おばあさん見習いの日々(ダジャレ付き)

1961年生まれ。丑年。口癖は「もう!」

私は「西洋かぶれ」なのかも

 一昨日の記事で、住んでみたい憧れの街として、ローマをあげました。

 また、昨日の記事では漫画『おれは直角』について書きましたが、『おれは直角』には、北条照正という、代々城代家老を勤めている立派な家柄の跡取りが登場します。Wikipediaでは、長崎で蘭学を学んだ彼は、「西洋かぶれ」と表現されています。

 ハッとしました。ひょっとして私って、「西洋かぶれ」なのかも?

 

 海外旅行といっても数えるほどしか経験はなくて、テレビで楽しむことが主なのですが、外国、特にヨーロッパの「石の文化」はワクワクします。

 かつて日本の建築物は西欧人に、「日本の家は木と紙で出来ている」と驚かれた、というような記述を何十年も前に目にしたことがあります。確かに、私達にとって木造建築は身近です。反対に、石と言えば、石垣や古い橋などしか見たことがなく、そんな目に映る大理石の大聖堂などは圧巻、言葉を失うほどの衝撃をもって迫ってきます。やられちゃうんですよね~。

 結局は無い物ねだりと言いますか、自分の身近にはないものに惹かれるという、人間の習性のなせる業なのかも知れません。

 ただ、私の漠然とした外国への憧れがいつどのように形成されたのだろうと考えたとき、昔々に読んだ少女漫画の影響も大きいような気がするのです。

 わたなべまさこ先生の『ガラスの城』はイギリス。竹宮恵子先生の『空がすき!』はフランスが舞台。なんたって、主人公の名前がタグ・パリジャンでしたもの。そうそう、フランスと言えば『ベルサイユのバラ』はお約束ですね。

 他にも『ポーの一族』『キャンディ・キャンディ』『カプリの真珠』『エイリアンストリート』、変わったところでは『王家の紋章』など、外国を舞台に、金髪碧眼の登場人物達が華麗に人間模様を繰り広げる少女漫画は、枚挙に暇がありません。

 ほんの子どもの頃から社会人になるまで、たっぷりと浸った少女漫画の世界、影響を受けていないわけがない!私の「西洋かぶれ」はきっとこうやって始まったのでしょう。歴史も、日本史より世界史の方が好きですね。不思議というか残念なのは、英語の勉強に身を入れなかった事です。学生時代、もっと一生懸命やっておけば良かった・・・。

 ところで、「かぶれ」には「発疹(ほっしん)」がつきものですが、何かをしようと思い立つことを「発心(ほっしん)」と言いますね。

 何かを始めるのに遅すぎる事は無いとか、よく言うじゃ無いですか。ここは一つ、奮起して英語の勉強を頑張ってみようかな。せっかく「西洋かぶれ」の私なのですから。では。

 

乗り遅れた「今週のお題」、『私の好きな漫画』

 先週のはてなブログのお題は『私の好きな漫画』でした。書こう書こうと思いつつ、機会を逃してしまいました。でも、どうしても書いておきたいことがあるので、書こうと思います。

 

 子どもの頃は漫画が大好きでした。大人になってもずっと読み続けるんだろうな、と思っていたのですが、社会人になった頃からでしょうか。だんだん読まなくなりました。今現在、家には息子その2が買い集めたコミックスが大量にあるのですが、なかなか手が伸びないのです。読み始めたら、どれもきっと止まらない面白さだろうなとは思うのですが。

 

 漫画は少女漫画はもちろん、弟が二人居たので少年漫画も随分読みました。先日、下の弟と久しぶりに会う機会がありました。弟とは言っても五十過ぎのいいオヤジなのですが、彼は未だに漫画が好きで、古本屋であれこれと買ってきては読んでいるようです。

 はてなブログのお題の事が頭にあった私は、弟に聞いてみました。今までに読んだ漫画で一番好きなのは何かと。私は質問しつつ、きっと弟は即答は出来ないだろうなと思っていました。あまりにもたくさんの作品を読んでいる弟なので、一つに決めるのは難しいだろうと思ったからです。でも、弟は即答しました。

 弟 「土佐の一本釣り、だな」

 私 「えー、そうなの?何回も読んだ?」

 弟 「6、7回、読んだと思う」

凄いなー。そりゃ確かに一番好きな作品だわ。

土佐の一本釣り: 純生!純平 (4) (ビッグコミックス)

 

 それから、60歳近い姉弟二人で、あれこれと昔読んだ漫画談義が続きました。私は『好きな漫画』というテーマで『キャプテン』という、ちばあきお作の野球漫画をあげようと思っていました。

 この漫画はですね、他の野球漫画とは違い、選手としては才能に恵まれない主人公がキャプテンを命じられ、悩み苦しみながら成長する、普通の少年の成長物語として心に残る漫画でした。しかも、そのキャプテンという「バトン」が、順繰りに手渡され引き継がれ、その時々で悩み苦しみも形を変えて引き継がれていくという、構造としても非常にユニークなものでした。連載時に読んだだけなので、たった一回しか読んでいないのですが、今でも登場人物達の丸っこい、お猿のような顔が懐かしく目に浮かぶのです。

 

キャプテン 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 延々と二人で懐かしの漫画について語り合っているうちに、私の中に思いがけなく浮かび上がってきた一つの作品がありました。今回はそれを「私の好きな漫画」として紹介したいと思います。今回は、と書くのは、また別な作品を思い出して、そっちに気が変わらないとも限らないので、念のため。

おれは直角(1) (少年サンデーコミックス)

 とにかく曲がった事が嫌いで、すべてがまっすぐ、「直角」でなければならない主人公、「石垣直角」の行動に笑わされ、そしておおいに泣かされる傑作漫画です。細かい内容は省略しますが、大人になった今懐かしく思い出すのは、石垣家での宴会のシーンですね。貧しい下級武士である石垣家なのですが、そこには常に暖かく明るい空気があり、直角の友達は言うに及ばず、城代家老までも尋ねていきたくなる家庭の雰囲気なのです。

 今大人気の漫画『ワンピース』に、「宴だ~!」というシーンがあって、その楽しそうな雰囲気が読者に受けているようですが、『おれは直角』にはその元祖ともいうべき宴シーンが描かれているのです。笑ったり泣いたり、そして最後には本当に愉快な気分になる漫画、それがこの『おれは直角』です。

 

 こうして、三本の少年漫画を並べてみて改めて思うのは、共通点が「まっすぐ、ひたむき」という事でしょう。主人公達は自分の人生を、役割を、精一杯に突き進みます。

 今のすっかりおばさんになった私がこれらの作品を読み返したなら、彼らの姿がどれほど眩しいことでしょう。それともあまりの健気さに、溢れる涙を止められないといったことになるでしょうか。

 そして、『土佐の一本釣り』を読めば、オヤジ達の台詞にカツを(鰹)いれられたような気分になるかもしれません。では。

なんと言っても、ローマです

 はてなブログ今週のお題」は、『住みたい街』です。

 お題を見た瞬間思い浮かんだのが、映画・ローマの休日オードリー・ヘップバーンの有名な台詞、

 なんと言っても、ローマです。

 歴訪した都市の中で一番思い出に残る場所は?と聞かれた王女様(オードリー・ヘップバーン)。初めはマニュアル通りに分け隔て無い答えをしようとするのですが、溢れる思いをこらえきれず、「ローマです」と答えてしまうのです。

 

chokoreitodaisuki.hatenablog.com

 

 二年前にイタリア旅行をしました。私は「調べ物」は好きな方なので、旅行の前にはガイドブック等で行き先の名所旧跡や歴史等を調べて、あらかじめ見たい場所や行きたい所を決めておくことが多いです。ところが、ローマに限ってはそういう気持ちになれませんでした。なぜなら、あまりにも見所だらけで優先順位がつけられず、しまいには調べることに倦んでしまって、ローマのことはローマで考えようという気持ちになったのでした。

 同じツアーに参加していた方に、「パンテオンは絶対に行った方がいい」とすすめられ、フリータイムの一日は、「パンテオン」を目指して始まりました。その後、いくつか予定の教会をまわり順調だったのもつかの間、道が分からなくなりました。その時、偶然目の前にあったのが上の過去記事に書いた「アルジェンティーナ神殿跡」だったのです。とりあえずガイドブックを見たものの、名前が載っているだけで詳しい説明はありませんでした。さほど重要な遺跡でもないのだろうと思いましたが、外国人が結構観光しているので、とりあえず写真は撮ったわけです。

 日本に帰って来てからネットで調べたところ、なんとそこは、かのジュリアス・シーザーが暗殺されたという場所だったのです。そりゃあ観光客だって来ますって。繰り返しますが、私の買った結構な厚みのあるガイドブックでは、「アルジェンティーナ神殿跡」については触れられていなかったのですよ。これはガイドブックの欠陥なのでは無く、日本人の日程の詰まったローマ観光においては、あまりお薦めの場所ではない、もっと見るべき場所が他にたくさんありますよということなのです。

 ちなみに、その遺跡から10分ほど歩いた所にはイエズス会の豪華な教会があり、そこには、フランシスコ・ザビエルの右手の遺骨が納められているそうです。そして、当然のように、ガイドブックではその教会のことは紹介されていました。町中に見所が溢れているのです。

 

 ローマは、一言で言って、途方も無いところ。

 住みたい。ここに住んで、毎日街の隅から隅まで見て回りたい、そう思わせる街なのです。

 オードリーの「ローマの休日」ならぬ「老婆の休日」(定番ダジャレですね)と言われようとも、住んでみたい憧れの街・ローマ。なんと言っても、ローマです、なのです。

 もし住めるならどの辺?何を一番に見に行こうか?空想するだけで胸がお-どりーます。では。

 

書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街

書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街
by リクルート住まいカンパニー

初めての「リンゴもぎ」

 仕事をやめて時間が有り余っているので、半年の間に、リンゴの「実すぐり」や「葉取り」を少し手伝ってみたりしました。そして、ここに来て、いよいよ「リンゴもぎ」の時期がやって来たわけです。とは言っても、周りの畑ではほとんど収穫が終わってしまい、私の知人の畑だけが妙に赤いのでした。

f:id:takakotakakosun:20191109205913j:plain

 春に行う「実すぐり」とは、実がなりすぎないように、邪魔な実は摘み取る作業です。実がなりすぎると、小玉で形が悪くなったりして、上等なリンゴが出来ないかららしいです。よその畑ではもっともっと摘み取って、こんなにたくさんは実らせないようですが、知人の所では諸般の事情により、写真のような盛大な実りです。

 秋になってりんごが十分に大きくなると、「葉取り」「玉まわし」を行います。有袋栽培の場合は、その前に「袋はぎ」があるようです。「葉取り」はりんごの回りの葉を摘み取ることで、太陽の光をあたり易くし、着色(赤くなる)を進めるために行います。でも、どうしても、太陽が良く当たるところ・当たらないところが出来てしまうので、日が当たらなくて白っぽいところを日が当たる方に向けてあげることを「玉まわし」と言います。

 知人のところでは、「葉とり」もよそより控えめで、緑の葉っぱの中に赤いりんごのコントラストが、私達シロートの中にある、りんご畑のイメージそのものでした。

 それにしてりんごの葉の元気なこと。同じバラ科のサクラがその葉を真っ赤に紅葉させているのに対してまだまだ緑。一生懸命に光合成を行って実を育てているんだなと思いました。

 

 どうです、皆さん。ここまで読んだだけでも、りんご栽培って凄く手間のかかるものなんだなと思われませんか。でも、ここに書いたのはほんの一部にすぎず、冬の間の剪定から始まって、肥料をやったり、薬をかけたり、袋を掛けたり、支柱を立てたり、一年中休む暇なく作業は続くのです。

 そうやって迎える実りの秋。たわわに実ったリンゴを目にする嬉しさ、私でも嬉しいもの、農家の皆さんの喜びはどれ程かと思いますね。

 知人から、「せっかく実すぐりや葉取りをしたんだから、出来たりんごをもいでみて」と声を掛けて頂いて、恐る恐る手をかけてみました。恐る恐るというのは、昔から津軽の常識として、「りんごはつるがついた状態で無いと売り物にならない。りんごをもぐ時は、とにかく、つるが取れないように注意して」と聞いていたからです。私に出来るだろうか。ここまで育ったりんごが私のせいで売り物にならなくなったらどうしよう・・・。

 結果は全くの杞憂でした。「りんごもぎ」は実に簡単だったのです。というのも、果物はきっと、なんでもそうなのでしょうが、熟したものは自然に枝から離れる準備が出来ていて、軽く手を添えてあげるだけで、「ポクッ」という快い手応えで私の手中に収まるのでした。りんごもぎ、楽しい~、肩は凝るけど。

 りんごをポクッ、ポクッともぎながら、ふとりんごの木の気持ちを考えました。ずっしりと実った、たくさんの実をもぎ取られるりんごの木は寂しいだろうか。それとも肩が凝る私とは反対に、文字通り肩の荷を下ろしてほっとしているのだろうか。

 りんごの木の気持ちなんて、おかしな事を考えるものだと自分でも思うのですが、りんごという果物には不思議とそんな事を思わせる何かがあるような気がするのです。

 有名な『リンゴの唄』には、

 りんごは何にも言わないけれど、りんごの気持ちはよく分かる

というフレーズがありますね。

 また、西洋では「知恵の実」とされているように、どこか人間との特別な心のつながりがある果物のような気がします。皆さん、りんごをもっと食べましょう。(露骨な宣伝です)

 

 私の生まれて初めてのりんごもぎ。模擬ではなく、いきなり本番でしたが、上手く出来て良かったです。あなたが、今年どこかで口にする青森県産りんご、ひょっとしたら、それ、私がもいだりんごかも。「りんご娘」ならぬ「りんごおばさん」の手でごめんね。でも、美味しいよ。では。

日帰り温泉で笑った

 所用で青森県むつ市に行きまして、せっかくなので某温泉ホテルのお風呂に入ってきました。ますます美しくなった私をお見せできないのが残念です。(真顔)

 ホテルの実名を出さないのは、これから書くことは、私としては本当に面白く楽しませて頂いたので、好意と感謝をもってのものなのですが、もしかしたらホテル側としては「笑い」の部分が不本意かも知れないと思ってのことです。

 でも、少なくとも、私のブログの読者である皆さんは、好意的に読んで下さると確信しています。

 

 ホテル入り口から一歩足を踏み入れますと、まず、ロビーの広さに驚かされます。そして、その驚きに、中央にそびえる樹木のオブジェとその幹に取り付く剥製達が拍車をかけます。

f:id:takakotakakosun:20191106192744j:plain

 二匹の熊の剥製が写っていますが、下の熊の顔にご注目下さい。コアラに似てる!と思いませんか?

f:id:takakotakakosun:20191106192825j:plain

 ちょっと写真の写りが微妙なのですが、下から見上げたとき「わ、コアラ?」と思いました。コアラは有袋類なので熊とは全く別物なのですが、英語では「コアラベア」とも言うし、日本語では「フクログマ」とか「コモリグマ」という名前もあるのです。コアラをみて熊を連想するのは自然な事のようです。

 

 さて、次の写真は、その広いロビーの一角に置かれたテーブルです。

f:id:takakotakakosun:20191106192909j:plain

 天井の照明が写り込んでしまうのが残念ですが、動物が埋め込まれたデザインなのはお分かり頂けるかと思います。

 「あれっ、これひょっとして十二支?」そう思いまして、子、丑、寅、卯・・・と数えてみますと、確かに居ました、12匹。良く思いつくな~、こんなデザイン。

 立派なテーブルなんですよ、立派なんですけど、面白さが勝ってしまうんですよ。数え終わって、笑ってしまいました。

 

 さあ、いよいよ本題と言いますか、落語なら真打ち、相撲なら結びの一番とも言うべきお話です。

 フロントの向かい側の壁に、賞状や写真を飾っているコーナーがありました。賞状はある人物が陸上のフィールド競技で新記録を出した時のものや、青森県の最優秀選手賞に選ばれた時のものなどです。写真はその人物と思われる男性が、先代・貴乃花(故・藤島親方)と握手をしているものなどです。ああ、この人物はきっとこの地区出身のお相撲さんで、郷土の誇りということで展示しているのだな、そう思いました。

 それにしても、何という四股名のお相撲さんだろう。私は好奇心が抑えられず、フロントのお姉さんに尋ねました。

 

 私 「すみません。あの写真のお相撲さんは、何という名前の方ですか?」

 お姉さん 「えーと、何でしたっけ?有名な親方ですよね」

  「いえ、親方の方では無くて、あの若い人の方です」

 お姉さん 「ああ。あれはスカウトに来たときに記念に撮っただけで、相撲取りにはならなかったんですよ」

  「え、ならなかったんですか?」

 お姉さん 「はい。今、うちの支配人やってます」

 

 つまり、壁のあのコーナーは、支配人の個人的思い出コーナーだったというわけです。いいと思います。それぐらい、支配人の裁量で許されて当然のことです。こうやって話のタネにもなるのですから、ホテルとしても面白い「取り組み」になっていると思います。

 

 車に戻ってしばらくの間、笑いの波が収まりませんでした。

 郷土の英雄を讃えているのかと思いきや、自分の栄光を自分で讃えている、いいなあ、その感覚。私は元来、卑屈な人よりは傲慢な人、謙遜より自慢を聞く方が好きなので、私はこの話の見事な「オチ」に笑わされつつも、笑いの底には爽やかなものがあったのです。

 冒頭で、「ますます美しくなった私をお見せできないのが残念」と書きましたが、私もブログに自分の写真を堂々と載せられるような、そんな人間を目指したいと思うのでした。まだまだ修行中なのです。では。

 

秋の匂い

 時々ウォーキングをしている弘前市の総合運動公園陸上競技場のぐるり。駐車場に近いあたりに差し掛かると、いつも甘い香りが漂ってくる一帯があるんです。その香りには夏の終わり頃から気づいていて、「何だろう?何か植物の香りだろうか?」と思っていました。が、気にはなりつつもそのままになっていました。

 ウォーキングでその場所を通る度に、甘いような、なんとなくコクのあるような、そんな香りを深々と吸い込みます。そしてハッと気づくと、すぐそばに公衆トイレがあってちょっと興ざめしたり、そんな事を繰り返していました。

 先日、ちょっとした林の中を散歩する機会があったのですが、その時もやっぱりそのいい香りが漂ってきて、「ああこの香り。運動公園のあの匂いだ。秋の山の匂い。なんだろう?何か木の匂いに違いない」と強く思ったんです。

 そして、その次の日、運動公園をウォーキングしていて、例の場所に来ると、それまで全然気がつかなかったのに、葉っぱがまばらになった木の幹にはネームプレートがつけてあり、そこには「カツラ」とありました。

 家に帰って早速ネットで調べたところ、大当たり。あの甘い香りはカツラの、特に黄葉したり地面に落ちたりした枯れ葉が放つものだったのです。ネットでは、あの甘い香りをキャラメルのようなとか、お醤油のようなと表現していました。

 これからも、運動公園は勿論、山や林であの香りに出会うことがあるでしょう。その度に私は確信を持って「カツラの木だ」と思うと思います。心をワクワクさせながら。

 

 「知る」ということにはやっぱり喜びがあるなあと、改めて思う今年の秋です。ただ、気を付けなければならないのは、例えば「あの人はカツラだ!」というような、口にはしない方がいいような事例もあるわけで、むやみに知識をひけらかさない方がいいといった事も分かってきた、この頃の私です。

 昔は良く口で災いを引き起こしたものです・・・。

 人生の秋に突入し、実りの季節とすべく、思慮は深く、口は慎むおばさんになりたいものだと強く思うのです。では。

黒石市・黒森山浄仙寺の植物

 黒森山浄仙寺とその周辺を散策して目についた、紅葉以外の植物を紹介したいと思います。

 

f:id:takakotakakosun:20191105210052j:plain

 形はアザミの花に似ているのですがずっと大きくて、花の直径は5㎝ほどもあります。初めて見る花でした。枯れてなお堂々とした姿にシャッターを切りました。

 帰宅後調べたところ、『オヤマボクチ』という植物ではないかと思われます。花言葉は「たくましい」。なるほど~、と納得しました。

 

f:id:takakotakakosun:20191105210748j:plain

 シダの仲間。シダは日陰に生えるのが本当なのでしょうが、なぜか日当たりのいい場所に群がって生えていました。そのせいか葉の色が薄く、いつもの見慣れたシダの類とは一味違う風情でした。幼稚園の園庭のような、賑やかにシダが風に揺れる一角なのでした。

 

f:id:takakotakakosun:20191105211456j:plain

 読者の皆さんは「地衣類(ちいるい)」という言葉はご存知でしょうか。私は言葉だけは昔から知っているのですが、苔との違いまではよく分かっていませんでした。どちらも、あまり日当たりの良くない岩の上や、木の幹等に群がり生えているものです。

 この写真の、岩の上に白く広がっているものは「地衣類」だろうとは思ったのですが、自信はゼロ。なぜなら「花」のように見える、苔でいえば胞子体のようなものが出ているからです。地衣類もこんなのあるの?

 帰宅して調べました。そして、大きな収穫として、コケ類と地衣類の違いを知ることが出来ました。この二種は、色で見分けることが出来るのだそうです。

 コケ類が深緑から黄緑色をしているのに対して、地衣類は銀色を帯びた白っぽい緑・薄い青緑・青みを帯びた黒っぽい色なのだそうです。

 写真は色からいって間違いなく地衣類ですね。そして、恐らく「ヒメレンゴケ」の一種であり、この、花のように見える形状をしているものらしいのです。ヒメレンゴケもそうですが、地衣類の中には〇〇ゴケと命名されたものも多く、地衣類とコケ類の違いが曖昧なのは私だけではないようで、地衣類の地位は盤石ではないようです。

 それにしても、写真の「ヒメレンゴケ(?)」の、岩の上で必死に生き抜こうとしているかのような姿は、なかなか趣深いものがありました。

 

 さて、長年のぼんやりとした疑問であった地衣類とコケ類の違いですが、とりあえず色で見分ければいいということが分かりました。結構嬉しいです。

 もう一つ。かねてから、一度はっきりと観察してみたいと思っているものがありまして、それは「粘菌」というものなのです。植物のような動物のような、なんとも不思議な生物だということで、かなり憧れているのです。

 

 存在は知っているがなかなか手が届かない、まるで私にとっての「年金」の様な存在、それが「粘菌」なのです。いつかお目にかかれるでしょうか。楽しみにしたいと思います。では。