おばあさん見習いの日々(ダジャレ付き)

1961年生まれ。丑年。口癖は「もう!」

芸能・スポーツ・テレビ・ゴシップ

お盆とタバコ

しばらく前の拙ブログで『刑事コロンボ』をみていることを書きました。そして、ドラマの登場人物達がいつでもどこでもタバコ(葉巻)をすっていて、昭和まではタバコが完全に市民権を得ていた、そのことに改めて驚いたと書きました。 ちょっと前テレビで、映…

小鳥の卵を巡って 後編

カッコウなどの行う「托卵」は有名ですね。自分の卵を他の鳥の巣に産み落とし、雛が巣立つまでしっかり面倒をみて貰うというチャッカリした生き方です。 例えばカッコウの場合、チャッカリしているのはその雛も同様で、巣の持ち主の卵より早く孵化し、他の卵…

棟方志功は「わだば・・」と言ってないから

まず、津軽弁の「だば」について説明したい。 肯定文中の「だば」を標準語に訳すなら、「なら」ということになると思う。 例1 リンゴ だば く (リンゴ なら 食べる) 例2 おめ だば やれる (お前 なら やれる) 例1は、いくつかの等価の選択肢の中からリン…

「ひも」の語源から

昨日の拙ブログでは正しい紐の結び方・ほどき方について書きました。 ひも、と言いましてもいろいろなものがありまして、中には女性は結ばない方がいい「ひも」もありますね。自分は働かずに女性に貢がせる男性、あの「ひも」の事です。 こちらの「ひも」の…

『刑事コロンボ』を視ています

毎週水曜日の夜9時から、NHKBS3で放送されている『刑事コロンボ』シリーズ。勿論、再放送です。調べましたら、制作は1972年でした。 懐かしさと面白かったなあという記憶から、楽しみにして第一回放送を視た時はちょっとスローテンポ過ぎて、「あ…

今日のきになる事、二つ

日々、きになる事ってあるものです。が、今日は特にきになった事が有りました。 こちらは今朝の東奥日報朝刊に掲載された『女性セブン』の広告です。何が気になったのか、私の意識の流れ順で説明したいと思います。 ① へ~、綾瀬はるか、結婚するの~? ② 大…

「山登り」の途中ですが、横道へ

昨日から「白岩森林公園」に登った事を書き始め、今日はその続きの予定だったのですが、NHKの朝ドラ『エール』があんまり楽しくて、書かずにはいられません。 朝ドラ『エール』はとにかく物語が明るくて、登場人物もハッピーな面々。何かと暗い話題が多い…

「僕はクロコ」っていうCM、分かります?

日本ガイシ株式会社のテレビCMの、「僕はクロコ」のクロコくん、分かります? あるいは、2019年に同社が創立百周年を記念して一年間展開した、『ポケモン』とのコラボCMはご記憶にありますか? 日本ガイシ株式会社はガイシの世界シェアナンバーワンは勿…

松坂桃李さんって、本名なんですって

昨日の記事で検事とマスコミの癒着を憂いたのですが、そこから思いついたことをつらつら書きたいと思います。 俳優・モデルの松坂桃李さんって、イケメンですよね。お名前も本名だと言うことですが、まるで芸名のような美しいお名前です。 「桃李」というお…

布巾を刺しながら、黒川検事長の事件を思う

5月13日の拙ブログにて「花布巾」を作ります、出来たら紹介します、と書きました。 大昔に買ったキットも見つかり無事完成しましたが、私の勘違いで、こういうものは「花布巾」ではなく、「刺し子の布巾」と言うらしいです。こちらです。ご覧下さい。 そ…

車検とタンポポとコメンテーターと

車検でした。私の車は走行距離はそこそこなのですが、年数はかなり乗っています。なので、車検は相当かかるだろうなとは思っていたのですが、思っていた以上でした。 私は車に関しては興味が薄く、走ればいいやという感覚なので知識も無く、また、夫もその方…

ややレア体験から思う、「岡村発言」

はてなブログの今週のお題は「激レア体験」でしたが、「激」と言うほどではないのですが、昨日、なかなかレアな体験をしたので書きたいと思います。 お店で会計をしましたら、1,903円でした。お財布には小銭が沢山入っていましたので、「ちょうど有ります」…

NHK朝ドラ『エール』、明るくていいな

四月スタートの朝ドラ、どうしよっかな~。 そう思いつつなんとなく視たり視なかったりしているうちに、子役の可愛らしさにつられて、視る習慣がつきました。 子役キャラの中では、「大将」の凜々しさ、境遇の厳しさに、涙を誘われました。どうにか浮かび上…

政府からのマスク、楽しみです

政府から1住所につき2枚のマスクが郵送で届くことに。いろいろな意見があるようですが、私は二つの理由で楽しみに待っています。 理由その1 布製の洗えるマスクは自作しているので、「入手出来ず困っている」わけではありません。自分ではネットで見つけた型…

家の~外では~、坊やが遊び~♪

昨日と今日、私のブログのタイトルにピンと来た方は50歳以上でしょうね。昭和49年の大ヒット曲、小坂明子さんの『あなた』の歌詞の一節から拝借しました。 一昨日、車を運転しながらラジオを聞いておりましたら、『あなた』が流れてきました。私は歌はあ…

今日もまた一つ、賢くなってしまった

何気なくつけたテレビで、世界遺産であるフランスの『ミディ運河』について知りました。そして、「運河」そのものについて、そうだったのか~!!!と、!を3個つけても付け足りないくらいの新知識を得たのです。 「運河」って水平なんですって。知ってまし…

替え歌も好きです

今日の記事はただの覚え書きとも言うべき、何の中身も無い記事です。(いつもじゃん!って、誰か突っ込み入れました?) 昨日、「荒井注」という懐かしい名前を書いていて、思い出した有名な替え歌があるのです。しかも、それが引き金となって、次々と思い出…

映画『キャッツ』を観て思う、猫のフォルムの可愛さについて

あまり評判の芳しくない、映画版『キャッツ』を観てきました。 ところで、皆さんは映画に何を期待しますか?あるいは、映画ならではの面白さとは何だとお考えでしょうか。 映画は総合芸術だという説をよく聞きます。様々なジャンルの芸術、文学・演劇・音楽…

爪と根性

昨日のブログで「肉体労働で爪が割れる」というような事を書いているとき、思い出したテレビドラマがあります。 『あかんたれ』という志垣太郎主演のドラマ、ご記憶にありますでしょうか。本放送は1976年からですが、私が観たのは平成6年の再放送のものです…

雁の風呂と小鳥のりんご

車の中でラジオを聞いていたら、青森県外ヶ浜町の伝説として、「雁風呂」(がんぶろ)の話題が。懐かしいなあ。 www.youtube.com このCMが放送された当時、私は中学生だったわけですが、子供心にしみじみとした情趣を感じた名作だったなあ、という記憶があり…

映画『ジュリエッタ』が、妙に頭を離れない

去る9月28日(土)、NPO法人harappa主催の映画の催しがありました。場所は弘前市のデパート『中三』8F。映画は三本上映されたのですが、私は所用のため、10:30からの上映作品である『ジュリエッタ』だけ、観に行きました。 『ジュリエッタ』は監督・脚…

『なつぞら』、終わりましたね・・・

何回か拙ブログで取り上げた、NHKの朝の連続テレビ小説『なつぞら』、今日が最終回でした。 せっかく最後まで見続けた朝ドラ、やっぱり感想を書きたいと思います。テーマは、「可哀想な登場人物、ベストスリー」です。 第3位 柴田家の長女・夕見子(ゆみ…

最終週の「なつぞら」、なんだかなあ

今朝のNHK連続テレビ小説『なつぞら』、やっぱり『ざつぞら』でしたね。時代考証が全然なされていなくて、一体いつの時代のお話なんだ、と思うことがしばしばあるドラマなのは分かってはいますが、それでもあんまり雑だと、やっぱりがっかりします。 ドラ…

『ライオンキング』、新旧見比べた

息子達が小さかった頃、ディズニーのビデオには大変お世話になりました。中でも、『ピノキオ』と『ライオンキング』は繰り返し見たものです。息子達だけでみることもあれば、私や夫も一緒にみて、息子達が歌ったり笑ったりする姿を眺めて私達も笑ったもので…

『なつぞら』について書かずにはいられない

私は受けを狙って失言をしがちなので、しゃべる前に思いつきが妥当かどうか、良く考えるようにしたいと7月23日の記事に書き、8月14日にそれを実行したのである。 14日はこちらではお盆なので、お寺さんがお経をあげに来て下さった。住職さんの息子さ…

Charも大変だね

昨日のブログで「お灸」のことを書きました。書いている途中で、魯迅の『阿Q正伝』が脳裏に浮かび、お灸と阿Qでダジャレが出来ないかちょっと考えたのですが、無理そうだと思い諦めました。 魯迅がらみでもう一つ思い出したのが、「故郷」という作品です。…

オカメハチモク

「オカメハチモク」とは、漢字で書きますと「傍目八目」。八目とは囲碁のことで、自分で打っているときよりも、他人の対局の方がよく手が見えるという意味です。転じて、本人よりも回りの方が物事がよく見えるという意味で使われたりします。昔はね。最近は…

なつ、恐ろしい子・・・

「なつ」とは、NHKの朝ドラ『なつぞら』で、広瀬すずちゃん演じるヒロインの名前です。 このなつの、「人たらし」っぷりが凄いんですよ。岡田将生君演じる「お兄ちゃん」の「女たらし」っぷりもなかなかで、きっとこの兄妹は、生まれつき人を惹きつける、…

ぬるいぞ!『なつぞら』

下の記事にも書きましたように、私は朝ドラは、突っ込みどころを探すという、いわば姑根性で楽しむことに致しました。そう割り切ってしまえば、多少気に入らないところがあったり、はて?と首を傾げざるを得ないような場面も、まあ我慢できます。 chokoreito…

「NHKスペシャル 人体Ⅱ」を二回視た

5日に放送された『NHKスペシャル人体Ⅱ 遺伝子(1)』を録画していたんですが、昨日視まして、良く理解できなかったので、今日もう一度視ました。 二回も視たということでお分かり頂けると思うのですが、とても興味深い内容でした。真剣に視ました。途中…