おばあさん見習いの日々(ダジャレ付き)

1961年生まれ。丑年。口癖は「もう!」

阿武隈急行で呼ばれた

 先日福島市を訪れた際、故あって「阿武隈急行線(通称・あぶきゅう)」に乗りました。窓の外を流れる景色をぼーっと眺めていたら、

 「次は、たかこ~」というアナウンスで、危なく

 「は~い」と返事するところでした。名前がtakakoなうえに、亡き母に「名前を呼ばれたら返事!」と厳しく叩き込まれているものですから。

 たかこ駅は漢字では「高子駅」と書き、私の字とは異なるのですが、自分の名前と同名の駅があるとは、ビックリです。

 昔、歌人俵万智氏の本で、「引っ越した町の最寄り駅が田原町で、私は学校で一躍有名人になった」というような一文を読んだことがあります。もしも私がこのあたりに住んだなら、格好のネタになっただろうなと想像しました。

 家に帰り、なんとなく「高子駅」が気になったので、Wikipediaで調べて見ました。なんでも、高子地区には高子沼という沼があり、そのあたりは昔金山だったという言い伝えがあるのだそうです。

chokoreitodaisuki.hatenablog.com

 上の記事にも書きましたが、私は「金」(きんと読んで下さい)が大好き。ひょっとしたら、「たかこ」という名前は「金」にご縁があるのかも。期待したいと思います。

 ただし、「沼」ときて「金」とくれば、連想するのはコレですね。

 ↓ 「あなたの斧はどっち?」

f:id:takakotakakosun:20191123192030p:plain

 欲に駆られて全てが水泡、つまり「あぶきゅ」に帰す、なんてことがないよう、気を付けたいと思います。「あぶきゅう」だけに。

 その第三セクター阿武隈急行」ですが、沿線の全ての駅にキャッチフレーズをつけていました。「ももの里」とか、「いちごとくだものの里」とか。

 ちなみに、「高子駅」のキャッチフレーズは、「伊達氏発祥の地」だって。では。