。でも、この衝撃を伝えずにはいられないのです。

 

 そして、今年6月、AGTのチャンピオン大会が開催され、13歳になったアンジェリーナ・ジョーダンが登場。一回戦で歌ったのはQueenの『ボヘミアン・ラプソディ』です。美空ひばりは「お嬢」でしたが、アンジェリーナはまさにQueenと思いました。

 動画の最初は審査員によるインタビュー、そして歌い終わった後は審査員の講評ですが、子供の成長に目を細める「親戚」の気分で、是非最初から最後までご覧下さい。では。


www.youtube.com

 

『なぜか上海』に寄せて(続きです)

 『なぜか上海』には、「なぜか上海」というフレーズは登場しません。ですので、なぜタイトルが『なぜか上海』なのか、よく分からないのです。

 

 シャンハイという地名はもうそれだけで詩心があるというか、詩心をくすぐるというか、端的に言いますと異国情緒が漂いますね。皆さん、「シャンハイ」と声に出して言ってみて下さい、しゃんはい。(ダジャレ中のダジャレって感じですね。本望です)

 

 私、凄い発見をしたんですよ。ちょっと興奮してます。

 私の電子辞書に入っている「新漢語林」で調べたのですが、日本には音読みでも訓読みでも、「しゃん」という漢字はないんです。よって、「しゃん」で始まる熟語は存在しないことになります。念のため電子辞書の広辞苑で調べたのですが、確かにありませんでした。外来語(シャンデリアとか)は沢山、副詞や擬態語・擬声語は少しありますが。

 「しゃん○○」という日本古来の言葉は無いとなれば、「しゃん○○」という言葉に異国情緒が漂うのも当然でしょう。香菜(シャンツァイ)の香りのように。

 そして上海は、その語感から選ばれるべくして選ばれた、真夏の夜の異国の空気感を体現する街なのです。天才・井上陽水は、自分でもなぜとは分からぬままに、そんな上海を舞台に、あのような神曲を作ってしまったのでしょう。

 「出来ちゃったんですよね~。なぜか上海で~」こんな感じ?

 

 ところで、「シャン」と言えば、昔の学生言葉で「美人」という意味がありますが、そこからの派生語で、「バックシャン」という女性をからかう言葉がありました。昭和の思い出ですね。でもバックシャンたるには、少なくとも背筋がしゃんと伸びているようでなければならないわけで。この年になると、むしろバックシャンは憧れですね。電子辞書であれこれ探している内に、なぜかそんな結論に至ったのでした。では。

 

なぜか夏うたと思う『なぜか上海』

今週のお題「夏うた」

www.youtube.com

 

 まず聞いて!とにかく聞いて!四の五の言わず聞いて!

 いいからささ、ささ、さ、ささっと、きいてえぇ~ ♪

 

 「夏のうた」と聞いて、もうこれしかないというレベルでイチオシの神曲だと思うのですが、聞き直して気付きました。「夏」って言及無いんですけど。季節を表す言葉は一個も出てこないんですけど。でも、夏です。熱帯夜なのです。

 

 この歌に登場する上海は、現在の世界最先端を行く上海市ではなく、かつて「魔都」と呼ばれた(現在でもそう呼ばれるらしいでのすが)あの上海ですね。具体的に思い描くなら、『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』のオープニングに登場する華やかで雑多で混沌とした、あの上海。憧れの上海。この曲を聴くと、想像の旅に連れ出されてしまいます。

 

 井上陽水は、作曲も作詞も歌唱も、全部が「神」なのですが、この曲の、

 

 そのままもそ もそ も もそっとおいで~  とか、

 友達さそ さそ さ さそっておいで~    とか、何?何それ?神かよ!

で、「いいからまそ まそ ま まそっとおいで~」って、「まそっとおいで」って、殿かよ!しかも、「転がるほどにまるいお月さん見に~」って、素敵なおじさまかよ!

 あー、好きすぎて、言葉が過ぎてしまう。ツンをまとったデレですね。魔都・上海だけに。続く。

もももモッツァレラももちろん生ハムも

 親戚から桃がご到来。やったー!

 「桃モッツァレラ」というお料理の名前は聞いたことがあって、でも食べたことは無くて、「一度作って食べてみよう」とかねがね思っておりました。昨日、芋餅で同じような事を書きましたね。

 私はとっても腰の重い質で(その分、口の軽さでバランスをとっています)、あれしたい、これやろうと思っても、実際に行動に移すまでなかなか時間がかかると言いますか、頭の中でこねくり回して終わってしまうこともしばしばなのです。それが、このたびの新型コロナウイルスの登場によって、ほんの少しずつではありますが自分に変化が起きているようなのです。エンジンのかかりが少しばかり良くなったとでも言いますか。人生はいつ何時何が起こるか分からない、やりたいことはやれる時にやらなきゃ、そんなモードに入ることが増えてきたのです。些細なことばかりではありますが。

 

 さて、「桃モッツァレラ」のレシピ検索が済んで、買わなければならない物はモッツァレラチーズとレモンだということが判明しました。早速スーパーへ。ついでにあれとこれも買って、わっ、生ハム三割引き、これは買い。

 家に帰って、さあ、作るぞー!その前にもう一度、レシピの確認と。し、しまった~、レモン忘れた。

 ホントに最近の私の間抜けっぷりときたら。どうなんでしょう?ちょっと不安になるんですけど、59歳なんてこんなものなんでしょうか?(誰か、普通、普通と言って)

 気を取り直して代替レシピを探します。ありました。「桃をスライスして、スライスしたモッツァレラチーズを乗せ、更に生ハムも乗せる。これを交互に繰り返し、オリーブオイル・白ワインビネガー・塩・黒こしょうを振る。ベビーリーフを飾って完成」というものが。ベビーリーフは無かったので割愛。代わりにミニトマトを飾りに添えました。

 ちょっと味の検討はつきませんが、美味しいに決まってます。だって、桃よ。モッツァレラよ。生ハムよ。美味しくないわけがないでしょうが。だいたいね、コストを考えてみて。普段の食卓の何皿分もがこの一皿に乗ってる勘定なのよ。これで美味しくなかったら、出るとこ出るわよ。

 

f:id:takakotakakosun:20200808130401j:plain

 

 大変美味しゅうございました。そうよね、この組み合わせで美味しくないわけがないわよね。これはリピート決定。

 でも、問題が一つあるんです。

 桃でしょ、チーズでしょ、生ハムでしょう。絶対高カロリーよね。「美味しくなかったら出るとこ出る」は免れたけれど、逆に「美味しいから出るとこ出る」と思うんです、お腹とか・・・。困った事になりました・・・。では。

ミシン踏んだり、台所に立ったり

 数日前、何か縫い物をしたいなーと思い、リメイクでバッグを作ることにしました。ずっと若い頃のスカートで、もう履くことは無いけれど柄と布地の質感(綿麻)が気に入っていて、とっておいたものがあるのです。

 いつもダラダラと日を暮らしているくせに、作りたいとなったら矢も楯もたまらず、バタバタと取りかかりました。マグネット式のボタンを付けるデザインで、本当は行程の最初の方で付けなければならないのですが、買って来るまで待てず、「最後に糸で縫い付けよう」と決めミシンを踏みました。今風の電動のポータブルミシンなのですが、フットコントローラーがついています。足が使えると両手が自由になるので、ホント便利です。フットコントローラーですが、足蹴には出来ない存在です。

 バッグは二日ほどで完成しました。二日目の午後、100円ショップにマグネット式のボタンを買いに行くと、縫い付けるタイプはなく、穴を開けて差し込むものだけだったのです。他のお店にあたるのも面倒で、差し込みタイプを購入して帰宅しました。

 結局、マグネット式ボタンを土台布に差し込み、その土台布をトートバッグの内側に縫い付けるという二度手間をして、どうにか完成。

 好きな柄だったのに、バッグにしたら映えないなあ。う~ん、写真をアップするのは止めておこうと、柄にも無く控えめな態度です。

 

 おととい、友達がジャガイモをくれました。

 以前から「一度、チーズ入りのジャガイモ餅というのを作ってみたい」と思っていたので、挑戦することにしました。今は便利なご時世ですね。ネットを探せばいくらでもレシピが、しかも動画つきでみつかります。

 私はレシピを見てお料理するときは、キッチリ計量する方です。イモ餅も、片栗粉や調味料やチーズはしっかり計りました。ところが、肝心のジャガイモですよ。3個(およそ300グラム)となっていたのに、3個なら3個でいいでしょと、なぜか今回に限って計らなかったのです。結構大きいジャガイモでした・・・。

 結果、片栗粉が足りなかったのでしょう。モチモチ感はなく、チーズを包んだマッシュポテトっていう感じでした。美味しいことは美味しかったのですが、出来としては不本意なので、こちらも写真は無しです。

 

 トートバッグといい、イモ餅といい、どうも最近の私は詰めが甘いというか思慮が足りないというか。「太陽のせい」と、ぼけた頭を暑さの故と思いたいのですが・・・。

 ミシンを踏むつもりが地団駄を踏むような結果になったりしないよう、慎重を心がけたいとつくづく思いました。では。

珍獣「バビルサ」

 今日は午後から友達と会う約束があったので、午前中は少し家事雑事を頑張ろうと思っていたのですが・・・。

 ちょっとニュースをみるつもりでつけたテレビの画面に、目が釘付けになってしまいました。映っていたのはこちらの動物。

 

f:id:takakotakakosun:20200805170216j:plain

 バビルサ - Wikipedia

インドネシアの一部の島にのみ生息するバビルサという名前の、イノシシの仲間です。絶滅危惧種。バビルサと言う名前は現地語で、「バビ」は豚、「ルサ」は鹿を意味するのだそうです。

 鼻の上から突き出て自分の頭を突き刺さんばかりに伸びるていのは、上顎の牙なのだそうです。いつからか「牙は最後には頭に突き刺さって死に至る」という話が広まり、「自分の死を見つめる動物」という呼び名がついたとか。大変興味深い生き物ですので、是非、Wikipedia(もちろん他のものでも)読んでみて下さい。

 

 バビルサにつられてテレビを見つめている内にお昼になってしまい、あたふたとご飯を済ませ、車で迎えに来てくれた友達と弘前公園へ。今日は弘前公園ウオーキングし、その後、公園近くの藤田記念庭園内にあるカフェで、かき氷を食べようということになっています。

 公園内の桜の木の深い緑を惚れ惚れと眺めたり、蓮の花のピンクにうっとりしたり。友達は「鴨が大きくなった」としきりに感心していました。一時間ほど歩き、まるで事件の犯人がアリバイ作りを終えたかのように、「運動した、運動した」とカフェに向かいます。友達は初志貫徹で「マンゴーミルク氷」、私はなぜか急に心変わりがおこり、「和風パフェ」をそれぞれ注文しました。

 

f:id:takakotakakosun:20200805174008j:plain
f:id:takakotakakosun:20200805174048j:plain
友達のマンゴーミルク氷と私の和風パフェ

  目の前に「和風パフェ」が置かれた瞬間、これはとんでもないカロリーだと悟りました。いや、まあ、悟ったというかなんというか、分かってはいたのだけれどもさあ・・・。勿論、完食。友達も当然ペロリ。

 

 帰りの車中、友達が言いました。

 「年のせいか、全然体重が落ちないの。どうしたらいい?」

 ああ、口とは悲しい器官ですね。マンゴーミルク氷を食べた舌の根も乾かぬうちに、その同じ口から発せられるこの言葉。でも、その気持ち痛いほどわかるよ、友よ。私なんか、選りに選って「パフェ」だよ、餡子たっぷりの。何のためのウオーキング

 

 初めに書きましたが、バビルサは現地語で「豚」・「鹿」という意味です。ひょっとして私たちって、日本語という現地語では「馬」・「鹿」なのかな?

 せめて「自分の非を見つめる」ようでありたいものです。では。