おばあさん見習いの日々(ダジャレ付き)

1961年生まれ。丑年。口癖は「もう!」

「いのち」頂きました

 先日来客があり、お土産に弘前市のお菓子メーカー「ラグノオささき」の人気商品「いのち」を頂きました。

いのち(アップル5個&抹茶5個)

 

 「いのち」はフワフワのスポンジのなかにカスタードクリームとジャムが入っておりまして、コロンと丸い形も愛らしいお菓子なのです。全国的に有名な仙台銘菓「萩の月」にちょっと似ています。私の個人的嗜好としては「いのち」に軍配があがります。「萩の月」はちょっと香料が強すぎる気がするので。あくまで個人の感想ですが。

 

 そもそもこのお菓子がなぜ「いのち」という不思議なネーミングなのかと言いますと、それはNHKの大河ドラマに因むからなのです。

 昭和61年、脚本橋田壽賀子、主演三田佳子で放送された第24作目の大河ドラマ、それが「いのち」です。このドラマは青森県弘前市が主要な舞台となっており、それに乗っかってと言いますかあやかってと言いますか、生まれたのがカスタードケーキ「いのち」なのです。そして、現在でも人気商品としてリニューアルを経ながら販売され続けているのです。また、主人公・未希にちなんだリンゴ「未希ライフ」という品種も誕生したのですが、こちらはあまり見かけない気がします。

 

 ほとんど時を同じくしてうまれた「いのち」と「未希ライフ」ですが、その後に辿る運命はそれぞれで、当たり前の事ですが、先のことは分からないわけです。大河ドラマの主役という、女優として大成功を収めていた三田佳子さんだって、その先に母としての苦渋の日々が待っているなんて、全く思いもしなかったことでしょう。

 世間ではTwitter四コマ漫画の「ワニ」が話題のようですが、明日のことは分からないということが、本当に身につまされる今日この頃です。

 と同時に、改めて「命」というものについても考えさせられるこの頃なので、「いのち」についても考えてみたのでした。

 

 また、この記事を書くに当たり、Wikipediaの「ラグノオささき」のページを読んでみました。そうしましたら、次のような記述があったのです。

 

 社名の由来は、「酪農」の津軽弁訛りであると誤解されることが多いが、実際はエドモン・ロスタン作の戯曲シラノ・ド・ベルジュラック」に登場する菓子職人の名前、ラグノー(ラグノ、ラグノオ)から。

 

 そ、そんなあ~、「酪農」の津軽弁訛りで「ラグノオ」なんて、そんな誤解してる人、います?いませんよね。いないと思いたいです。知らの存ぜぬで。では。

 

酔桜(すいざくら)?

 芙蓉という花がありますが、その一種に酔芙蓉(すいふよう)というものがあります。朝は真っ白に咲いた花が、日中だんだんピンク色を帯びていって、夕方にはすっかり桃色に。その様がまるでお酒によって頬を赤く染めているかのようだということで、その名がついたのだそうです。

 

 剪定した桜の枝をもらい、水に挿していたら見事に咲きましたよと、拙ブログで報告しました。二日ほど前まで、真っ白に咲いていました。桜はうっすらとピンクに咲くのが普通だと思っていたので、真っ白の花びらにはちょっと驚きました。室内で咲かせたからこんな色なのかな。でも、これはこれでなかなかいいじゃない、そんな風に楽しんでいました。ところが、少しずつ少しずつ、花びらがピンクがかってきたのです。

f:id:takakotakakosun:20200319181607j:plain

 不思議~。花はそろそろ散り際かなと思うので、散る前にどこまでいわゆる「桜色」に変わるのか楽しみです。

 

 不思議と言えば、そもそも植物はなぜ水を吸い上げるのか、疑問に思われたことはありませんか。「植物が水を吸う」と何気なく表現しますが、どの様な「力」が働いて水を上昇させるのでしょうか。

 私は「毛細管現象」という言葉は知っていて、漠然と理解しているつもりになっていたのですが、今回ネットで調べてたところ、けっこう難しかったのです。が、ちょっと頑張って簡単に説明してみたいと思います。

 植物が水を吸い上げるのに、「毛細管現象」が関係しているのは間違いありません。水は細い管の中を上ろうとする性質があるのですが、その管が細ければ細いほど、高く上る事が出来るのだそうです。植物においては「道管」と呼ばれる器官がその役目を担っています。切り花においては、この道管に空気を詰まらせないように切ることが大切なわけです。

 でも、土に育つ植物の場合、まず最初に水を吸うのは「根」ですね。「根」が水を吸う場合には、「浸透圧」というものが関係するのだそうです。回りの土壌よりも根の中の方が、色々な物が溶け込んでいる分「濃い」わけです。そこで、水は同じ濃度になろうとして「根」の方に移動していくということになります。これを「浸透圧」と言います。多分。

 根から吸収された水は道管を通って、上へ上へと上がっていくことになります。ところが、「毛細管現象」で上がることが出来る高さには限界があるのです。それはおおよそ10メートルほどだとか。でも、大木と言われるような木には、数十メートルを越えるような物もあります。そんな高さまでどうやって水を運ぶのか?

 今度は「蒸散」というものの出番となります。道管を通って運ばれてきた水は葉っぱから盛んに蒸発していきますね。

 ここから、ちょっと分からなくなったのですが、下からの水に比べて上の方の水は「濃く」なるわけで、そこで、ここでも「同じ濃度になろうとする水の流れ」が起きるという説明もありました。また、蒸散によって圧力が低くなり、下からの水を引き上げるという説明もありました。いずれにしろ、この下から上に向かう植物内の水の流れを「蒸散流」と言うのだそうです。

 

 どうでしょう?つたない説明ですが、面白さは感じていただけたでしょうか。ちょっと私の手には余るかなあと思ったテーマだったのですが、挑戦してみたいと思いました。

 書き終わって、胸がすうっとしています。「読み終わって、どうかんです」と言う方がいらっしゃったら、とっても嬉しいのですが。では。

贅沢をしようと思う

 コロナで自粛の日々ですね。

 私も3月は東京に遊びに行くつもりでいたのですが、見送りました。そのうえ、どうしても自宅にこもりがちなので、お金が余ってしょうが無い・・・ということも無い(笑)。でも、旅行で使おうと思っていたヘソクリはあるわけで、どうしよう?何に使おう?それとも貯めとく?結論は、思い切って贅沢することにしました。

 そして悩んだ末、購入したのがこちらです。

大栄産業 スタンドタイプ アイロン台 【スタンド型・高さ調節機能・アイロン置き台付き・畳んで置ける棚付き・ハンガーフック付き・コンパクト収納・熱効率抜群で省エネ! 】 NSB-6HF

 スタンドタイプのアイロン台です。なぜこのアイロン台の購入が贅沢にあたるのか。説明したいと思います。理由は三つあります。

 ①アイロン台は既にもっている

 ②価格が約6,000円と、アイロン台にしては高額である

 ③アイロンがけは、ほとんどしない

どうです?特に三番目の理由。ほとんど使わない物を買う。これ以上の贅沢あります?しかもアイロン台は持っているというのに。なのになぜ買ったのか?

 最近、縫い物(洋裁)をしているのですが、綺麗なできあがりを目指すには作業途中のアイロンがけは必須なのです。腕の未熟さをカバーするため、せめてもアイロンはまめにかけようと思うのですが、正座してアイロンを使うと膝と腰がつらいのです。特に、終わって立ち上がるとき、「あ、痛た~」とよろめく様は完全におばあさん。この痛みから解放されて楽しく洋裁が出来るなら、6,000円は安いもんじゃないか。それに、いいアイロン台を使えばアイロンがけも好きになって、もっとしばしばアイロンを使うようになるかもしれないし。

 

 ということで、半ば自分に言い訳をするようにして買ったスタンド式アイロン台。

 洋裁の腕は今ひとつの私だけれど、いい道具を使えば腕前だってジョジョに上がるかもしれないし。なんと言ってもスタンド使いになったのだから。楽しみながら頑張りたいと思います。では。

 ※今日のダジャレは年配の方には難しいかも。分からない方は若い方に聞いてみて下さいね。

 

花芽(はなめ・かが)とつぼみ

 我が家のリビングには満開を迎えた桜の枝があります。弘前市総合運動公園で剪定したものを、運良く頂くことが出来まして、その際、職員のお兄さんから、

 「小さい芽は葉っぱだから、大きい芽の、花芽(はなめ)がイッパイついているのを選べばいいよ」と教えてもらいました。なるほど、なるほど、花芽の多いやつね。ちなみに、葉っぱになる芽は葉芽(はめ・ようが)と言います。

 その時点では、私の頭の中では「花芽」と「つぼみ」の区別が明確ではなく、花芽が膨らめば「つぼみ」になり、やがて花開くのだろう、ぐらいに考えていました。でも、その考えはちょっと浅はかでした。

f:id:takakotakakosun:20200312173340j:plain
f:id:takakotakakosun:20200315135139j:plain

 左は「花芽」の状態です。そして、右の写真をじっくりご覧下さい。一つの花芽から複数の「つぼみ」が顔を出しているのがお分かりいただけるかと思います。私の観察したところ、一つの花芽からは五つのつぼみが出るようです。

 この「五つのつぼみ」からハッと思い当たったのが、昨年体験した「リンゴの実すぐり」でした。

chokoreitodaisuki.hatenablog.com

 上の記事に書きましたように、リンゴも花芽には五つの花がかたまって咲くのです。そのため、最も生育の良さそうな一つの実だけを残す、「実すぐり」という作業が必要になるのです。

 そういえば、リンゴも桜も「バラ科」の植物です。同じ「科」の植物は同じ花のつき方をするのだなあと、当たり前のことに妙に感心し、嬉しさがこみ上げました。

 それはきっと、本で知ったからではなく自分で「発見した」からこその「知る喜び」があったからなのでしょう。ちょっと嬉しさに浮かれたのですが、羽目は外さないようにしたいと思います。剪定枝を選ぶ際には葉芽は外しましたが・・・。では。

 

サイタ、サイタ、サクラガサイタ

 剪定した桜の枝をもらい、花瓶に挿していたら・・・、咲きました~。

 しかも、今回のこの記事、私のブログ500個目の記事という記念の回なのですが、それに合わせるかのように咲いてくれたのです。

f:id:takakotakakosun:20200315100341j:plain

 

  さあ、500回記念の記事、何を書きましょう。いろいろ考えも巡らせたのですが、ここはやはり私らしさ満開で行きたいと思います。初心忘るべからずです。

 

 数日前の記事で「最近は縫い物もやっています」と書きましたが、あれからウエストゴムの簡単なズボンに挑戦し、完成までこぎ着けたのです。写真をご覧に入れるほどの物ではないのですが、しばし完成の喜びに浸っております。

 なぜズボンに挑戦したのか。それはほら、よく言うじゃ無いですか。

 「ズボンのことはズボンでしなさいって」・・・。では。

 

毎日のニュースが恐ろしい

 この写真は2月14日、JR弘前駅で撮影したものです。紙製の「絵馬」が大きなリンゴ一面に貼られていました。「なんで、えま頃なの?」とおっしゃらず、お読み下さい。

f:id:takakotakakosun:20200214144909j:plain

 この日は単身赴任先から帰る夫を迎えに行きまして、少し早く駅に着いたので、こちらの「絵馬」をじっくり読ませていただいたのです。

 2月という時節柄そして必勝祈願ということで、ほとんどが「合格祈願」のものでした。高校受験や大学受験、国家試験や資格試験など、自分自身の合格を祈るものから、家族・先輩、なかには「弘前市内の中学生皆が」といった自分以外の誰かのために祈るものまで、さまざまな願いの形がありました。

 そして、それら日本人の願いに混じって、外国からの旅行者が書いたと思われるものもいくつか見受けられました。英文で書かれたものも漢字で書かれたものもありましたが、「これは外国の方が書いたものだ」とすぐに見分けがつくのです。なぜなら、「願い」の内容が違いすぎたから。

 こちらのズームをご覧下さい。

f:id:takakotakakosun:20200214144910j:plain

香港人は今人道主義に背く災難と立ち向かっています Fight for HK」と書かれています。「光復香港」と書かれたものも何枚か目に入りました。

 

 帰ってきた夫と駐車場に向かいながら、次のような話をしました。

 「願い事が自分の身の回りのことって、平和だってことだよね。日本って幸せな国だよね」

 皮肉でも何でも無く、本当にそう実感していました。

 

 あれから一ヶ月。もしも今「神様への願い事を書いて」と言われたなら・・・。本当に人生、一寸先は分からないものです・・・。では。

豆苗の春

 3月4日から育て始めた私の豆苗、こんなに育ちました。

f:id:takakotakakosun:20200306132556j:plain
f:id:takakotakakosun:20200312151225j:plain

 そろそろ収穫時でしょう。ネットで見つけた『みょうたま』にしてみました。

f:id:takakotakakosun:20200312170847j:plain

 微妙な出来でした。私は豆苗のニオイがあまり好きではないということが判明しました。前回のガーリック炒めのような、豆苗自体のニオイが気にならなくなるような調理法が合っているようです。

 

 豆苗が育っていくのを毎日眺めながら、植物の生命力に感嘆していました。さらに、我が家の居間には、、水に挿された桜の枝もありまして。こちらもつぼみが日に日に膨らんでおりまして。居ながらにして春の訪れと言いますか、「命芽吹く春」を感じている次第です。

f:id:takakotakakosun:20200312173340j:plain

 最近は暗いニュースが続く中、こういう「小さな命のきらめき」といったような、ささいな出来事にも喜びを感じたり、かなりナーバスになっているのかもしれません。

 

 3時過ぎに、郵便受けをのぞきに外に出てみました。とても3月とは思えない暖かさで、早くに雪も消えたせいか、我が家のわずかばかりの「土」の部分に、もはや雑草が顔を出していました。

 「雑草ってたくましいなあ。3月の青森県で葉を伸ばすなんて」

 そんな風に少しの間感心していたのですが、その少しの感心の後に私がしたのは「草引き」です。先手必勝、草引きの極意は「根の張らないうちに」ですからね。もともと狭い地面なのであっという間に終わりました。

 小さな命?雑草のたくましさ?そんなものは人間の都合・おばさんのたくましさの前では吹き飛んでしまうのです。

 コロナウイルスでナーバスになるなんて柄じゃありませんね。毎日の生活を淡々と送りたいと思います。これからも雑草には無慈悲な根こそぎ攻撃をしながら。へいじょう心ってやつですね。では。