おばあさん見習いの日々(ダジャレ付き)

1961年生まれ。丑年。口癖は「もう!」

よろめく年頃かも

 ここ青森は本格的に寒くなって参りました。そんな昨日の朝の事です。

 同僚Eさんと玄関で一緒になりました。私より少し年下の女性です。内履きに履き替えようとしていたEさんが、「あ、よろめいてしまいました」と、恥ずかしそうに言いました。普通です。大丈夫です、足元のよろめきぐらい。

 その時、彼女と交わした短い会話です。

 私  「そういえば、昔、『よろめきドラマ』ってありましたよね」

 Eさん「ありました、ありました。懐かしいですね」

 私  「死語、なんですかね?」

 

 お若い読者もいるかもしれないので、ちょっと説明しますね。『昼ドラ』は分かりますよね。お昼の時間帯に放送される、主婦向けのテレビドラマのことです。その昼ドラのうちでも、ドラマチックな恋愛ものは『昼メロ』と呼ばれます。昼のメロドラマの略ですね。そして、昭和3、40年代、昼メロのうちでも、「不倫」をテーマにしたものは、『よろめきドラマ』と呼ばれたのです。その嚆矢でもあり、また、そう呼ばれるきっかけともなった作品が、昭和32年に発表された三島由紀夫の小説『美徳のよろめき』です。映画化・ドラマ化もされました。

 『美徳のよろめき』って、なかなかインパクトのあるタイトルですよね。「不倫」という言葉には、悪いと分かっていながらという、理性が介在する余地がありますが、「よろめく」にはその余地がないですものね。よろめこうと思ってよろめくのではないのですから。意志とは無関係によろめくのです、下足箱の前のEさんのように。

 って、ほんとかいな。『美徳のよろめき』は未読なので、タイトルの印象だけで書きました。今度、ちゃんと読んでみたいと思います。

 

 ところで。アメリカにも『昼ドラ』があるんです。こちらは英語では『ソープオペラ』と呼ばれます。『石けん歌劇』の意味です。やはり主婦層をターゲットとする放送時間帯であるためか、スポンサーが、石けん(洗剤)の会社であることが多く、そう呼ばれるのだそうです。

 この、『ソープオペラ』をパロったタイトルと思われる小説がこちら。

 

スープ・オペラ (新潮文庫)

 

 そういえば、阿川さんの御結婚相手、お友達のご主人だったそうで。よろめいちゃったのね。

 

ダジャレも好き。パロディも好き。

 ずいぶん昔から、私の心に住み着いて離れない、珠玉の「パロディ」、私的ベスト・スリーをご紹介したいと思います。

 

その1 

 田辺聖子という作家はご存知ですか。昭和50年代、若いOLさんに大人気でした。私自身はあまり読んでいないのですが。

 ちょうどその頃、日本で公開されたアメリカ映画に『ポセイドン・アドべンチャー』という大作がありました。また、1979年には、『ポセイドン・アドべンチャー2』も公開されました。そして、時を置かず発売されたのが、

田辺聖子著、

お聖どん・アドベンチャー (1980年) (集英社文庫)   1980年

 笑いました。未だに鮮明に覚えているのです。本のタイトルでここまでふざけていいのかという、私にとっては大変なインパクトでした。買ってませんが。

 

その2 

 昨日の記事に書きました、ブラッド・ピット主演のセブン・イヤーズ・イン・チベット』、1997年12月、日本公開。

 翌1998年、約7年振り山下達郎のCDが発売されました。

 

COZY [12 inch Analog]

 

 こちらのCDのポスターに使われたコピーが、

 セブン・イヤーズ・ちょびっと。7年振りですものね~、ファンのみんなお待たせ~。(私は買ってませんが)

 

その3 

 「人間だもの」といえば、相田みつを先生。独特な書体で一世を風靡。現在でも人気ありますよね。カレンダーなんか見かけますもの。こちらを堂々パロったのが、

 

  清水ちなみ

   『にんじんだもの』

  残念ながら画像はみつからず。 

 

 続編のいんげんだもの』は、画像ありました。

いんげんだもの

 ホント、笑わせていただきました。買ってもいないのに。

 

 いや~言葉遊びって、ほんとにいいもんですね。それでは、サヨナラ、サヨナラ。

水野晴郎御大と淀川長治御大のパロディでしめてみました。分かった方は同年代ね)

 

 

 

ダライラマ14世とブラピ

 ダライラマ14世が来日中というニュースをラジオで聞きまして、思い出しました。

 数年前に東京・お台場のマダムタッソー蝋人形館で、ダライラマ14世の蝋人形を見たときのことです。

 「オーラ」が出てたんです。

 信じられないでしょう?私も今でも不思議でしょうがない。そもそも、私は「オーラ」というものの存在は信じていないのですから。勿論、比喩表現としては、しばしば用います。「オーラが凄い」とか「オーラを感じる」とか。でも、それらは、「存在感がある」とか「凄み」「迫力」があるとか、あるいは「非常に魅力的」といったことの言い換えとして使っているだけです。

 ところが、ダライラマ14世の蝋人形を見たときは驚きました。「オーラが見えた」と思ったんですよ。しかも、本人ではなく、蝋人形であるにもかかわらずです。あまりに驚いて、写真を撮り忘れてしまったほどです。残念です。

 かわりに、映画「セブン・イヤーズ・イン・チベット」で、若き日のダライラマ14世と交流する、オーストリア人登山家の役を演じたブラッド・ピットの蝋人形の写真をどうぞ。

 

f:id:takakotakakosun:20181113192448j:plain

 

 このブラピの隣には、アンジェリーナ・ジョリーの蝋人形が並んで立っていました。当時は。今はどういう配置になっているんでしょうかね。

 蝋人形になるほど仲睦まじかった夫婦の関係も、ダメになる時はろうそくの炎が消えるように、儚く消え去るものなんでしょうね。もはや愛はちべっとも残っていないのかしらね・・・。

教皇が離婚を認めなくったって、奥の手があるさ

 今日は、フランス国王、ルイ12世(在位1498~1515)の離婚についてです。

  ルイ12世は、元々王家の血筋ではありませんでした。ルイ11世の娘と政略結婚しており、11世の後を継いだシャルル8世の義兄ということになりました。ところが、そのシャルル8世が男の子のないまま逝去。タナボタ式にルイ12世が誕生しました。もう、恐いもの無しです。

 さて、シャルル8世の未亡人ですが、美人の誉れ高いうえに、ブルゴーニュ公領という莫大な財産を持っていました。ルイ12世が何を考えたか、もうお分かりですね。王妃と離婚して、未亡人と再婚すれば労せずして領地ゲット、僕ちゃん頭いい!です。

 ところが、カトリックでは離婚は禁止です。神が結んだ絆を人の勝手で解消することは出来ない。ではどうするか。ちゃんと抜け道があるんですね。

 離婚ではなく、「結婚の無効」を、教会に、国王の場合は、教皇に認めて貰えばいいのです。例えば、知らないで結婚しちゃったけど、近親でしたとか。無理矢理に強制された結婚でしたとか。結婚は完成していません(まだやってません)とか。「無効」、そもそも結婚が成立していないので、「離婚ではない」という理屈なのです。

 でも、ちょっと待って。「近親婚」だけど、庶民ならともかく、王家や貴族など、家系のしっかりした人達が、知らずに近親婚はありえないでしょ?皆が知ってるのに近親婚してるでしょ?現にルイ12世夫妻は近親婚にあたるのです。なぜ可能だったのか。これも、教皇から「特免状」を貰えばいいのだそうです。「必要は発明の母」とは言いますが、人間の知恵って凄いですね(笑)

 さて、ルイ12世ですが、王妃との結婚は無効が認められ、お望み通りに未亡人との再婚も叶いました。

 こちらについては、佐藤賢一著「王妃の離婚」という直木賞受賞の小説が大変面白いので、興味のある方は是非。

  

 もう一人、結婚の無効を教皇に願い出、却下された国王がいます。イングランド国王、ヘンリー8世です。

 

chokoreitodaisuki.hatenablog.com

 教皇に願いを聞き入れて貰えなかったヘンリー8世はどうしたか。

 ようし、分かった。自分の思うとおりにならないカトリックとは縁を切る。私は私の教会を作り、そのトップとなる。そしてやりたいようにやる。

 こうして誕生したのが「イギリス国教会」です。まさに、キョウコウ手段ってやつです。

  ちなみに、ルイ12世は再婚相手が死亡後、このヘンリー8世の妹と再再婚しています。

 

 さて。

 今日の記事を書こうと思ったのは、日曜日に見た映画「ボヘミアン・ラプソディ」のワン・シーンが妙に心に残ったからです。

 映画のクライマックスは、「バンド・エイド」のコンサートシーン。「皇太子夫妻のご入場です」のアナウンスと共に、小さく映ったチャールズ皇太子とダイアナ妃。

  Queenのステージをみていた皇太子夫妻だったお二人。歴史的ワン・シーンっていう感じがしましせんか。私達、いつの間にか、歴史の証人ってやつになってたんですねえ(遠い目)。

 

 

「ボヘミアン・ラプソディ」見ました

 下の記事に書いたように、楽しみに待っていた映画「ボヘミアン・ラプソディ」。見ましたよ~。

chokoreitodaisuki.hatenablog.com

 

 う~ん、何て言うか、Queenのファン以外にはイマイチかな。こうさ、もっとさ、ヒューマン・ドラマとしての深みっていうか、もうちょっと登場人物の内面に迫ってくれないと、ただのミュージック・ビデオやコンサートのメイキング・ビデオをみてるような、そんな感じでした。

 

 でも、私は満足しましたよ。前にも書きましたが高校時代は「そこそこファン」でしたから。ファンは楽しめますよ。なんたって音源は本物のQueenだし、役者さん達も頑張りました。

 以下、Queenのファン以外は、なんのこっちゃです。

 特筆すべきはブライアン=メイ。役者の仕事は「モノマネ」じゃないんだから、似てるって言うのは、必ずしも褒め言葉とはならない。そうは思っていても、「似てる、そっくり」の嬉しさは抑えられない。見た目も似てるんだけど、佇まいというか、あの静けさをまとったオーラまで似てるの。背も高くて、完璧、ブライアン=メイ。

 ロジャー役の可愛らしくも美しいお顔も良かった。あの「女装PV」でのガチ可愛いロジャーまで再現してくれてました。ジョン役も、暖かくも影の薄い感じが良かったです。

 

 さて。問題はフレディ役ですよ。難しい役だったと思います。頑張ったと思います。でも、ほんとにしょうがない、本人のせいではない事なのですが、二点、どうしても納得できないことがあるんです。

 一点目は、前歯。そりゃあ、フレディと言えばあの歯ですよ。「葉っぱのフレディ」ならぬ、「出っ歯のフレディ」ですよ。でも、いくらなんでも、あの前歯、大き過ぎるでしょ。フレディ、あんなに出っ歯じゃありません!

 二点目は、これはもう、ホントに難癖だとは重々承知ですが、身長です。

 フレディ=マーキュリーって、もの凄くプロポーションがいいと思いませんか。長身で、足が長く、小さいお尻に広い肩幅、バランスのいい首の上に乗った小顔。そして、長過ぎ一歩手前の腕。だからシルエットが修正無しでオッケーな美しさだし、彼の超独特な衣装も、あのプロポーションだからこそ着こなせるんです。ランニングシャツで8万人の前に立てます?「全身タイツ」を着こなす男、他にいます?

 頑張った役者さんにはホント申し訳ないけど、「小さいおっさん」と私の目には映ってしまったのよ~、残念。

 

 さて。気を取り直して。

 これから見に行こうかな~と思っている方、まず、オープニングが、いきなり気が利いてるの。それから、フレディの声が若々しくて、それもまた感慨深い。あー、自分、年をとったんだなーなんて、いろんな意味でしみじみきちゃいますよ。私なんかの感想に惑わされず、どうぞご自分のQueen体験、してきて下さい。

 

 ※蛇足 私の故郷には昔、「喜楽園(きらくえん)」という喫茶店がありまして、上の記事で書いたS子先輩が廊下で、「キラークィーン♪」と歌うと先輩のクラスの男子が「お前は喜楽園に行きたいのか?」と突っ込んでいました。懐かしい・・・。

 

 

化け猫の見分け方

 前回・前々回と「猫」について書いているうちに、昔、母から聞いた「化け猫の見分け方」を思い出しました。

 

 戸をあける猫は普通だけど、開けた後、ちゃんと閉めていくようになったら、それは化け猫、だそうです。成る程ね。

 

 この話にヒントを得て思い付いた、「怖~い小話」を一つ。お付き合い下さい。

 

 「おばあちゃんが、面白いこと教えてあげる。あのね、猫が戸を開けた後、ちゃんと閉めていくようになったら大変だよ。それは化け猫だからね。

 えっ、おばあちゃんちのタマは閉めていくって?まさか。おばあちゃん、一回も見たことないよ。もう50年もタマと一緒に暮らしてるけど。」

 

 如何でしょう?怖さのダメ押しに、はからずも、こんな写真まで持ってました。

 

f:id:takakotakakosun:20181110224539j:plain ニャーに見てるの?

 

クローン猫の不思議 2

 昨日の記事は、下のような思わせぶりな終わり方でした。今日は続きですが、難しい内容になりそうな予感。覚悟して読んで下さい。

 

 さて、この後、番組ではいよいよ、クローン猫が紹介されます。クローンの元になった猫、親猫と呼ぶことにします。まず、親猫の写真が紹介されます。続いて、「こちらがそのクローンです」、そう言って示されたクローン猫(子猫と呼ぶことにします)の写真。

 私達の想像は裏切られます。どんな風に?続きは明日、ではお楽しみに。

 

 そもそも、皆さんは「クローン」というものに、どのようなイメージをお持ちですか?まだまだSFの世界の話?それとも、すぐそこの未来まで来ているテクノロジー

 いずれにしろ、例えば「自分のクローン」と言った場合、自分そっくりの存在をイメージしますよね。なので、昨日の文章では、親猫・子猫と表現しましたが、正確には「年の離れた一卵性双生児の弟または妹」ということになるのです。普通の兄弟や二卵性双生児の間では、遺伝子=DNAが異なります。が、一卵性双生児の場合は一個の受精卵から二人の人間が出来たのですから、DNAは全く同じです。この、全く同じDNAを持つという点がクローンの特徴と一致するのです。

 

 クローン技術で作られた最も有名な動物は羊のドリーでしょう。その後も、何種類かの哺乳類のクローンが作られています。猫のクローンも2匹作られました。

 

 最初に作られたクローン猫の名前は「CC」。カーボンコピーの略ですが、コピーキャット、クローンキャットの意味もあるのだそう。これはうまい名付けですね。

 CCは白地に灰色の「トラ猫」です。ところが、「親猫」は白地に茶色、黄褐色、金色の斑点模様の三毛猫だったのです!

 なんで~、同じDNAを持つなら、同じ模様の猫になるんじゃないの?ここにもまた、猫の毛の色の特別さ・不思議さがあるのです。

 

 DNAは生命の設計図、生物はDNAの通りにつくられるものだ、そんな風に思い込んでいました。皆さんもそうじゃないですか。ところが、最近では、DNAの設計図自体は変わらなくても、外的要因によって、微妙に出来上がりは違うものになるという仕組みが明らかになってきたのだそうです。これをエピジェネティクスと言います。興味のある方はググッてみて下さい。私流に簡単に説明させていただきますと、

 同じレシピで、レシピ通りにお料理を作っても、人によって出来上がりはマチマチといった感じです。

 話を「CC」の毛色に戻します。「CC」のDNAは親猫と完全に一致しています。しかし、猫の毛色の発現のメカニズムは非常に複雑で、ちょっとした外的要因によって、簡単に変化してしまうのだそうです。そのため、「CC」は、親猫とは全く異なる姿になったのだそうです。そしてこの、メカニズムが複雑で変化しやすいという性質が、猫の毛色のヴァリエーションの豊富さ、同じ三毛であっても柄が違うといった個体差を生むことになるのだそうです。

 

 二日にわたって、猫の毛色の不思議さに関する長い話を書きましたが、ご理解いただけたでしょうか。皆さんに、「へー」と思っていただければ、大変嬉しいです。

 お付き合い有り難うございました。皆さん、ごくろ~ん様でした。