おばあさん見習いの日々(ダジャレ付き)

1961年生まれ。丑年。口癖は「もう!」

リ・ソルジュ夫人からのマクロン大統領

李雪主(リ・ソルジュ)夫人金正恩夫人ですね。

日本語で読みますと、リセッシュ夫人!

なんとも清潔そうなお名前じゃないですか。

 

そこで連想したのが、フランス大統領のマクロンですよ。

彼が大統領選に出たとき、ネットで

「めっちゃ、”毛糸洗いに自信が持て”そうなヤツ出てきた」という書き込みを見まして。

すぐに分かったワケです。皆さんも、でしょ?

そう、洗剤の「アクロン」のCMにかけてる。

 

リセッシュもアクロンも商品名。

一般名詞ではなく、決してメジャーな商品でもないと思うんです。

でも、私達の非常に多くが、それらの記憶をテレビを通じて共有している。

 

日本人は「似たり寄ったり」「皆と同じが好き」といわれます。

デメリットはよく取り沙汰されますが、

デメリットがあればメリットもあるのが世の常。

あまり親しくない間柄でも、好きなテレビ番組やCMの話題で盛り上がったり、

昔流行ったジョークを懐かしんだり。

そして、私が言わずにはいられない「ダジャレ」がすぐ通じたり。

「多様ではない」メリットも結構ありますね。

 

テレビ離れ」が言われる昨今、

素晴らしいダジャレを言っても、「何ソレ」と言われることが多くなるかもと思うと、頭を掻きむしりたくなります。

そんなときには、シャンプーするのがいいかも、そう、メリットで。

f:id:takakotakakosun:20180604000542j:plain

 頭を洗う(?)ミラノの鳩