おばあさん見習いの日々(ダジャレ付き)

1961年生まれ。丑年。口癖は「もう!」

ラジオを聞いて、文字で伝える難しさ

 先日、ラジオの『テレフォン人生相談』を聞いての事です。正確にはYoutubeで聞いたのですが。

 

 相談は80代の父の借金に困っている、50代女性からのものでした。そのお父さんは昔から金遣いが荒く、借金を繰り返してきたそうで、相談者と妹さんが肩代わりして返済したことも何回もあったそうです。そのくせお父さんは「お前達には迷惑はかけない」と言い、そして今回またまた多額の借金が発覚し、もう肩代わりも出来ず、どうしたらいいのかというお悩みでした。

 いろいろと専門家がアドバイスしたあと、相談者が「有り難うございました」と挨拶して相談は終了するのですが、回によっては進行役の加藤諦三先生から、最後に「シメの一言」があることがあります。今回もありました。

 

 周りが心配して苦しんでいても、本人は平気。それが借金している人です。

 

 私はこの言葉を聞いた瞬間、電流が走ったような気持ちになりました。大げさではなく。そして、「腑に落ちた」とでもいいますか、なんだかすごく納得した気持ちになったのです。それはつまり、加藤先生の言葉が「本質を突いている」という類いのものだったからだと思うのです。そして、それが耳から入ってきたことも大きかったように思うのです。

 私が感じた衝撃のようなものは、到底私の拙い文章では伝えきれないのですが、でもそれは必ずしも私の力不足とばかりは言えないのではないかと思うのです。文字で伝えることの難しさが、やっぱりあると思うのです。

 

 もう一つ。こちらは実際に車を運転しながらラジオで聞いた話です。漫然と聞き流しているのでなんの番組だったかは定かではないのですが、リスナー(高齢男性)からのお手紙が紹介されました。

 

 「時には祖父のように、そして時には父のように兄のように、いつもためになるお話、有り難うございます」

 

 冒頭の挨拶の部分です。これを「目」でお読みになっている皆さんは恐らく何もお感じにならないかと思います。でも、私には「耳」に飛び込んできたのです、上のフレーズが。

 その瞬間、私にはある曲の出だしのメロディーが浮かんだのです。その曲とは、黒沢年雄さんの『時には娼婦のように』。

 試しに口ずさんでみました。車には私しかいないのですから、ためらうことも無く。

 

 ♪ 時には そ~ふのように~ ♪

 

 そうしましたら、すごい訛りのある人が歌う『時には娼婦のように』になり、おかしさ倍増。心おきなく大笑いしました。車には私だけですから。

 どうでしょう?この面白さ、伝わりましたでしょうか。ここでも、やはり「文字で伝えることの難しさ」というハードルがあるのですが、「面白くない」とお思いの方は、是非口ずさんでみて下さい。少しは面白がって頂けるかもしれません。

 

 以上、ちょっぴりでも、「耳より」な話と思って下さる方がいらっしゃれば嬉しいです。では。

②6月10日の『プレバト』 紫陽花の青と蒼

 6月10日のテレビ番組『プレバト』で、俳句の永世名人梅沢富美男氏が披露した俳句がこちらです。

 紫陽花の蒼きはぜるや雨しとど 梅沢富美男

 

 今日はこの俳句で使われた「蒼」という色名について、つらつら書いていきたいと思います。

 皆さんはこの「蒼(あお)」とは、どの様な「あお」だとお思いでしたか?あるいは、一般的な「青」とはどう違うとお感じになっていたでしょうか。

 私は特に深く考えることも無く、「蒼」は「青」より深い感じ?ダークな感じ?「蒼」に対してそんな青色をイメージしていました。「群青色」に近いような感じです。

 ところが、今回何となく気になってネットで調べたところ、「蒼」は「草の青さ」また「草が青く茂る様子」を指し、緑がかった青緑に近い色を表すのだと言うことを知ったのです。ビックリ~、私が勝手に思い込んでたのと、全然違うんですけど~!

 そうなりますと、紫陽花の花の色ですが、梅沢名人がご覧になった紫陽花は「蒼」だったかもしれませんが、一般的には紫陽花の色は「青」ということになるように思いますが、皆さんは如何思われますでしょうか。

 

 思い起こしてみますと、私と「蒼」という色名との確実な出会いは、1981年に出版された、このタイトルだったように思います。

蒼い時 (集英社文庫)

 

 当時は実物(書籍)を見たことはなく、今回初めて目にしたのですが、確かに「緑がかった青色」の表紙ですね。もしも、出版された時点でちゃんと目にしていれば、勝手な思い込みも生じなかったかもしれません。ところが、私は自分の中で勝手にイメージを作り上げてしまったので、蒼=深く暗い青、という勘違いをし続けてきたわけです。

 それにしても、なぜそのような勘違いが生まれたのか。それはきっと、この本の著者である山口百恵さんのイメージが大きかったのだろうと思います。どこか陰のある雰囲気が彼女の魅力でしたからね。私の勘違いも、昭和世代の読者には頷いて頂けるかと思うのですが、どうでしょうか。

 

 さて、問題は、40年間「蒼」とは「深く暗い青」、というイメージを持ち続けてきた私が、それを「青緑に近い色」に修正できるかどうかです。美しく色を変える紫陽花のように上手に出来ればいいのですが、何しろすっかり頭が固くなってしまっているので。自信がないのです。

 ちなみに、「蒼蒼」とは老いたさまを言うそうですが、古色然たる見た目通り、頭の働きも、鬱たる森にでも迷い込んだかのように頼りなく、顔面白たる有様なのです・・・。では。

①6月10日の『プレバト』 紫陽花は「はぜる」のか

今週のお題「575」

  毎週木曜日の夜はテレビ番組『プレバト』を楽しみにしています。先週の梅沢富美男永世名人の俳句がこちらです。

 紫陽花の蒼きはぜるや雨しとど 梅沢富美男

 夏井先生の評は、「はぜる、という語を見つけたところを褒めましょう。でも、「しとど」と「はぜる」が語感の上で喧嘩している。しとどが重い」と言うことでした。

 そして、先生による添削後がこちらです。

 紫陽花の蒼さよ雨にはぜる蒼

  いやあ、凄い!と、先生の添削の業には感嘆しつつ、一点、梅沢句について反対意見を述べたいと思います。それはですね、夏井先生がお褒めになった、「はぜる」という語の是非です。「はぜる」という言葉の語感をどう捉えるかと言うことを書きたいので、結論を言ってしまえば、人それぞれの受け取り方と言うことになってはしまうのですが。

 まず、私が紫陽花という花に対して持っているイメージは、ぼってりとした重量感とあの独特の「青」い色ですね。色については②で書くつもりなので、ここでは「重量感」に絞って書きたいと思います。

 雨に濡れる紫陽花は、涼しげにあるいは寒そうにユラユラと重たげに揺れる、それが紫陽花らしさだと思うのです。ですので、どうも「はぜる」は受け入れがたいのです。しかも、「はぜる」は漢字では「爆ぜる」と書きます。火偏の漢字なのです。栗とか、ポップコーンとかは火の上で爆ぜますね。私の脳内にはそのイメージが強くあるためか、「爆ぜる」という言葉からはオレンジや赤と言った暖色をイメージしてしまうのです。

 勿論、紫陽花の中にはピンクの花色のものもありますし、雨に揺れる様を「はぜるようだ」と思う方もいらっしゃるでしょう。ただ、私の個人的な語感として、「はぜる」は紫陽花を詠むのには宜しくないように思うのです。

 以上、私の「俳句の読み方」を語感ということに触れて書いたわけですが、このように、俳句には「詠む」と「読む」の二通りの楽しみ方があるわけです。今週のはてなブログのお題は「575」で「一句、詠んじゃって下さい」だったのです。が、私はあえて「読んで」みました。なぜなら、詠もうと思っても出来ないから・・・。

 

 ブログネタにも困っていますが、(趣味でもある)俳句にも悪戦苦闘中の私なのです。俳句には、575の型にはまらない「句またがり」(夏井先生がプレバトでしばしば解説されます)という技法がありますが、今の私は、ブログと俳句の二つで苦しんでいる「苦またがり」状態なのでした・・・。続く。

私ってネット中毒?

 年のせいでとても寝付きが悪くなりました。ソファに寝っ転がってテレビをみていると「ウトウト」が来るのに、ベッドに入るとその「ウトウト」がどこかに行ってしまい、何十分も寝付けないことがしばしば。

 そんな私でしたが、とても良い方法を思いついたのです。それはベッドの中でYoutubeの朗読や落語を聞く事です。20分程度の作品を選んでスマホで聞きます。すると不思議な事に、「面白い」と思って聞いているのにいつの間にか眠ってしまうのです。朝になって、昨夜何を聞いていたか思い出せないこともしばしば。自動的に止まったスマホをあけて確かめてみたりして(苦笑)。それ程効果抜群なのです。時には面白すぎて最後までしっかり聞いていることもありますが、それはそれで面白いからいいのです。

 ところがつい最近、困った事態が出来してしまいました。ラジオ人生相談がYoutubeで聞けることを知ったのです。

 もともとラジオ人生相談は面白いとは思っていましたが、私の生活時間に合わず、なかなか聞けないのでした。それがスマホで何時でも好きな時に、しかも面白そうな相談を選んで聞けるのですから、もう虜なのです。台所で聞き、洗濯物を干しながら聞き、編み物をしながら聞き、そしてベッドで寝る前に聞きと、ドはまり中なのです。困った事に、ベッドでは入眠のために聞くはずなのに、面白すぎて夜中の1時、2時まで聞いていたりするのです。当然、翌朝は寝過ごします。こんな事ではいけないと思うのです。早寝早起きは諦めていますが、ほどほどの時刻に寝起きして規則正しい生活をしたいとは思っているのです。節電もしたいし。どうしたらいいのでしょうか。ラジオ人生相談に相談したいぐらいです。

 

 こんな日常を送っていて、少しネットとの付き合い方を考えなければと思っていた昨日、やはりネットで次の様なニュースを目にしました。

 

阪神・佐藤輝 ネット越しに小遣いを渡そうとした祖父に「それはいいって、おじいちゃん!」 

 阪神・佐藤輝の大好きな祖父母が暮らす宮城県での楽天戦。試合前に、ネット越しに封筒に入った小遣いを渡そうとしてきた祖父に「それはいいって、おじいちゃん!」

 近くにいた球団関係者からは「お前が(小遣い)渡さなあかんやろ」と突っ込まれていました。

 

 私はこの記事を読んで、てっきり佐藤選手は試合前にロッカールームとかから、オンラインで、お爺ちゃと「がんばれ」「がんばるよ」と会話したと思ったのです。

 なので、ネット越しに孫にお小遣いを渡そうとするのは、微笑ましいというより、ちょっと心配した方がいいのでは、と思ったのでした。ネットって、防球ネットなのね・・・。

 心配なのはおじいちゃんではなく、私の方でした。人生相談の件と言い、私はネット中毒なのでしょうか。

 とりあえず今のところは、本当に困っているという程ではないのですが、だんだんひどくなっていったりするのでしょうか?あまりに症状がひどくなった時にはどうしましょう?神仏頼みですかね。

 その時はやはり、「あみだ様」でしょうね。ネットだけに。では。

国際ロマンス詐欺と青森県男性

 昨日の夕方、6時30分頃だったでしょうか。NHK青森のニュース番組で「ストップ詐欺」というコーナーがありました。なんでも、全国的に『国際ロマンス詐欺』の被害が増えているのだとか。

 『国際ロマンス詐欺』については以前も書いたことがあります。ご存じないと言う方はこちらをどうぞ。↓

 

chokoreitodaisuki.hatenablog.com

 

 コーナーの冒頭で、男性レポーター(?)記者(?)が、大真面目な顔と口調で(だいたい)次の様な事を言いました。

 「外国人との交際は、異文化を知る良い機会かと思いますが、中には・・・」

 はあ、男女交際で異文化を知るって、さすがNHK(え、んきで、んがえてんの?)

 

 いろいろとツッコミどころの多い内容をボンヤリとみていますと、レポートの後半で、「全国的には国際ロマンス詐欺の被害者は女性が多いのですが、青森県では男性が多いのです」という報告がありました。

 私はその原因は何だろうと考え、素晴らしい答えに思い至りました。

 それは、青森県は「りんご県」だから。

 ほら、世界で最初に女性にそそのかされた男性と言えばアダム。その時食べたのが禁断の果物・リンゴ。リンゴの消費量が多いと思われる青森県男性は、体質的に女性にだまされやすいのではないか。我ながらこれは鋭いと思いましたねえ。

 レポートは更に続きました。

 「詐欺の手口としては、医師や大企業勤務など、お金持ちであると言うことを匂わせる肩書きを名乗ります」

 

 なんだ~、そう言う事かあ。

 リンゴは真っ赤な皮の下に白い果肉がありますが、甘い言葉という真っ赤なウソを一皮剥けば、真っ黒な犯罪が潜むのがロマンス詐欺。

 「ロマンス」などと言いながらも、結局はお金。お金に目がくらんで被害に遭うのでしょう。青森県男性が被害に遭いやすいのは、つまりは貧しいということが原因?

 ああ、全くロマンのかけらも無い結論になってしまったのでした・・・。では。

スズランテープ②

 スズランテープについて検索していると、「レコード巻き」という言葉に出会いました。

スズランテープ 470m 白

 写真のスズランテープやセロテープなどのように、芯からずらさずに、テープを重ねて巻いていくのが「レコード巻き」です。これに対して、

 

紐 なわ 結束 ブラウンカラーPPテープ100mm×1000m (茶色)10巻まで同梱可

  

 こちらのPPテープやミシン糸のように、芯の幅を行ったり来たりしながら巻く方法を「トラバース巻き」というのだそうです。「トラバース」とは横断という意味で、登山用語では縦走という意味もあるそうです。

 今回、「レコード巻き」「トラバース巻き」という言葉に出会い、改めて、「何にでも名前というものはあるものなんだなあ」という思いを深くしました。

 

 ところで、昨日の記事では、PPテープで編み物をすると手が痛くなると書きました。

 実は私は息子その1を出産した後、慣れない育児が原因で両手首の腱鞘炎を患ったのでした。今までの人生で息が止まるほどの痛みの経験と言えば、「ぎっくり腰」「四十肩」そしてこの時の「腱鞘炎」ですね。どれも、なんともない時はなんともないので、つい痛みを忘れて不用意な動きをしてしまうのです。そしてその次の瞬間に襲いかかるあの痛み。30年近くたってもあの時の痛みは忘れられないので、手首の痛みには慎重な私なのです。「これはヤバいかも」そう思ったときには無理をせず、休めるようにしています。少しは成長したということでしょうか。

 話は変わりますが、「ものの名前」と書いていて思い浮かんだのですが、津軽弁には痛みを表す言葉に「痛い」と「やむ」(標準語の病むとは違うのです)という二種類があるのです。つい先日友人と、たまたま話題にあがったばかりなのです。

 その友人の解説によりますと、「痛む」は他から加えられる痛みで、「やむ」は自発的な痛みということのようなのです。でも、「頭痛くて」とも言うし「頭やんで」とも言うし、私には違いはよく分からないのです。ただ、根っからの津軽人のお年寄りは、「痛むとやむは違う!」とキッパリとおっしゃるのです・・・。

 そうそう、痛みの表現として津軽弁で忘れてはならないのが、腹痛を表す「にやにやする」という言い方です。「お腹がにやにやする」というように使います。そう言われても、津軽人以外には「はあ?」ですよね。私もよく分からないので、そう言われたときは、にやにやと曖昧な表情でいるしか無いのです。方言って、結構頭の痛い問題であったりもしますね。

 

 今日はスズランテープの巻き方から始まって、なんだかとりとめの無いことを書いてしまいましたが、こういうのを「くだを巻く」というのでしょうか。お許しを。では。

スズランテープ①

 高校生の頃、体育祭なんかで、応援の「ポンポン」をクラスのみんなで作りませんでしたか?荷造り用の紐をぐるぐる巻いて束にして、それを細く細く裂いて・・・。あの紐が「スズランテープ」です。

 「スズランテープ」とは本当は製造元の商標なのですが、「セロテープ」や「ホッチキス」などと同じく、一般名として結構浸透しています。現在では紙の紐が環境のために使われていますが、昔は古新聞を束ねるために一家に一巻き、必ずあった商品ではないでしょうか。今は新聞をとっている家さえ少なくなり、スズランテープの出番もめっきり少なくなっているかと思われます。

 ところが、意外や意外、思わぬところで、「今、スズランテープが熱い!」という状況のようなのです。いえ、もしかしたら私が知ったのがつい最近というだけで、ずっと前から流行っていたのかも知れません。

 私はYoutubeで知ったのですが、スズランテープを初めとした類似の商品(PPテープなど)が手芸用(主に編み物用)の材料として人気なのでした。私も早速一つ作ってみました。水に強いというPP(ポリプロピレン)の特徴をいかし、温泉バッグにしようと思います。

 

f:id:takakotakakosun:20210608163146j:plain
f:id:takakotakakosun:20210608163225j:plain

 

 手芸用として人気のためか、製造元でも何色もの色を展開しているようです。私のは良くあるブルーで編んだのでいかにもPPテープですが、黒や茶で編むと凄くシックな作品に出来上がるようです。

 ただ、スズランテープやPPテープの欠点としては、固くてすべりが悪く、手が非常に疲れるので、長い時間は編み続けられないという事があります。小さいバッグですが休み休み、何日かかけて完成させました。この事は皆さん共通のお悩みのようで、類似品の中で、比較的柔らかい物や扱い易い物が紹介されていたりします。そういう所もYoutubeの便利で凄い所ですね。

 中でも、農業資材の会社で作っているらしい「農家のひも」という商品シリーズの、「誘因ひも」がとても編みやすいという動画が、私の目を強く惹きました。編んでみたいと思いました。でも、ネット通販では送料がかかるので、市内で売っている店舗がないか、ウロウロ探しているところです。

 それにしても、「農家のひも」って、何だか「仕事しない旦那」みたいな連想が浮かんでしまうのですが、私だけではないでしょう?

 しかもその中に「誘因ひも」っていうのがあるなんて・・・。一体何を引き起こす「ひも」なのでしょうか。私の想像は「スズランテープポンポン」のようにフワフワと、そして悪趣味に膨らむのでした。そう言えば、スズランって可憐な姿に似合わぬ、強い毒のある植物でしたね。続く。