おばあさん見習いの日々(ダジャレ付き)

1961年生まれ。丑年。口癖は「もう!」

芸能・スポーツ・テレビ・ゴシップ

映画『ジュリエッタ』が、妙に頭を離れない

去る9月28日(土)、NPO法人harappa主催の映画の催しがありました。場所は弘前市のデパート『中三』8F。映画は三本上映されたのですが、私は所用のため、10:30からの上映作品である『ジュリエッタ』だけ、観に行きました。 『ジュリエッタ』は監督・脚…

『なつぞら』、終わりましたね・・・

何回か拙ブログで取り上げた、NHKの朝の連続テレビ小説『なつぞら』、今日が最終回でした。 せっかく最後まで見続けた朝ドラ、やっぱり感想を書きたいと思います。テーマは、「可哀想な登場人物、ベストスリー」です。 第3位 柴田家の長女・夕見子(ゆみ…

最終週の「なつぞら」、なんだかなあ

今朝のNHK連続テレビ小説『なつぞら』、やっぱり『ざつぞら』でしたね。時代考証が全然なされていなくて、一体いつの時代のお話なんだ、と思うことがしばしばあるドラマなのは分かってはいますが、それでもあんまり雑だと、やっぱりがっかりします。 ドラ…

『ライオンキング』、新旧見比べた

息子達が小さかった頃、ディズニーのビデオには大変お世話になりました。中でも、『ピノキオ』と『ライオンキング』は繰り返し見たものです。息子達だけでみることもあれば、私や夫も一緒にみて、息子達が歌ったり笑ったりする姿を眺めて私達も笑ったもので…

『なつぞら』について書かずにはいられない

私は受けを狙って失言をしがちなので、しゃべる前に思いつきが妥当かどうか、良く考えるようにしたいと7月23日の記事に書き、8月14日にそれを実行したのである。 14日はこちらではお盆なので、お寺さんがお経をあげに来て下さった。住職さんの息子さ…

Charも大変だね

昨日のブログで「お灸」のことを書きました。書いている途中で、魯迅の『阿Q正伝』が脳裏に浮かび、お灸と阿Qでダジャレが出来ないかちょっと考えたのですが、無理そうだと思い諦めました。 魯迅がらみでもう一つ思い出したのが、「故郷」という作品です。…

オカメハチモク

「オカメハチモク」とは、漢字で書きますと「傍目八目」。八目とは囲碁のことで、自分で打っているときよりも、他人の対局の方がよく手が見えるという意味です。転じて、本人よりも回りの方が物事がよく見えるという意味で使われたりします。昔はね。最近は…

なつ、恐ろしい子・・・

「なつ」とは、NHKの朝ドラ『なつぞら』で、広瀬すずちゃん演じるヒロインの名前です。 このなつの、「人たらし」っぷりが凄いんですよ。岡田将生君演じる「お兄ちゃん」の「女たらし」っぷりもなかなかで、きっとこの兄妹は、生まれつき人を惹きつける、…

ぬるいぞ!『なつぞら』

下の記事にも書きましたように、私は朝ドラは、突っ込みどころを探すという、いわば姑根性で楽しむことに致しました。そう割り切ってしまえば、多少気に入らないところがあったり、はて?と首を傾げざるを得ないような場面も、まあ我慢できます。 chokoreito…

「NHKスペシャル 人体Ⅱ」を二回視た

5日に放送された『NHKスペシャル人体Ⅱ 遺伝子(1)』を録画していたんですが、昨日視まして、良く理解できなかったので、今日もう一度視ました。 二回も視たということでお分かり頂けると思うのですが、とても興味深い内容でした。真剣に視ました。途中…

『なつぞら』の登場人物はいい人ばかり

NHKの朝の連続テレビ小説『なつぞら』を視ているんですけど、登場人物がこれでもかと言わんばかりにいい人ばかりで、驚いています。 今はそれがホームドラマの主流なんですかね?昔は必ず「敵役」という憎まれ役が登場して、お茶の間の皆さんの怒りや憎し…

木嶋佳苗死刑囚の獄中結婚に寄せる「声とほお!」

木嶋佳苗死刑囚が週刊新潮のデスクと獄中結婚したのだそうです。果たして恋愛の果てなのか、「仕事」のためなのか、新郎の心理を巡って、ネット上には様々な憶測が飛び交っているようです。 そんな中、新潮社出版部の中瀬ゆかり部長がテレビ番組(5時に夢中…

ちょっと、振り向いて、みただ~けの・・・SANYO

今週のお題「平成を振り返る」 今更ですが、Netflixで、大人気ドラマ「シャーロック」を視ています。「シャーロック」は、コナン・ドイルの原作を下敷きに、イギリス・BBCが制作。今をときめく、ベネディクト・カンバーバッチが主演のテレビドラマです。…

ノートルダム・ド・パリからの『あしたのジョー』

全世界に衝撃のニュースとして伝わった、ノートルダム・ド・パリの火災。残念です。 ノートルダム・ド・パリとは、パリのノートルダムという意味です。(ノートルダムとは私たちの貴婦人、つまり聖母マリアのことです) なぜ、わざわざ「ド・パリ」をつける…

『なつぞら』ちょっと辛くなってきました

4月から、朝ご飯はNHKの朝ドラをみながら食べることにして、月曜日から土曜日まで欠かさず見てきました。が、だんだん見るのが辛くなってきました。 NHKの朝ドラをみるのは、考えてみれば40年ぶり。というよりも、テレビドラマ自体あまり見ないので…

プレバトスペシャル・フルポン村上氏優勝!

去る4日に放送された、「プレバト!春の俳句タイトル戦”2019春光戦”」にて、フルーツポンチ・村上氏の俳句が1位に輝きました。 サイフォンに潰れる炎花の雨 フルーツポンチ 村上健志 凄いな~、東大王の鈴木光ちゃんもコメントしてましたが、炎がサイ…

気になる!松嶋菜々子のバッテンオンブ

先週一週間、新しく始まったNHKの朝の連続テレビ小説『なつぞら』を見ましたよ。終戦直後のお話で、私たちの親世代の昭和感が満載ですね。 母親役の松嶋菜々子さんが、子どもをおんぶしているシーンが度々あるのですが、私のやり方とは違っていて、気にな…

『なつぞら』みています

3月で仕事を辞めまして、その際一つ決めていたのは、朝ご飯はNHKの朝ドラを視ながら食べようということでした。 理由は二つです。 一つは、規則正しい生活を心がけたいと思い、朝ご飯の時間を固定するためです。 二つ目は、ノスタルジーですね。 子ども…

「youは何しに日本へ?」「ワタシ、日本語、少しです」

Netflix(ネットフリックス)で、「ル・ポールのドラァグ・レース」という番組を視ています。 chokoreitodaisuki.hatenablog.com この番組に出場するドラァグ・クイーン(女装した男性)達の自信に満ちあふれた発言が凄いの。 「私は完璧よ。悪いけど他の人…

「純」と「真」 1

今日のタイトルはなんだかNHKの朝ドラみたいですが、最近、Eテレの番組で、この二つの字の使い方で面白いと思うものがあったので、2回に分けてご紹介したいと思います。今日は「純」の巻です。 スイッチインタビューという番組で、糸井重里氏が芦田愛菜…

黒柳徹子さんの無邪気さ

『徹子の部屋』は44年間も続いている! 44年と言えば、オギャーと生まれた赤子に、早ければ孫が出来ているほどの年月ですよ。凄いことです。 なんて、思い入れたっぷりのように書いていますが、実はほとんど視ていないんです。その44年間、私の平日の昼は、…

お化け番組「徹子の部屋」

「ドラァグ・クイーン」っていう言葉はご存知ですか? 私がNetflixを視聴していることは以前にも書きましたが、最近は『ル・ポールのドラァグ・レース』という番組に、はまっています。 その番組に登場するドラァグ・クイーンとは、派手な化粧とドレスで着飾…

NHKBSの番組表は、意図的?

昨夜の7時、8時台のNHKBSの番組の対比があまりに凄まじくて、書きたいことは全然まとまらないのですが、とりあえず、どんな番組だったかだけ、書いておくことにします。 BSプレミアムでは、『イギリス 白馬の王子様に会いたい!』 世襲貴族およそ8…

ミラクル!ジェーン=フォンダ

chokoreitodaisuki.hatenablog.com こちらに書いた通り、今年になってNetflixの視聴を始めました。Netflixのオリジナル・ドラマ、『グレイス&フランキー』が面白くて、毎日楽しみに視ています。 主演女優は、懐かしの、ジェーン=フォンダ。 彼女の役は、4…

「こんまり」こと、近藤麻理恵さんの凄さ

昨日の記事は、パソコンで「すぱーく・じょい」と打って変換すると、「スパーク・女医」って出るんです、というところまで書きました。 「スパーク・女医」って、私のイメージとしては、マスコミなんかで持て囃されている、売れっ子の女医さんって感じで、元…

近藤麻理恵、スパーク中!

早いもので新年を迎えてから3週間が過ぎ、今年も残すところ、340日余りとなりました。 私が今年になって新しく始めたことに、Netflix(ネットフリックス)の視聴があります。インターネットの動画配信サービスですが、映画やアメリカのテレビドラマはも…

ちょっと待ってよ、三浦瑠麗さん!

headlines.yahoo.co.jp 「ワイドナショー」というTV番組で、NGT48山口真帆の暴行事件をとりあげ、その中で松本人志氏が、HKT48の指原莉乃氏を、 「そこはお得意の体を使って何かするとか・・・」とちゃかし、指原氏に 「何言ってるんですか?ヤ…

今更ですが、2016年話題沸騰、「石田三成CM」

お正月で帰省してきた息子その2から教えてもらいました。当時は大いに話題になったCMらしいのですが、全く知りませんでした。不覚! 私同様ご存じなかった方は、とにかくご覧ください。 【第一弾】 www.youtube.com 【第二弾】 www.youtube.com そしてこ…

「老害」の意味を正しく使って欲しい

広辞苑によりますと 老害・・・硬直した考え方の高齢者が指導的立場を占め、組織の活力が失われること 最近、はてなブログ等でも、「老害にはなりたくない」とか「あえて老害と呼ばれたい」とか、「老害」という言葉をよく目にします。気になるのは、単なる…

”あの人”のこと

20年も前の、夫の友人夫妻との会話です。そのお二人はまだ新婚と言ってもいいぐらいの御夫婦で、県外に暮らしておられました。多分、旦那様の実家で過ごされる、初めてのお正月だったかと思います。 奥さん 「私が台所に入ろうとしたら、ちょうどお義母さ…