おばあさん見習いの日々(ダジャレ付き)

1961年生まれ。丑年。口癖は「もう!」

弥生時代の土器

 『田舎館村埋蔵文化財センター』でみた、弥生式土器について書きたいと思います。

 『田舎館村埋蔵文化財センター』では、遺跡を「見れる!歩ける!さわれる!とれる!」とうたっているのですが、

なんと、復元した弥生式土器にもさわれるのです!

 

 「いいの?いいの?本当にいいの?」恐る恐る「さわり」、でも初めて手に取った弥生式土器なので写真にも「とり」ました。

 軽い!

 驚いたのはその軽さ。薄造りが実現した軽さなのだと分かります。職員の方に、

 「軽くて驚きました」と言いましたら、

 「そうなんですよ、縄文式に比べてものすごく軽い。薄く作れるようになった技術の進歩があります」

と、説明して下さいました。

 縄文式土器は手にしたことがないので比較を実感は出来ないのですが、想像はつきます。そして、技術の他に美意識の変化というものを実感したのです。

 縄文式土器のカッコよさは岡本太郎以来広く認識され、多くの日本人の認めるところとなりました。私なんかは「縄文式カッコよい、弥生式あっさりし過ぎ」なんて思っていました。ところが、今回実物に触れてちょっと考えが変わったのです。そして、思い出した「美意識の変化の実例」があったのです。

 昔むかし、そう昭和の頃。歌手がステージで歌うときは舞台衣装で着飾るもの、特に暮れの紅白歌合戦ともなれば、ここぞとばかりの力の入れようでした。そして、私達視聴者もそれを当たり前として楽しみにしていたものです。

 そこに、颯爽と反旗を翻すかのように登場したのが、当時ニューミュージックと言われたジャンルのシンガー・ソングライター達。彼等は自然体こそカッコいいとばかりにTシャツ・ジーンズという普通の若者の普段着姿でステージに立ったのでした。新鮮というか斬新でした。

 弥生式土器を手に取ったとき、上に書いた価値観の変化を縄文式土器から弥生式土器への変化に連想したのです。

 「ごちゃごちゃ着飾るより、素っ気ないぐらいがカッコいいよね」と。

 

 そして、やっぱり人間ですね。

 若者達がたかがTシャツ、たかがジーンズにもこだわりを見せたように、弥生人も土器のデザインに素晴らしいセンスを発揮していたのでした。

 カッコいいもの、美しいものを持ちたい、作りたい、手に入れたい。いつの時代も人間の思うことは変わらないのだなぁと、ドキっとさせられたのでした。では。

弥生時代の足跡

 いきなりですが、問題です。

 稲作が始まったのは弥生時代ですが、その頃、(現在の)青森県でも水田稲作は行われていたでしょうか?

 答え 今から2,100年前の弥生時代中期、青森県津軽地方では水田稲作が行われていました。その証拠は南津軽郡田舎館村の遺跡にあるのです。

 

 昨日、『田舎館村埋蔵文化財センター』に行ってきました。面白かった!そして、偶然というものが生み出す奇跡に感銘を受けたのでした。

 手作り感満載!そして分かりやすい。残念なのはガラス張りの下の「遺跡」の凄さが伝わりづらいこと。

 ガラスの下には弥生時代の水田とそこに残る弥生人の足跡が、保存のための加工が施された状態で展示されているのです。

 この展示については職員の方が簡単な説明をして下さり、その後、館内の展示は自由にご覧くださいと促されます。

 説明を聞いているうちに、ふと疑問が浮かび、得意の「物怖じせずの質問力」を発揮し聞いてみました。

 「あの、この足跡はどうして残ったんでしょうか?」

 私の質問は本当にふとした思いつきだったので、職員の方の回答には目からウロコの思いでした。

 

 「ある時、大量の火山灰が洪水でこの水田に流れこんだんです。水田はすっかり埋まってしまい、暮らしていた人々はここを捨ててどこかに移っていったようです。

 遺跡の存在が判明し、厚く積もった火山灰を取り除くと、下からは水田や畔や水路が当時のままに現れたのです。そして足跡の窪みには火山灰が石膏のように詰っていて、その火山灰を除去した跡には、弥生人の足跡がくっきり残っていたわけです」

 

↑足跡の半分だけ火山灰を取り除いた状態

 

 なんと言う偶然の重なりでしょう!

 ここからは私の空想ですが、お付き合い下さい(なるべく正確な情報をと思ったのですが、ネットで調べてもヒットしなかったもので)。

 

 雪がとけて、そろそろ今年の米作りを始めようとした田舎館村の弥生人。大人も子供も、男も女も、田に入っての作業です。今で言う「田起こし」でしょうか。空模様があやしいので、さあ今日は頑張りどきだ。くるぶし近くまで足をめり込ませての作業です。ああ疲れた。雨も落ちてきた。今日はもう上がろう。

 そうこうするうちに、雨は勢いを増して行き、恐ろしいほどの豪雨。

 「ヤバいぞ!皆、高台にうつれ、水が来るぞ!」

 と、こんな感じかな?

 あるいは、田起こしではなく、種蒔きや稲刈り時だったのかもしれません。いずれにしろ、命の糧の水田が泥に飲み込まれ、諦めるしかなかったという状況にあったのでしょう。

 

 弥生人には気の毒ですが、今日、私達がこの遺跡を目にするためには、

・足跡が残るほどの湿って柔らかい土

・はっきりと残る足跡(グチャグチャでない)

・短時間のうちに大量の火山灰に覆われる

・その後、荒らされる(掘り起こされる)ことがない

 素人がざっと考えを巡らせただけでも、これだけの偶然の条件の重なりが必要だと思うのです。 

 

 この写真は垂柳遺跡のすぐ近く(まさにこの場所!)で発掘され、周りを一周出来るように保存・展示されている高樋(3)遺跡です。水路を目の当たりに出来て、驚かされます。

 こんなにはっきりと区画された水田の後が残るのに、こちらでは足跡は発見されていないのだそうです。

 何気なくみていた「弥生人の足跡」ですが、長い年月を経た偶然の賜物なのです。決して、即席ではない足跡(そくせき)なのでした。続く。 

女の恋愛、男の勝負

今週のお題「名作」

 しばらく前になりますが、夫との会話で

 夫「株もちゃんと勉強したら勝てるんだろうけれど」

 私「なんで男性は何でも、勝つ・負けるで表現するのかしらね」

 夫「なんでかは知らないけど、普通そう言うからね」

というやり取りがありました。

 そして、友人から聞いた大昔の話を懐かしく思い出したのでした。高校生の時の話です。(45年も前です、ビックリです)

 休み時間のおしゃべりで、友人Nが雑誌で面白い話を読んだと話し始めました。

 「漫画についてなんだけど、男性が、少女漫画は惚れた腫れたばかりでつまらないって意見を言ったら、女性から反論があって。そんな事を言ったら少年漫画は勝った負けたばかりじゃないか。ラーメン一つ作るにも勝った負けた、だって」

 私達は大爆笑。

 ちょっと説明しますと、その頃、週刊少年ジャンプに『包丁人味平(ほうちょうにんあじへい)』という、料理で対決するという漫画が連載されていたのです。上の女性からの反論はこの漫画を踏まえたもので、少女漫画に物申した男性は上手いこと料理されてしまったというわけです。

 この「ラーメン一つ作るにも勝った負けた」というフレーズは妙に頭にこびりついてしまって、折に触れて思い出すのです。友人Nの顔と共に。

 

 そして今日。

 青森県の地方紙・東奥日報に下のような広告が載っていました。 

イラストをアップにします。

          

 ピンと来た方、大勢いらっしゃると思います。そうです、お蝶夫人です。このシーンのパロディーですね ↓

 

山本鈴美香エースをねらえ!』コミックス第二巻より

 

 絵だけではなくて、台詞もパロディーになっています。お蝶夫人、投資指南でも

 「負けることをこわがるのはおよしなさい!」

と叱咤しています。投資はやっぱり「勝つ・負ける」なんですね(笑)。

 

 そして、あらためて思いました。名作『エースをねらえ!』には、惚れた腫れた、勝った負けた、青春のすべてが、少女漫画・少年漫画の垣根を越えて、ものすごい濃さで詰まっていたのだと。名作の名作たるゆえんですね。では。

奥入瀬渓流、言葉に出来ない

 今日は奥入瀬渓流にハイキングに行ってきました。過去記事でもご紹介しましたが、奥入瀬渓流の素晴らしさは筆舌に尽くしがたいものがあります。

 

chokoreitodaisuki.hatenablog.com

chokoreitodaisuki.hatenablog.com

 

 何回も訪れている奥入瀬渓流ですが、今回はつくづく「言葉に出来ない」と思わせられる景色がありました。

 十和田湖・子ノ口からの渓流の眺めです。どうです、この早春の山の色彩の豊かさ。この色を表現するなら日本画でしょうね。私の言葉では表し切れないです。

 

 上の写真の水の流れを見た時、「あれっ」と思いました。

 「これは見たことのないものだ!」そう思ったのです。アップにします。↓

 

 分かります?なんて説明したらいいんでしょう。

 真ん中の水、盛り上がっているでしょ?

 水の断面が見えているみたいでしょう?

 普通は右横のように白く落ちるのにそうじゃないでしょう?

 透明な容器にでも入っているようじゃない?

 

 ああ、なんて表現したらこの不思議な感じを伝えられるのか。皆さんも、もどかしいでしょうね。こうしてブログを書いているのに上手く伝えられないのは本当に残念なのですが、やっぱり百聞は一見にしかずですね。

 水は見ずには伝えられない。

 是非、奥入瀬渓流の素晴らしさ、実際にご覧になってみて下さい。では。

名古屋のビルヂング

 3月10日から休み休み続いた「名古屋・犬山旅行記」ですが、いよいよケリを付けたいと思います。最後は旅の最初に見て写真に収めた、名古屋市の建築物を紹介したいと思います。

 終わり名古屋と言いますからね(笑)

 名古屋駅から外に出ると、目に飛び込んで来る威風堂々たるビル。ビルはビルでも、ビルディングじゃあ、ないんだぜ!

 そう、その名も『大名古屋ビルヂング』。「大」もいいし、「ヂ」もいいですよね。レトロな魅力と、名古屋という都市のいぢらしさが感じられます。「いじらしさ」じゃなく、「いぢらしさ」がね。(なんか、違いますよね)

 

 新幹線の車窓からも見えて、めちゃくちゃ気になってたビル。三つの専門学校が入るビルです。カッコよすぎて、写真に収め切れませんでした。

 

 碧海(へきかい)信用金庫御園支店。ビルのデザインもさることながら、碧海って名前、カッコいいですね。ちょっと調べましたら、碧海信用金庫、通称「へきしん」とありまして、まるで加藤茶のくしゃみのようで、固くカッコいい「碧海」が、たちまち親しみ易くなるのでした。でも、この感覚は昭和の人間だけの癖(へき)かい?

 

 名古屋市科学館です。手前に横たわるオレンジ色の物体はH-ⅡBロケットの模型。その奥に見える球体はプラネタリウムで、世界一の大きさだとか。改装のため休館中でした。次は是非入館したいです。

 

 今回の旅ではたくさんの面白いものが見られた反面、色々と心残りも多かったのです。次はいつ行けるかな?次回の訪問を楽しみに長かった旅行記終わにしたいと思います。では。

明治村で撮った写真をみて

 写真を撮るのは決して上手ではないので、スマホカメラの性能に大きく助けられています。旅先では積極的に写真を撮るようにしているのですが、理由は大きく三つかな。

 ・思い出になるから

 ・ブログに使えるかも知れないから

 ・後々、思わぬ発見があったりするから

 

 そんなこんなで、旅行中は「たくさん撮ったぞー」のつもりなのですが、帰宅してから見返すと案外あっさり見終わってしまって、「もっと撮れば良かったな」と後悔したり。

 明治村もしかり。全然いい写真が無くて、もっとバシバシ撮れば良かった~。明治村の魅力をいっぱいお伝えしたいのに。   

 と、少々不本意な写真ではありますが、ご覧下さい。

↑ 聖ザビエル天主堂(京都市中京区)

↓ 内部

 ゴシック建築風の教会です。西洋であれば大理石で作られる束ね柱や天井のリブヴォールトが木製というのが目を引きます。「何でも木で作ってやる!」というのが明治日本って感じです。

 

↓旧帝国ホテル中央玄関(東京都千代田区

 憧れの帝国ホテル玄関。石の使い方が東南アジアな雰囲気がすると思うんですよね。設計者のフランク・ロイド・ライトにとっての、(アジアの)日本ってイメージなのかな。

 

↓ 金沢監獄正門(石川県金沢市

 ザ・明治って感じですね。レンガ造りのデザインもそうなのですが、「監獄」というのがまた明治っぽい。出所の際は、やはり、「おつとめ、ご苦労様でした」、でしょうね。

 

 ↓ 宮津裁判所法廷(京都府宮津市

 建物の中には裁判の実際が人形で再現されています。↓

 NHKの朝ドラ『虎に翼』を視聴されている方は、ぜひ一番右端の人形を拡大してみて下さい。法服がドラマのまんまなんですよ。

 最初に書いた、「写真を撮っておくと後々思わぬ発見がある」って、まさにこういうこと。「ヤッター」ってなりますね。こうしてブログネタにもなりますし(笑)。

 

 最後の一枚です。

 日本赤十字社中央病院病棟(東京都渋谷区)のレリーフです。↓

 日本らしい植物や鳳凰の浮き彫りに囲まれた、堂々たる赤十字のマーク。使命感とか自負とか、日赤看護師の誇りが伝わって来るような気がしました。

 

 スマホを見返してみると、明治村では本当にいい写真がないんですよね。理由の一つは気持ちがソワソワとしていたからだと思います。時間が足りないという焦りで、じっくり見学出来なかったのです。本当に心残りです。いつかまた、今度こそ余裕を持って訪れたいと思います。明治日本の見事さを明示している明治村なのですから。続く。

博物館明治村

 犬山市には『博物館明治村』という野外博物館があります。犬山城とその周辺を見学後、遅めのお昼ごはんを明治村で食べようという計画で、バスで向かったのでしたが、完全に失敗!明治村は朝から晩まで、それこそ1日かけても回りきれないような、それはそれは素晴らしい博物館・テーマパークなのでした。

 上のような見事な建物が100万m2もの広大な敷地に60棟以上も建っています(その内、11件は国指定重要文化財)。見応えあります。

 ちなみに、写真右の緑の外壁の建物は『宇治山田郵便局舎』と言いまして、元々は三重県伊勢市伊勢神宮外宮前にあったのだそうです。

 当時、伊勢神宮に参拝した人々は神宮は勿論のこと、こちらの郵便局にも目を奪われたでしょうね。現代の私達が見ても、「凄〜い」と声が出てしまうような手の込みよう、豪華さなのですから。

 そうなんですよね、私が明治や大正のレトロな建築に惹かれるのは、まさにその豪華さにあるような気がします。豪華というのは、金額的な面も勿論ありますが、手仕事的なこだわりと言いますか、手間暇、時間を惜しまない妥協無き追求の姿勢とでも言いますか、そういうところです。あれ、でも結局はお金の問題なのかな?資金無しには成し得ないですものね。

 いずれにしろ、明治・大正の建物は、その時代だったからこそ可能だった手のかけ方、こだわりがあるわけです。今日では人件費・資材等の問題でほとんど不可能な建築になっていると思うのです。

 一例として、明治村の数ある建物の中から、「西園寺公望(さいおんじきんもち)別邸『坐漁荘(ざぎょそう)』」をご紹介したいと思います。

 『坐漁荘』では学芸スタッフによる案内により、制限箇所の見学が可能になっています。ご訪問の際には、是非、こちらのガイドを利用なさって下さい。スタッフのお言葉、

 「この建物の凄さは、ただご覧になってはお分かりにならないと思います。どこが凄いか、是非説明をお聞きください」

 この言葉は本当にその通り!説明されなければ分からない凄さってありますからね。そして、そういう凄いものを見れたという喜びは、漫然と見学する何倍も何倍もありますから。

 坐漁荘はお庭も美しい日本家屋です。でも、明治の元老の別邸ということで、厳重な警備体制がしかれていたそうです。

 玄関の沓脱ぎ石ですが、那智の黒石という高級な石で出来ています。どのくらい高級かと言いますと、那智黒は碁石の黒石や硯に使われる石なのです。それを惜しげもなくこの量。「あがってもいいんですか?」思わず聞いてしまいました。

 西園寺公望は趣味人と言いますか、美意識が高いと言いますか、別邸の随所に公望のこだわりがあるのですが、特に欄間と襖には凝ったようです。

 上の写真の欄間ですが、説明されないと絶対に見逃してしまうと思うんです。

 縦の線は竹なんですけど、何と言いますか、竹をくりぬいて、竹の輪郭(?)だけ残してる状態なんです。公望は竹が好きで、他にも、

 浴室の天井を竹で舟底型にしていたり、(こんなふうに隙間なく竹を並べるのは難しいそう)

 こんな欄間も作らせています。写真を拡大して見て頂きたいのですが、やっぱり輪郭状態にした竹を、今度は横にして、その上下をピッタリと板ではさんでいます。ガイドさんは、

 「これは難しいですよ〜」とおっしゃってましたが、「そうですよね」としか反応の仕様もないです。

 そして白い襖も写っていますが、この襖紙は和紙に胡粉を塗って、それを職人が手揉みして皺を作り出すという技法なのだそうです。

 杉の皮を漉き込んだ襖紙。製法は不明で再現できないということでした。

 縁側の上部のガラスが乳白色なのは、障子の白を意識してのものだそうです。このようにあくまでも和のテイストを大事にした坐漁荘ではありますが、外国暮らしの経験のある公望は洋風の家具調度も好み、

洋室には暖炉がありました。そして、このマントルピースの大理石が凄い!イタリアから運んで来たそうですが、これは説明を聞かなくても「メチャクチャいいやつ!」って分かります。ガイドさんは「今なら1千万」っておっしゃった気もするのですが、聞き違えかも。でも、本当に見事な大理石です。

 どうでしょう、皆さん。坐漁荘をざっと見学するだけでも30分はかかります。そして建築以外にも見どころは盛り沢山。私が初めに書いた、「朝から行っても間に合わない」の意味がお分かり頂けましたでしょうか。

 百聞は一にしかず(犬山だけにね)、『博物館明治村』に行かれる際には、是非時間をたっぷりとって行ってみて下さい。私も2回目は朝から行きますよ。

 

 話は変わって。

 一週間ほど前になるでしょうか。スマホでニュースを見ていたところ、「明治村」という見出しに気づいたのです。なんでも、

 この度、明治生まれの最後の男性(日本最高齢男性ということですね)が亡くなった。これにより、『博物館明治村』の「明治生まれの方入村無料」サービスを受けられる男性は居なくなった。

 ということでした。なんか、色々と突っ込みどころの多い記事ですが、おもしろい切り口ではありますね。

 降る雪や明治は遠くなりにけり

 中村草田男の有名な句ですが、明治生まれの方も少なくなってしまって、本当に「昔」になったなあと思います。その昔の姿に直に触れられると言う点、『博物館明治村』の存在は貴重で、そして面白い。末永く維持管理され存続するよう、皆さん、是非行きましょう、明治村。では。